« 上越・会津に行ってきました!その0 | トップページ | 私的ミシュラン論 »

2007年11月26日 (月)

上越・会津に行ってきました!その1「キハ52に出会いました篇」

本来なら、C57「ばんえつ物語号」から書き始めるべきところですが、
思いもよらなかった出会いがありましたので、まずはその事から。

24日(土)、新潟入りした我々夫婦は、
新潟名物?の「ソースかつ丼」に舌鼓を打った後でホテルにチェックイン。
大きい荷物を置いた後、白新線のE127系に乗り、新発田(しばた)へと向かいました。
奥さんが、古い建物なんかが好きなので、それを見学に行ったわけです。

※「清水園」という、江戸時代の屋敷の庭園です。
こういうところ。

Ca390278

しかし、新発田に着くやいなや、バケツをひっくり返したような土砂降りでビックリ!
日本海側は豪雪、と聞いてましたが、豪雨とは聞いてないぞ〜。

※そんな豪雨の中、こんな保存機関車を発見。
「D51 512」です。

Ca390268

と思いつつも、
庭園は雨のおかげで湿ってたので(上の写真のように)むしろいい雰囲気で、
すぐ隣にある「足軽長屋」(これがかなり貴重)もとても興味深く、
短い滞在時間でしたが、歴史探索を堪能いたしました。
(時間があったら新発田城へ行くつもりでしたが、タイムアウト…)

さて、ぼちぼち新潟市内へ戻りましょうか、と、新発田駅で白新線の115系に乗車。

あと3分くらいで発車かな、と思いながら車窓を眺める。

気動車が入線してくる。

国鉄一般色のキハ52。

なんですと〜!?

慌ててW53CAをカバンから出して猛ダッシュ!
間一髪で撮ったのがこの写真です。「キハ52 122」です。

Ca390286

Ca390287

※W53CAじゃなくて、*istDsを持って走るできだった、とちょっと後悔…

予想だに出来ない巡りあわせに、新潟初日早々から興奮しつつも、
市内に戻って晩飯を食べ、万代橋方面を散歩した後、
新潟駅に寄ったついでに改札の中を覗いてみると…、

またまた!
国鉄一般色のキハ52!!
今度は「127」でした。
しかも、後ろには国鉄急行色のキハ28まで…!

Ca390290

Ca390291


昭和40年代はこんなだったんだろうか、と遠い昔にタイムスリップ。

まさか、1日に2両もの国鉄色キハ52に会えるなどとも思わず、
あまりの出来事に我を忘れました。

そして、巡り合わせとは続くもので、
翌25日(日)も、「ばんえつ物語号」の車中より、
今度は新潟色のキハ52 120にも遭遇。

Imgp923701

にしても、2日で3両ものキハ52に遭遇する、という偶然。
しかも、偶然は、それだけじゃないんです。

24日、行きがけの「とき」の車内。
僕は、トンネルの多い上越新幹線だから、
本でも読んでようか、と思い、かばんに1冊の本を忍ばせてました。
先日買ってた、『鉄道ピクトリアル』の別冊、
「アーカイブセレクション13 国鉄の気動車1950」です。

僕は、上越新幹線の中で、キハ52をはじめ、
キハ10系やキハ20系、電気式気動車の事などを、
さんざん読んでいたのですよ!

また、これは今日知った事ですが、
盛岡方面のキハ52が引退するという事で、
特別列車「栄光のキハ52」号が、4連で運行されていたそうなんですね。

それも、同じ日、11月24日、僕が、新津のキハ52と出会ったその日の話し。

全く不勉強なごっさんは、そもそも、
新津にキハ52がいる事を知らず、盛岡だけだと思ってました。
で、その盛岡車が、そろそろ引退、という事はかすかに知ってましたが、
まさか、あの11/24、僕が新発田や新潟で出会ったその日に、
盛岡の線路上で引退をしていたとは・・・

割と「因縁」を大事にするごっさんですが、近年にない偶然が、
11/24の1日に重なっていた事になります。

これまでキハ52とは全く縁のなかったごっさんですが
(多分、会った事がないはず。山陰方面ですれ違った可能性はあり・・・?)、
11/24の偶然と因縁は、これから先も、
ごっさんの記憶に留まり続ける事でしょう。

|

« 上越・会津に行ってきました!その0 | トップページ | 私的ミシュラン論 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 上越・会津に行ってきました!その0 | トップページ | 私的ミシュラン論 »