« MZ-3修理完了&「PARADE」 | トップページ | 旧徳島駅、18年前 »

2007年7月 9日 (月)

AGFA復活!&今更110かよ

会社帰り、小田急に乗りながら
「ヴィレッジヴァンガード寄ろうかなぁ」と思い立ち、
世田谷代田で途中下車してわざわざ下北に舞い戻りました。

で、必ずレジ近辺にあるトイカメラコーナーを見ながら、
ふと足下を見てみると…

アグファゲバルト!!!

※現在の社名は「AGFA PHOTO」です。念のため。

うお~、まだあったのかよ~、これを逃すと二度と買えぬ!、
と思い、かなり高かったですが100と400のネガ、そして100のポジを買い、
このブログを書く前にネットで調べてみると、

…再生産&再輸入が始まっておりました!
(衝動買いの理由は無くなった…orz)

PowerShovelさん(輸入代理店)

ヴィヴィッドカラーの元祖?と言われるAGFAが使えるようになるというのは、
ファンにはたまらない事でしょう!僕にはあわない気もしますが(汗)、
用途に応じて使い分けられる、というのは嬉しいものです。

で、早速記念撮影。

Agfa

…上に乗ってる「コバンザメ」は後で説明するとして^^

左から、ネガの400、100、そして右がポジの100です。

いずれも、Kodakの現像液(ネガはC-41、ポジはE-6)で処理できるので、
大概のラボでは現像OKです(知らない所では断ってきそうですが、
富士やKodakと同じ、と説明すればやってくれるでしょう。)

実は、写真撮り始めて20年近くになるというのに、
AGFAのフィルムはまだ未経験です(田舎には売ってなかった…)
どんな「目の覚める」ような写り(想像)になるのか、とても楽しみです!

なお、上記サイトによると、今夏には110サイズも発売されるとの事!

…という話しから、さっきの写真の「コバンザメ」に話しが移ります。

これこそ、ヴィレッジヴァンガードではお馴染みの「トイカメラ専用」フィルム
(少なくとも、日本ではそういう地位を与えられている気がする)。
イタリアのferrania(フェラニア)社製フィルム「Solaris」の110です。

AGFAを手にして興奮し、意味もなくつられて買ってしまった…、
という事なのですが、でも、ただの飾りで買ったのではありません(言い訳)

一応、これで撮れる「機材」を持っています。

これです。

Solaris110

よく持ってんな、こんなの。

そうなんです、これ、恐らく「初代」の「レンズ付きフィルム」。
まだ「写ルンです」という名前もありません。

そもそも、なぜ富士フイルムは「レンズ付きフィルム」を発売するに至ったか?
これはうろ覚えなので、事実と異なるかもしれませんので、
そのつもりで読んでいただきたいのですが。

1970年代末、「110フィルムブーム」がありました。
PENTAXが一眼レフ式の「AUTO110」を発売するなど、
とても盛り上がっていたようなのですが、
画質に難もあり、ブームは終息に向かいます。

困りました。富士フイルムの倉庫には、110フィルムの在庫が山のように。
「どうにかして処分しないと…」と思い、苦肉の策で思いついたのが、
簡易式のカメラとレンズを取り付け、「お手軽なレンズ付きフィルム」
にして売ってしまおう、というもの。

これが、とんでもなく大当たり。
「写ルンです」という名前を与えられ、フィルムも35mm判になり、
いつしかカメラを脅かす存在になりました。

という事です(ホントなのかな?書いてて自信が無くなってきた)

で、この110時代のレンズ付きフィルム、
なんと、フィルムの交換ができるんです!
これは、そもそもがカートリッジ式である110ならではの利点。
なので、今日買ってきたSolarisを、これにいれて写せる、という事です!

…というのは理論上の話し。20年も試してないので真偽不明(爆

でも折角の機会なので、今回こそは試してみます!

近頃、すっかりフィルム三昧なごっさんでした。
このまま、120や220の世界に足を踏み入れないようにしないと…@@@

|

« MZ-3修理完了&「PARADE」 | トップページ | 旧徳島駅、18年前 »

カメラ」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« MZ-3修理完了&「PARADE」 | トップページ | 旧徳島駅、18年前 »