« この勝負、福田首相の勝ち!? | トップページ | 四国色のキハ30 »

2007年11月 8日 (木)

DF50、本線へ!!

※勝手にリンク。

http://railf.jp/news/2007/11/06/094100.html

http://ef210-901.cocolog-nifty.com/blog/2007/11/df50_1118.html


感涙。

|

« この勝負、福田首相の勝ち!? | トップページ | 四国色のキハ30 »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道(徳島)」カテゴリの記事

コメント

@みーさん、順番が前後しちまった

> 1990年前後に通学してたけど、
> あったなぁ…津田駅22分待ちってのが…。
> 他校学生で仲良くなったり他校学生で睨み合いが始まったり。
> 高徳線のいい想い出(青春)です。

今も高徳線(当時は「高徳本線」?)は単線だから、
多分やってますよ、10分以上の停車、待ち合わせ。

田舎にいると、東京の電車に、走って飛び乗る人が、
不思議で不思議で。
「あと3分で次のが来るでしょ?田舎は30分だよ」
と思っちゃうわけで。

音ばかりうるさくてなかなか前に進まないキハに、
とても愛着を感じます。

※「キ」は気動車のキ、「ハ」は普通車(昔の三等車、イロハのハ)のハ

投稿: ごっさん | 2007年11月19日 (月) 01時57分

> あのベランダから、もういちど眺めてみたい。

物心ついた頃は、多分
「キハ20」「45」「35」「55」「28」「55」「客レ」「貨車」「キユニ」
といったところか。

それが「レッドトレイン」になり、

「キハ32」の藍色帯になり、

四国色になり、

1000系になり、

「うずしお」185系になり、

たまに「アイランドエクスプレス」になり、

…そこから先は、1500系まで時代が下る?

あの昔のヴァリエーションの豊富さを体験できたのは、
奇跡的とも言えるであろう。

投稿: ごっさん | 2007年11月19日 (月) 01時52分

>>冷田川という小さい川がありまして、
>>そこの、踏切や橋から、
>>その少し向こうの園瀬川を渡るあたりまでを、
>>家のベランダから見渡す事ができました。

未だに夢に出るな、それ。
今になって中央線101系と並ぶ想い出になろうとは、当時は夢想だにしなかった。

あのベランダから、もういちど眺めてみたい。

投稿: gochi-zoh | 2007年11月16日 (金) 02時53分

青い車両は違う日の書き込みだった。ぷはー!

投稿: みー | 2007年11月15日 (木) 14時44分

キハ、モハ、ムハっ!まったくわからない話題ですが
青い車両は懐かしく感じます。(気のせい?)

1990年前後に通学してたけど、
あったなぁ…津田駅22分待ちってのが…。
他校学生で仲良くなったり他校学生で睨み合いが始まったり。
高徳線のいい想い出(青春)です。

でもどうせなら津田駅じゃなくて
志度駅とかで待ち合わせてくれたら
なんとなく「都会感」が味わえた気がするのに。
(変わらんか…ふむー)

投稿: みー | 2007年11月15日 (木) 14時43分

> 『昭和40年代後半、徳島運転所』も感涙!
> まだ城山公園内に県立図書館が在った時代ですよね。

ぶっちゃけ、ここまで古い徳島運転所の写真があったとは知らず、
ネガをしげしげ長めながら「ををを!?」と驚き、
その勢いでスキャン&アップした次第デス。

1981年の『鉄道ファン』を読むと、
まだ客車の列車は1000本以上!も走っており、
上野始発の常磐線・東北線の旧客も健在だったようで。
荷物列車や郵便列車もあったわけですよね。
後5年ほどで民営化するという時代に、
こんな列車がまだ日本中を走り回っていた事、
そして、その時代に生まれ合わせた事を、
とても感慨深く思いふけっているごっさんです。

※その時代に、旧客で通勤通学していた人に言わせれば
「こっちは地獄ぢゃ!」と怒られそうですが(汗
→ドアは狭いのが2つだわ、冷房は無いわ…

投稿: ごっさん | 2007年11月12日 (月) 19時22分

ごっさんどの

徳島は寒い朝です。

ごめんなさい!
CM書き込む項間違えてました・・・。
『四国色のキハ30』の項でした。

『昭和40年代後半、徳島運転所』も感涙!
まだ城山公園内に県立図書館が在った時代ですよね。

『懐かしの「牟岐線旧客」再現計画!』、
ごっつい楽しみじゃあ~。

蘇る懐かしの徳島、小出しで続けて下さい!

投稿: しんすけ | 2007年11月12日 (月) 09時11分

DF50の本線上の姿を見たら、
僕も、遠い昔の光景を思い出しました。
物心ついた頃住んでいた家は、
牟岐線二軒屋駅から、少し地蔵橋方面
(当時は、「文化の森駅」は無かった)に行くと、
冷田川という小さい川がありまして、
そこの、踏切や橋から、
その少し向こうの園瀬川を渡るあたりまでを、
家のベランダから見渡す事ができました。
当時は、気動車は短くて2両、普通は3両、
たまに郵便車がくっついていたりもしました。
その合間に、たまに、赤い機関車が、
茶色や青色の客車、緑や黒の貨車を引っ張っていくんです。
音で分かります。
「ダダダン、ダン、ダ、ダ、ダ、ダ…」
あ、貨物列車だ!(ベランダに走る)、
という感じです。
よく客車を見たような、と思ってましたが、
当時は、客車は小松島客貨車区に配置だったんですね。
あれは、徳島駅からの回送だったのかな。
あの日の風景を、模型にしてみたい、と思っているごっさんです。

投稿: ごっさん | 2007年11月10日 (土) 00時37分

ごめんなさい!
↑急行『よしの川』廃止は98年だったんでしたね・・・

投稿: しんすけ | 2007年11月 9日 (金) 15時19分

池谷駅、20分の待ち合わせ。
鳴門発徳島行き普通列車。
そのころ未だ駅前に菓子店、パン買いに降りたり。
ガラガラガラ・・・、ディーゼル音。
『手で空けて下さい』扉。
おい!空けたら閉めて行けよ、寒いのに!
阿波大谷駅で最後尾車両がはみ出し。
高校時、休みごとの国鉄の想い出。

大学時、初めての帰省。
JR移行直前のこれまた池谷駅。
乗り合わせた鳴門市内バカ女子中学生らとバカ女性引率教師。
JRカラーの対向車両を見て大騒ぎ。
教師も一緒に「JRじゃ!JRじゃ!」。
情けない、おまえら公衆道徳を知らんのか!

急行『よしの川』引退、2000年代になってからだったんですね。
その頃は徳島勤務時代。鉄道ではない公共交通機関勤務。
記憶にないなぁ、知ってればと残念・・・。

投稿: しんすけ | 2007年11月 9日 (金) 15時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« この勝負、福田首相の勝ち!? | トップページ | 四国色のキハ30 »