« Tri-Xで百武彗星を撮っていた | トップページ | 久しぶりに「PEN F」を使った »

2007年7月20日 (金)

新しいVictorのムービーカメラに…?

※『AV watch』誌の記事より
ビクター、実売15万円の「ハイビジョンEverio」

※『ITmedia』誌の記事より
ビクター、ハイビジョン“Everio”に普及モデル「GZ-HD3」を追加

これらの記事を読んで、一番驚いた事。

レンズがコニカミノルタ製。

※正確には「コニカミノルタオプト」製。

え、ウソ、コニルタって、まだカメラレンズ作ってたの!?、というのが、
驚いた理由。てっきり、技術も工場も、全てSONYに移ったと思ってました。

と思って、いろいろ調べてみたのですが…、
間違いかもしれないんですが、
「コニカミノルタオプト株式会社」の関連会社に
コニカミノルタオプトプロダクト株式会社」というのがあり
(なんだか、よく違いが分からない、正直な話し…)、
そこは、旧コニカオプト(甲府コニカ、山梨コニカ)を継承している、という事。

もしかして、今回のレンズはロッコールじゃなくてヘキサノン…!?

だとすると、あの名レンズ「HEXANON」の復活という事で、
これは、俄然興味が湧いてきます!

ちなみに、同じくVictorのムービーカメラ「Everio」シリーズの、
前回発売されたモデルに搭載されているレンズは「Fujinon」です。

…まさか、同じシリーズに「富士」と「小西六」のレンズが並ぶとは(笑)

※ヘキサノンである、というのは仮定であり、後半は「妄想」です。
あしからずご了承ください。

|

« Tri-Xで百武彗星を撮っていた | トップページ | 久しぶりに「PEN F」を使った »

カメラ」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

@兄ぢゃ
やはり、我が家のカメラの系譜には、
「ジャスピンコニカ」こと、C35AFの存在が欠かせないわけで、
ヘキサノンは全ての原点、と言えるな。
やはり、小さい時から「ジャスピンとサクラ」で育っているから、
今もコニルタマンセーから脱却できないんだろうか。

なんせ、今日も、ビックカメラの在庫品の、
「半光沢」と「絹目」の、L判のインクジェット紙を買ってきてるし(汗

投稿: ごっさん | 2007年7月21日 (土) 00時49分

@あー
好きな人なら
「コニカ」=「コニ」カの「カ」メラの略だ、
ってのは分かるんだけどね。
「小西六」なんて言われても、なんだよそれ、
って思う方が普通かも。

投稿: ごっさん | 2007年7月21日 (土) 00時47分

仮定でもいい。妄想でもいい。
ヘキサノンの血統がこうして受け継がれているのだとすれば、こんな嬉しいことはない・・・

カムコーダを買うときはこいつを(まてや俺)

投稿: gochi-zoh | 2007年7月20日 (金) 05時33分

「小西六」と聞いて懐かしいなあとか思ってしゃしゃり出てきましたのことよ。
うちの母が就職するときに「三井物産と小西六商店どっちがいい」と学校の先生に聞かれ、「三井物産」と答えた経緯があります。
当時母は、「小西六商店なんて聞いたことのない個人商店を勧めるなんてヒドイ」とか思ったそうですが、先生があまりにも「小西六商店はいい会社だぞー」としつこく言ってたのでちょっと気になり、後で調べてみて「小西六商店=コニカ」ということを知り「騙された!」と思ったとかいう経緯を昔よく聞かされたものでした・・・。
もしかしたら、うちの母がコニカに勤めていたならば、ごっさんの好みのものがいろいろあって、プレゼントできたのかもしれないかもね。なーんて。
世の中なかなかそうは行かないもんなのかね??

投稿: あー | 2007年7月20日 (金) 01時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Tri-Xで百武彗星を撮っていた | トップページ | 久しぶりに「PEN F」を使った »