« ジャンクのAF NikkorとPEN用Zuiko | トップページ | 旧・佐古駅舎 »

2008年7月 1日 (火)

持ってるレンズを数えてみれば…

39本ですってよ。

さんじゅうきゅうほん!!

どんだけ投資してんですか、自分・・・orz

いくら、1本1000~5000円程度のボロばかりとは言えねぇ。

・PENTAX(旭光学) 18本
・Nikon(日本光学) 3本
・キヤノン 3本
・Olympus 4本(PEN 3本+OM 1本)
・TAMRON 7本
・Tokina 1本
・COSINA 2本
・富士フイルム 1本

という陣容。

この中で、どれほどをちゃんと使っているのか・・・

ちゃんと写真撮らなきゃな、との思いを新たにするごっさんです。

■□■□■□■□

「神様」広田尚敬さんが、BSジャパンの番組に出演され、
秩父鉄道で101系や「パレオ」を追う姿が放送されました。

その時に撮られた写真を、BSジャパンのサイトで見ることができます。

写真家たちの日本紀行

昔、『ダイヤ情報』や『鉄道ファン』に掲載されている写真を眺めては、
「どうして、この人の写真は、こうも≪語りかけて≫くるのか」、
不思議で不思議で仕方ありませんでした。

で、似たような写真を撮ろう試みた事もあります。

昔のネガを顧みながら、
あぁ、これは「広田さん風」を狙ったな、というコマに、
いくつも行き当たります。

もちろん、そんな事で、広田さんのような写真が撮れるようになる、
というわけではないですが、
少なくとも、そういう経験を経て、
ちょっとだけ、鉄道写真を、いろんな角度・視点から撮るような、
フレキシブルな目線が備わったような気がします。

で、上記URLの中にある、秩父鉄道の写真を見て、
あまりにも、あの時と変わらない、「広田さんの撮った鉄道写真」
のパワーに圧倒され、またまた、自分の中の何かを目覚めさせてくれます。

何なんでしょうかね。

そう大して変わらない機材で、フラッと撮っているだけに見えるんですがね、
そこには、鉄道のある街の空気、温度、音を感じる事ができます。

長いブランクを経て忘れていた何かが、
自分の中で覚醒し始めている気がします。

|

« ジャンクのAF NikkorとPEN用Zuiko | トップページ | 旧・佐古駅舎 »

カメラ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

そのシリアルの85mmだと、
オートとAiの過渡期のだなぁ。
例のシリアルサイトによると「今日的」というカテゴライズw
そういや、80-200mmF4.5のマルチコートのジャンクが、
ミヤマ商会のカゴに入ってて、しかも安かったのだが、
非Aiなのでさすがにやめといた。

投稿: ごっさん | 2008年7月 3日 (木) 22時27分

40本目への誘惑をやってしまったな、弟者w

Aiニッコール85/1.8購入。No.416806
これでワシっとこのレンズは何本になったのだろう。また数えておく(ジャンクは除外)

投稿: gochi-zoh | 2008年7月 3日 (木) 01時12分

アホかいな、っちょんじゃわ、ほんまに。
と言いたくなりますね。
四国の三セクは、なぜ事故ってばかり・・・

レンズ、ボロばかりですから。
新品で買ったのなんて、
PENTAXのDA21mmと、COSINAの2本と・・・、

と・・・、

と・・・、

・・・・・・、

れれれ???

ってなあんばいですww

投稿: ごっさん | 2008年7月 3日 (木) 00時54分

車庫だしからのスイッチバックの回数間違えたらしい・・・何やってんだか・・・
レンズ・・・負けたw

投稿: 金長狸 | 2008年7月 2日 (水) 23時06分

ウナギロンダリングに続き・・・

なんともはや・・・

投稿: ごっさん | 2008年7月 2日 (水) 01時33分

嗚呼、最悪だ・・・・・orz

投稿: gochi-zoh | 2008年7月 1日 (火) 23時39分

なんしょんじゃ~~wobbly

ただでさえ赤字三セク、
予備の車両も無いというのに、
営業運転できるようになるんかいな・・・

先日、開業初日のネガをスキャンしたばかりなので、
ショックもひとしおです・・・

投稿: ごっさん | 2008年7月 1日 (火) 22時49分

今日もおつかれさまでした。

今朝、三セク阿佐東線回送列車が、
宍喰車庫へ向かう引き上げ線で、擁壁に衝突・脱線だって。
復旧のめど立たず。

投稿: しんすけ | 2008年7月 1日 (火) 18時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ジャンクのAF NikkorとPEN用Zuiko | トップページ | 旧・佐古駅舎 »