« ケンコーの19-35mm、その実体は…、他 | トップページ | 持ってるレンズを数えてみれば… »

2008年6月30日 (月)

ジャンクのAF NikkorとPEN用Zuiko

この土日は仕事でした。
とはいえ、15時に出社すれば良かったので、体力的には楽。
かといって、機材担いで撮影に行ってから、
という程に時間があるわけでもなく
(どうせ雨も降ってましたが)、
そうなると、D80用のレンズでも探しにいくか、
って流れになるのは、自然な事です
(と、無理に理論づけようとしているような・・・)

土曜日はまず、新宿東口方面へ。
そこで早速、駅前のア○プス堂にて、
「Ai Af Zoom Nikkor 24-50mm F3.3-4.5」
のジャンク品を発見、お値段\3,000-なり。

でも、どこがどうジャンクなのか分からず。
店員さんに「どこがジャンクですか?」と聞いてみると、
中を覗いて一言、
「うーん、曇ってますねぇ、中玉の方。
これは、正規の中古では売れないレベルです」
と。

・・・ど、どこが曇ってるんでしょう・・・?(汗

うちには、曇りだの、カビだの、
まともじゃない光学系のレンズばかりあるせいで、
この程度の事でとやかく言うつもりは無いですが・・・、
そういうお客さんもいらっしゃるんでしょうね・・・、
でも、それはそれで、まっとうな中古業をやっている、
という証しでもあり、信用できる店である事は確かです。

じゃあ、いただいていきます(笑)

24-50mmという焦点距離、
D80に装着すれば、35mm判換算で35-70mm。
僕が、最も使い慣れた焦点域の標準ズームです。
ちょっと、サイズがデカめなのが気になりますが、
写りにさえ問題がなければ、D80の「キャップ代わり」に、
標準レンズとして使っていく事にしましょう。

で、日曜日も、懲りずにカメラ屋へGo!(いいのか、それで・・・)

今度は、泣く子も黙る中野の中古屋です。

今日は、ジャンクの出物があったようで、
お客さんもいっぱいいたし、
モノもいっぱいありました。
個人的には、

FD 80-200mm F4.0 L
FD 100-300mm F5.6 L

あたりが猛烈に気になりましたが、
FDマウントのカメラを持ってないのに、買っても仕方なさ過ぎるので、
さして後ろ髪を惹かれる程でもなく。

何本かNikkorレンズもありましたが、
それほど「おお!」というものもなく、
今日は諦めるかな・・・、と思ったその時、
ふと、何本かの望遠レンズが並んでいるところに、
妙に細長いものが1本。
手に取ってみると・・・、

Zuiko Zoom 100-200mm F5

うわ!PENマウントの望遠ズームじゃないですか!!

OlympusのPENシリーズについての話しは、以下のエントリーを参照。

PEN Fで谷中ニャンコを撮る
ハーフサイズの写真
ごっさんin北海道鉄道記念館

PEN用のレンズなんて、そもそも、並ぶこと自体が珍しく、
しかも、人気が高いので、値段も高い事が多いのですが、
このズーム、ジャンクなので、なんと\5,000-!
PEN用のレンズである事を考えると、考えられない安さです。
(と、言い訳がましい感じが・・・)

とはいえ、やはりジャンクですので、問題はありました。
絞りが動きません。

このズーム、手にしてみると分かりますが、
自動絞りではなく、プリセット絞りです。
つまり、自動絞りだと、絞りを開放以外にしたとしても、
レンズの絞りが絞られる事はありません。
シャッターを押し、シャッター幕が開く刹那、
サッと指定の絞りに絞られ、
シャッター幕が閉じると、また開放に戻る、のが自動絞り。

プリセット絞りでは、
絞りを絞れば、それにあわせて絞りが動き、暗くなります。

とはいえ、「あけっぱなし」「閉める」の切替スイッチはあり、
ピントをあわせる時などは、絞られないようにする事もできます。

しかし、このZuikoは、絞りを絞り、「閉める」にレバーを切り替えても、
何事もないかのごとく、絞りが動いてくれません。

プリセット絞りなんだから、
自動絞りの機構回り云々的な理由ではありません。
明らかに、グリスないし油が固着して動かなくなっているわけです。

幸い、肝心のレンズはちょっとカビってるかな、程度
(それを、「程度」とは言わないんですが、普通)なので、
絞りは自分で治す事にし、購入してきました。

絞り回りの機構がシンプルなので、
日頃、gochi-zoh兄にレンズの修理依頼をする事の多いごっさんですが、
分解に挑戦してみました。
過程は省略しますが(そこを省略したら、ブログの意味が・・・)、
なんとか、絞り、動いてくれるようになりました。

なんとか・・・、というのは、完全には固着したグリスはとれず、
絞り羽についていたものを拭き取った程度、
しかもマウント面側のみ、だからです。
もっと本格的に分解清掃するには、
道具があまりに足りなさすぎます
(普通のドライバーしか無いもんで・・・)

とはいえ、レンズも内部まで比較的綺麗に掃除できたし、
なんとか、撮影には支障ない程度になったものと思います!

って事で、この土日に購入した2本のレンズ、
本来なら、まったく縁もゆかりもない組み合わせのコラボ、
片方のレンズを、もう片方のレンズで撮影してみました。

Dsc_011601
Nikon D80
Ai Af Zoom Nikkor 24-50mm F3.3-4.5 (35mm域+トリミングあり)
1/3秒 F8.0 (ISO400)
2008年6月29日

※遊びで、こんなアニメgifも作ってみました。
Zuikoは、三脚座がついていて、
カメラを縦横するには、マウントにあるネジを緩めて、
こんな感じで回転させる事ができます。
自動絞りじゃないので、マウント部分ごと回るので、
なんかヘンな感じです。

Zuiko_100200

Zuikoは、35mm判換算で約150-300mm(より正確には、140-280mmくらい)
になるので、鉄道撮影向き、とも言えます。
さすがに、PENで鉄道撮影は、何年もやってませんが、
このレンズだと、かなりおもしろい事になりそうです。
もちろん、半世紀!近く前のズームですから、
写りは、過度には期待できないですが、
このレンズでしか撮れなさそうな写真を撮れると思います。

さて、D80+サンニッパが先か、PEN+Zuiko Zoomが先か・・・@@@

|

« ケンコーの19-35mm、その実体は…、他 | トップページ | 持ってるレンズを数えてみれば… »

カメラ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ケンコーの19-35mm、その実体は…、他 | トップページ | 持ってるレンズを数えてみれば… »