« 懐かしの「牟岐線旧客」再現計画! | トップページ | 懐かしの「アイランドエクスプレス四国」 »

2007年11月13日 (火)

1989年10月、徳島駅

以前、徳島駅構内を紹介したエントリーをアップしましたが、
その隣のコマに、懐かしい車両がいたので、
一緒にして「疑似パノラマ」(継ぎラマ)にしてみました。

※厳密には、間がちょっと切れているので、パノラマとは言えないですが、雰囲気だけでも。

19891015_0203
Canon EOS630QD
SIGMA 70-210mm F4.5-5.6
Fuji Super HG 100
JR徳島駅
1989年10月15日

赤い客車がいるだけで、随分イメージが違うもんです。

茶色や青色の客車が全廃になってからわずか3年後、
JR化後2年で、徳島運転所の雰囲気は随分変わったもんです。
1970年代後半の、この写真の頃からでも、10年ほどしか経ってません。

国鉄→JRの変化が、どれほどドラスティックだったか、
痛いほど分かります。

白地に青色の気動車の中には、
引退が近づいていたキハ20や、
やがて徳島を離れて高知方面に転属するキハ32の姿もあります
(この写真だと、小さくて分かりづらいですが)

今となっては、駅もビルになり、ステンレスの気動車が走りかう徳島駅の、
「田舎のステーション」としての晩年の姿、とも言える時代の写真でした。

|

« 懐かしの「牟岐線旧客」再現計画! | トップページ | 懐かしの「アイランドエクスプレス四国」 »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道(徳島)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 懐かしの「牟岐線旧客」再現計画! | トップページ | 懐かしの「アイランドエクスプレス四国」 »