« 久しぶりにWindows Me | トップページ | なにげに北京を振り返る »

2008年8月18日 (月)

都心の「自動じゃない」改札

磁気化→Suica化を経て、
都心からは完全に姿を消したと思われた、人間が立っている改札口。

そういや、ここにあったなぁ、と思って写真を撮りました。

Dsc00318
SO905iCS

JR北千住駅の、JRと千代田線の乗り換え階段にある改札口。

恐らく、昔は、駅員さんが立っていて、
検札をしていたのかもしれませんが、
今はただの通路。
でも、撤去するのも面倒だからか、
あるいは「無言のプレッシャー」を与えるためか?、
今でも、古風な姿を残しています。

※在京じゃない方のために解説。
千代田線の西日暮里-綾瀬間というのは、
恐ろしく「わけが分からない」路線なのです。

まず、北千住-綾瀬の1駅区間は、
「JR常磐線各駅停車」であり、かつ「東京メトロ千代田線」でもあります。
それは、乗り入れてるからとか、そういう単純な話しではなく、
本当に、その両方を兼ねているのです。
上野から常磐線快速に乗ってきた人が、
北千住で各駅停車に乗り換えるには、
この改札を通って千代田線=常磐線各駅停車に乗り換えます。

また、松戸方面から、常磐線各駅停車に乗って(、というつもりで)
西日暮里まで乗り、山手線に乗り換えようとすると、
「北千住まではJRの運賃」「そこから千代田線に乗り換えたのでメトロの運賃」
が発生した上で、またJRに乗り換え、という手順を踏みます。
ここがかなり面倒なので、西日暮里駅の精算は、
機械ではなく、窓口となっており、しかも、めちゃくちゃデカイです。
以上、閑話休題。

昔は、こんな改札口が、新宿駅だろうと東京駅だろうと、
改札という改札にズラーーーッと何十も並んでいて、
そこに駅員さんが立っていて、
入場する人には「パチパチパチパチ」とハサミを入れていく
(ずっと手は動いてます。パチパチパチパチパチ・・・)、
そして、降りてくる人からは、ひたすら切符を受け取る
(しかも、ちゃんと見ている。間違っていると引き留める)、
そんな職人的な人がいっぱいいましたが、
いまじゃ、そんなワザを持っている人は絶滅でしょうね。

写真撮り忘れましたが、改札の中には、コンセントがついてました。
冬は寒いので足下に暖房を、
夏場は暑いので扇風機を置いていたのでしょう。
往事が偲ばれる光景です。

|

« 久しぶりにWindows Me | トップページ | なにげに北京を振り返る »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

@しんすけ様

いつも望郷の頼りをありがとうございます。

チャットはローカルな場所が好きですねぇ。
どうも、阿波踊りにも、踊りに帰ってたようですよ。
新町水際公園の舞台で歌ってみたりとかね。

今月は、亜衣ちゃんと野球の結果に傷心です・・・

投稿: ごっさん | 2008年8月25日 (月) 00時12分

在京時、関西の味が懐かしく、北千住駅前の串かつ屋『天七』に通ってました。

業務連絡
チャットモンチーが戻ってきますよ!
9月7日小松海岸で開催の『VALETUDO2008』に。
ライブ&サーフィン&阿波踊りのイベント、徳島出身絡みで『ザ50回転ズ』も!ゲゲゲのゲ~!

ごっさんさん、お盆は戻られなかったんですね。
お仕事忙しきこと、何よりです。

徳島製粉株式会社社長、あの田中殖一氏がお亡くなりになりました。
101歳、直前までお元気のようでした。合掌

投稿: しんすけ | 2008年8月24日 (日) 20時28分

@teruha様

ややこしいですよねぇ。
西日暮里で乗り換える時は、
いちいち説明するのが面倒なので、
乗り換え改札使わず、あえて普通の改札から乗り換えます。

JRの改札とメトロの改札を、
平行に並べて2回タッチさせるようにすれば、
小難しい精算なんてしなくていいような、
なんて思っちゃいますが。

あ!タムロンの「鉄道風景写真コンテスト」、
〆切過ぎちゃった・・・。トホホ・・・sweat02

投稿: ごっさん | 2008年8月18日 (月) 23時16分

おぉ~。またまた懐かしいものを見つけましたネ。西日暮里は舎人ライナーが開通して、益々便利になったけど、益々複雑になりました。地下のを使って有料の「迷路」なんてどうでしょうか?

「よみうり風景写真コンテスト2008」作品募集してます。
9月30日必着なので、まだ少し時間がありますヨ。
今年も近くの田んぼでかかしを見つけました。撮って応募しようかナ?

投稿: teruha | 2008年8月18日 (月) 17時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 久しぶりにWindows Me | トップページ | なにげに北京を振り返る »