« 序にかえて | トップページ | DNP CENTURIA 200 »

2007年6月 9日 (土)

鉄道を撮るのが好きです

鉄道が好きになったのは、
まだ物心がついてない頃からだと思う。
生まれ育った家の2階のベランダからは、
国鉄(当時)の牟岐線を見ることができた。

当時は、まだキハ55や、オハ35、DE10、貨物列車、荷物列車など、
いろんな汽車が走っていた。
それを、飽きもせずにずっとみていた。
「あ、今度はレッドトレインだ!新車だ!」
などと思いながら興奮していた事を覚えている。
もう25年近く前の話し。

そんな、昔を思い出すような写真も、
このブログで紹介していければ、と思っている。
921112_01
Canon EOS630QD
EF70-210mm F4.5-5.6USM
1/350秒 F4.5
Konica Impresa50
JR牟岐線 地蔵橋-中田間
1992年11月12日
※デュープ機材
Nikon D7000
Canon New FD50mm F3.5 Macro

今年の正月に、透過原稿スキャン付きの複合プリンタを買って以来、
古い写真を掘り起こしてみるのが楽しくなった。
これは、まだ発売されたばかりのコニカのネガフィルム「Impressa」
を試してみた時の1枚。
当時はまだ中学3年で、カメラを手にしてからまだ3年。
この素晴らしいフィルムの真価を知る事もなく、
ただ適当に撮っていた記憶があるが、
オレンジベースに残されていた画像をスキャンしてCRTの画面で見た時には
ハッと息を呑んだ。なんと柔らかく、なめらかな画なんだろう。
そしてまた、このフィルムを二度と使う事ができない、
という現実もある。悲しい事であるが、一市民ではどうもできない事でもある。
もっと早く、このフィルムの良さに気づいておくべきだった、と後悔する写真である。

*追記(13/02/06):写真を差し替えました。

|

« 序にかえて | トップページ | DNP CENTURIA 200 »

カメラ」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

鉄道(徳島)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 序にかえて | トップページ | DNP CENTURIA 200 »