« ブログ1ヶ月(とちょっと) | トップページ | サンニッパ!!! »

2007年7月12日 (木)

懐かしの20系「ホリデーパル」の急行「玄界」

19910503_07
Canon EOS630QD
EF70-210mm F4
Kodachrome 64 PRO
JR東海道本線 保土ヶ谷-東戸塚間…だったかな?(汗
1991年5月3日

以前、D51 498の写真を掲載しましたが、
その2日前に、東海道本線で撮った写真です。
確か、これが目的で写しに行った記憶が。

「走るホテル」と称され、「ブルトレブーム」の先駆となったのが、
今は亡き「20系」です。
個人的には、14系や24系よりも好きでした。
なんというか、雰囲気がありますよね(いい加減な説明…)

なぜか、20系の時代の「軽量客車」が好きなんですよ。
10系も、もちろん好きです。
なんででしょう、昨今の、同じようなコンセプトの
209系やE231は好きになれないというのに…。
鋼製だから?そういう問題なのかなぁ…

結局、20系には一度も乗る事がありませんでした。
でも、ひょっとすると、乗らなくて良かったかもしれません。
後に、大阪→新潟の急行「きたぐに」の583系に乗り、
3段B寝台の「最上段」に寝て、もう勘弁してくれ、
という経験をしましたので(笑)
A寝台ならアリでしたでしょうが、って、
「A寝台」「B寝台」って言葉、久しぶりに使ったなぁ…。
「L特急」とか、今でも生きてる言葉のはずなんですけどね、
幼少の頃は、鉄道を語るのに欠かせない単語だったはずなのに。
おっと、話しが脱線しています。

この、なんとも派手な20系は、広島鉄道管理局(国鉄当時)が改良した、
「ホリデーパル」というネーミングの20系です。
もともと、季節臨だった「あさかぜ81・82号」が20系で、
「特急と言うには車両が古くてサービスが劣るから」と、
急行に格下げされたのが「玄海」でした。
後に、四国行きの寝台特急「瀬戸」と共通運用の24系25型で運行される
「あさかぜ3・2号」に再格上げされて消滅した…、だったかな?
それとは違う話しだったかしら。
ちなみに、カヤを連結していない「瀬戸」(パンタのついた普通車を連結)
には、1度だけ乗りました。今となっては懐かしい思い出です。
でも、「サンライズ瀬戸」も、一度は乗りたいんだけどなぁ。

フィルムは、間もなく現像サービスが終了する「コダクローム」です。
実は、台所の冷蔵庫の中に、3本入ってまして、
「撮り収め」をしなければ、と思っています
(そんなフィルムが、冷蔵庫の中にいろいろと…)

当時は、まだこのフィルムの真価も分からず、
いろいろ撮ってた中の1枚、という事ですが、
「玄海」をこれで撮ってたって事は、
特別な撮影にこそ使おう、という意欲はあったのでしょう。
中学2年生の坊主にしては、上々だと思います(我ながら)

今コダクローム使ったら、どんな写真が撮れるかな…?

|

« ブログ1ヶ月(とちょっと) | トップページ | サンニッパ!!! »

カメラ」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

鉄道(関東圏)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ブログ1ヶ月(とちょっと) | トップページ | サンニッパ!!! »