« 祝・関東でも「金ちゃんラーメン」!! | トップページ | 15年ぶりにNゲージを買う »

2007年10月28日 (日)

懐かしいゲームにはまる

「近頃の子供は、外で遊ばないでゲームばかり…」

なんてセリフは、僕が子供の頃から世間で語られていました。
ちなみに僕は30歳なので、20年前の話し。
当時は、まさ「ファミコン全盛期」。
僕も、一番やりこんだハードとなると、間違いなくファミコン、と答えます。

※その後、スーファミ、プレステ、メガドラ、PCエンジン、ゲームボーイなど、
いろいろやりましたけど、やっぱ、ファミコンがダントツかな、と。

それはそれは、いろんなゲームをやりました。
「スーマリ」「ドラクエ」はもちろん、「グラディウス」「ゼビウス」、
ディスクシステムの「ゼルダ」「村雨城」「スーマリ2」「悪魔城ドラキュラ」、
ベーシックにロボットに…、って、ほんといろいろやってんなぁ。
思い出しただけで、どんだけゲームっ子だったんだよ、
という気になってきます。

一応、学生時代末期までは、それなりにゲームやってましたが
(でも、大学に入ると、FF7と8くらいかな。
かな、と言いつつ、丸一日3週間、みたいに入れ込んでましたけど)、
部活が忙しくなってきた中学校以降は、
「家に帰るとまずゲーム」とまで極端ではありませんでした。

さて、先日のエントリーにも書いた通り、
カミサンが嫁入り道具?の一つとして、「任天堂DS」を持ち込みました。
これだけナウイ(死語)ゲーム機がうちに来るのは、プレステ以来です
(って事は、プレステ2より昔の話し。前世紀ですな)。

最初はあまり興味がなかったんですが、先のエントリーに書いた、
「コナミアーケードコレクション」をついフラっと買ってしまったがために、
懐かしいゲームへの郷愁が蘇ってきてしまいました。

で、それ以来、あちこちの中古ゲーム屋を足繁く通い、
わずか2,3週間あまりの間に、

・ファミコンミニ「スーパーマリオブラザーズ」(ゲームボーイアドバンス)
・ファミコンミニ「ゼルダの伝説」(同)
・メイドインワリオ(同) ※ミニゲームの中に、懐かしいゲームが入っている
・ゲームボーイギャラリー(ゲームボーイ)
・ゲームボーイギャラリー2(同)
・ゲームボーイカラー(本体)

と、次から次から、買うわ買うわ。
大昔、ファミコンのソフトを次々買っていた時以来です。
すなわち、20年ぶり。

で、今日は、前々から探していた、かなりレアなのを見つけたので購入。

「ゲーム&ウォッチコレクション」(DS)
Ca390173

これは、本来、任天堂のいろんな商品を買ってポイントを貯め、
一定に達したら、ポイントと交換でもらえる、という景品で、もちろん非売品。
これを入手するために、DSのソフトやら、Wiiの本体など、
買い漁ってやろうか、って思っていた矢先の事。
かなり運が良かったと言えます。

ちなみに、「ゲームボーイギャラリー」「同2」や「ワリオ」を含め、
懐かしい「ゲームウォッチ」の復刻ゲームを集めている理由は、
カミサンが大昔によくやって懐かしかったから、という事。
ゲームウォッチかぁ、なんて思いながら、実際これらのゲームをやってみると、
あ、これ、やったなぁ、昔、と思い出しました。
って事は、家にゲームウォッチがあったって事だよなぁ。
そうだったっけかね?@兄上。

ファミコンの懐かしい復刻版としては、後、これは買わないと、
と思っているのは「スーパーマリオブラザーズ2」です。
これは、ディスクシステムで遊んでいたんですが、
あまりに遊びすぎて、ディスクが壊れて遊べなくなった、
という苦い経験があります。なので、非常に「不完全燃焼」。
後のゲームは、大概飽きるまでやっているのですが、
スーマリ2に関しては、まだやりきってない、という思いがあるまま、
出来なくなってしまったので、心の奥底に「魚のとげ」のように、
気になるままに眠っていました。
その、眠れる「ゲーマー魂」が目覚めてしまいました。さぁ大変。

あとは、ファミコンミニシリーズの「アイスクライマー」「悪魔城ドラキュラ」
あたりも欲しいです。「メトロイド」も懐かしいんですが、
これは多分、ゲームボーイ版の中古がどこかできっと手に入るだろう、
と思います(僕自身は、ゲームボーイで遊んだ人なので)

こうして考えてみると、任天堂という会社の「底力」が理解できる気がします。
世間では、「SONY vs 任天堂」という図式があり、
どちらのゲーム機が売れているか、を論じる傾向にあります。
個人的には、それぞれ文化の違うゲームを売っているわけで、
単純に売れた台数で比較するのはナンセンスだと思うんですが、
そうは言っても、任天堂の「キャラセンス」や「定番シリーズ」にはかなわないな、
と、正直なところ、思います。
「マリオ」「ルイージ」「ピーチ姫」「ドンキーコング」「ファイアーエンブレム」「MOTHER」「ワリオ」
などなど、挙げ始めるときりがありません。

それはまた、ゲームウォッチやファミコンで少年時代を過ごした人たち、
すなわち今の30代から40代くらいの人がDSにはまる、という理由にも、
密接に関係しているように思います。
DSが爆発的ヒットをした背景には、
「脳トレ」系のゲームの台頭、タッチペンを使った直感的な操作性、
という理由を世間では指摘されますが、個人的には、
「マルチスクリーン」なゲームウォッチと同じ形をしたDSという筐体、
マリオやドンキーコングといった20年来の定番キャラの存在、
といった要因も忘れてはならないと考えています。

ところで、今年半ばまでは「新品も中古も入手不可に近い」
と言われたDSが、あちこちの中古ゲーム屋で「ゴロゴロと」並んでいます。
かなり需給バランスに変化が現れたようです。
ヨドバシでも、DSやWiiの在庫はあるけど、
新PSPは入手不可、の状態になるなど「逆転現象」が起こっています。
という状況にもかかわらず、新聞では、SONYの決算内容をみて
「任天堂の圧勝」の見出しを書き並べています。
恐らく、任天堂自身は、DSやWiiの人気がピークを過ぎた、
という事に気づいていると思うので、
これからどんな策を講じていくのか、関心を持って見守っていきたいと思います。
(てか、それはやはりドラクエIXなんでしょうかね???)

※Wiiでファミコンやスーファミ、メガドラなどのゲームをダウンロード販売する
「バーチャルコンソール」というサービスをやっていますが、
それを、「DSでゲームボーイのゲームを」でやるかも、という噂を聞きました。
それやってくれたら、僕は、家のルータを無線対応に買い換えてでも、
ガンガンやりまくる気がします。そこんとこよろしく、任天堂さん!

|

« 祝・関東でも「金ちゃんラーメン」!! | トップページ | 15年ぶりにNゲージを買う »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 祝・関東でも「金ちゃんラーメン」!! | トップページ | 15年ぶりにNゲージを買う »