« なにげに北京を振り返る | トップページ | 雑記 »

2008年8月28日 (木)

デジイチのなれの果ては・・・

まぁまだね、これなんかは良いんですよ。
仮にも、フツーに使っている分には一眼レフですから。

でもね、Nikonのカメラを構えている時に
「あ、あの人に映像撮られてる。キモ~」
なんて思われたりするようになるわけですよ、これからは。

まぁ、それくらいは自分を捨てる事ができれば我慢できるとして?、
これはもう、一眼レフの定義に関わる問題。

理屈も分かるし、そういう事をしたいと思うのも分かる。

でも、フランジバックを極端に短くする=ミラーレスになる、
というものを、一眼レフと呼ぶか?
ライブビューがあれば一眼と言ってよいのか?

液晶に映る画を見ながら構図を決める・・・


コンデジそのままやないですか


素直に「レンズ交換式コンデジ」とか、光学ファインダーつけてレンジファインダーだとか、
言えばまぁ、せやなぁ、ってなもんですけど。
はっきり「一眼」と言われると、そりゃねぇべ、と思うわけです。

 一眼レフといえば、

「見やすく大きく、ピンの山が掴めるファインダー」
「動体をリアルに視覚でとらえる速写性」
「絞りの開け具合によるボケの確認」

といった事ができて初めて「一眼レフ」というのであって、
同じレンズを通して入ってきた画像を、
デジタル化して液晶に写して、はい、どうでっしゃろ、
ってなもんじゃないと思うんです。

でも、これで、世の95%の人が
「これでええやないの、撮れるんやし」
と言ってしまえば、そうなってしまうのが市場主義の怖さ。

ただでさえ、クオリティの高いペンタミラーのファインダー搭載機を、
見かける事が無くなりつつあるというのに、
その流れが更に加速するであろうこれらの動き、
残念でなりません。

 カメラを作る人は、一度でもPENTAX MXのファインダーを覗いてみたまえ、
と言いたくなるわけです。
もはや、Olympusは、OMやPENを作っていた頃のOlympusじゃないのですね。

|

« なにげに北京を振り返る | トップページ | 雑記 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

一眼・・・上からの煽り(ノーファインダー)で写真取るときには液晶が欲しいときがあります・・・・雑踏でのアイドル撮影とか・・・・痔爆

ぽっぽぽぽぽぽ~ぽぽぽぽぽ~~~っとゴチ兄さんにメールで情報を・・・ごっさん聞いてみてください・・・絶対徳島に帰りたくなりますから・・・・間違いなく無くw

投稿: 金長狸 | 2008年8月28日 (木) 21時56分

だってねぇ・・・
一眼買って「液晶映らないんですけど」という苦情(笑)が多く、販売店も解説に苦慮した(カメラ店勤務知人談)というから。
そういう層には、ファインダーは訴求の対象とはなり得ない=販売的な数字に直結出来ない、これがユーザーの大多数。

ライブビューも時と場合によりけりで、使い勝手のいい場面だってあるだろう。
でもね、それが本筋になるのって正直どうよ?と私も思うわけで。

正直、ひところ流行った「大型高級コンデジ」(MINOLTA Dimage7とかを元祖とする一派)が
「一眼レフ」の定義をあやふやにしてしまった感が強いなぁ・・・
あのEVFカメラを一眼と呼ぶ場面の、なんと多かったことか。レフレックスすらしてないでしょうがwwww と。


最早、弟者もワシも「ふるい人間」なのかねぇ・・・orz

投稿: gochi-zoh | 2008年8月28日 (木) 09時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« なにげに北京を振り返る | トップページ | 雑記 »