« 更地の徳島駅 | トップページ | 新旧「EXILIMケータイ」を比較 »

2008年10月24日 (金)

増結・急行「よしの川」、91年夏

盆暮れ正月には、
特急や急行の編成が長くなる、というのは、よくある話しです。

現役時代の急行「よしの川」も、
平時はキハ58+キハ65という編成が定番でしたが、
かき入れ時になると、キハ65を増車した3両編成で運転されました。

なので、お盆や正月は、滅多に見られない3両編成を写すべく、
率先して徳島線に足を運んだものです。

※ちなみに、特急「うずしお」も、
平時はキハ185オンリーの2両or3両編成で運転されるところ、
お盆にはキロハを含む4両編成で運転される事もあり、
いつもと違う車両が来るからとワクワクしたものです。

※もひとつちなみに、
以前、TOMIXから模型化されていた「急行よしの川4両セット」は、
キハ58が2両、後はキハ65とキハ28の4連という組み合わせでしたが、
実車通りに走らせるなら、キハ65とキハ58だけをチョイスしなければいけません。
決して、キハ28が連結される事はありませんでした。

この写真は、91年の8月に、穴吹川の鉄橋から撮影したものです。

910812_18
Canon EOS630QD
SIGMA 28-70mm F3.5-4.5
Fuji Chrome 400 (RHP)
徳島線 川田-穴吹間
1991年8月12日頃

多分、穴吹川で写したのは、この時が初めてです。

その後何度も足を運び、
最後に(現役の)「よしの川」を写したのも、穴吹川。
先日のさよなら運転では、兄(オヤジ)に任せましたが、
本当は、僕一人だけで、ここで撮影したいと思ったのが、本音です。

しかし、今から考えると、こちら側から撮るのって、
ど逆光もいいところじゃん!、と思います。
しかも、夏の快晴、かなりのピーカン。
よって、サイドはほとんど真っ暗でした。

そこを、Photoshop様のお力を借りて補正し、
なんとかそれなりな写真に仕立ててみました。
デジタルの時代だからこそ、蘇った写真、と言えます。

でも、こちら側から撮る方が圧倒的に好きでした。
バックの橋が、順光だと、そっけないし、距離も近い。
また、いろいろ建物もたってて、背景がごちゃごちゃしちゃいます。

こちらからだと、バックに高越山~剣山に連なる山々が、
また、写り込む橋も昔風でいい感じなので、
風情のある写真が撮れるわけです。

なので、僕が穴吹川で撮った写真の多くは、
こちらサイドからのものです。

キハ65が2両も繋がっている、超強力?編成です。
さぞ、力強い走りを見せてくれた事でしょう。

同じ徳島線を走る快速は、
「よしの川」と同じ58+65で運用されていましたが、
こういう時の増結にはキハ40が使われていました。
このポジの前後にも、その記録が残っています。

こちらは逆に、重々しい足取りで走り去っていった事でしょうw

|

« 更地の徳島駅 | トップページ | 新旧「EXILIMケータイ」を比較 »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道(徳島)」カテゴリの記事

コメント

> ヒグマの時代

だと思うんだけどなぁ。
サンゴナナジュウに買い換えた時期が不明で、
多分そうだろう、と思って書いてはいるけれども。

28mmだと、もっと広角っぽい写りになる気も。
「35-70mm初期」かもしれぬ。

初期のネガやポジをスキャンしてみると、
腕の悪さは置いておいてw、
スッキリしたクリアな写真が多い。
慌てて手放す事はなかったかも、と思う。

で、いつも「超破格だけど状態のいい」
28-70mmが無いかと、密かに探してたりするw

投稿: ごっさん | 2008年10月24日 (金) 21時41分

シグマ時代の写真か~・・・

後から知るところによれば、シグマ28-70の光学系は、かの「バリオエルマー」のOEM元になっていたのである。
即ち・・・弟者がそのころ手にしていたレンズは!まさしく!御大Leicaのお墨付きだった(かもしれないしそうでないかもしれないw)のだ!www

>穴吹川
順光側の構図は、確かにやりずらい。
川面を大きく取り込んで、晴天を頼みにやるしかない感じ。

で、この北岸/橋の上構図は、夏場の早朝と夕方に限れば何とか光が回る。
そこへ、丁度いい時間に47の2連が走っていたのだが・・・この10/14改正でそれも消えた。
つまり、とうとう撮影のいとまもないまま、穴吹川の理想的構図を理想的光線で走る「赤い47」という光景は消滅してしまったのだ・・・


>増結にはキハ40
高徳線だが、中には[47-65-28-47]なんてゆー、65のエンジンだけが頼みの綱みたいなワヤな編成も見たことがあるww

投稿: gochi-zoh | 2008年10月24日 (金) 20時58分

しんすけさんに喜んでもらえるネタを、
てな事ばかり考えてエントリーを上げています(笑)

ヒゲ付きは、多分、現役時代は徳島には来ていないかと。
60年代、かな?、に、予讃本線・土讃本線方面の、
しかも「準急」で走っていたものを再現しています。
当時は「簡易冷房」搭載で、
小田急ロマンスカー譲りの「ミュージックホーン」
(音楽を鳴らしながら列車が走ってくる)まで搭載してたそうです。

ヒゲを付けた張本人のブログを見つけました。
http://tessyii.blog.hobidas.com/archives/article/52223.html
http://tessyii.blog.hobidas.com/archives/article/53354.html

投稿: ごっさん | 2008年10月24日 (金) 18時38分

今日もお仕事おつかれさま。

ここ数日の写真、たいへん大変タイヘン懐かしゅうございます。

更地の旧駅跡。

国鉄色、ひげ付きのキハ65。
当時、徳島県内は走ってましたか?
記憶にないもので。

夜勤明けの度に鳴門線始発の列車を目にします。
2両編成、J四カラーが殆どですが、国鉄色のみの編成やJ四&国鉄MIXや。
当然どこかの誰かが決定してるのだと思いますが、
素人にとっては楽しみで。
先日の娘の小学校の参観日。
教室窓からは高徳線高架を走る列車が望め、
授業そっちのけでありました。

投稿: しんすけ | 2008年10月24日 (金) 17時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 更地の徳島駅 | トップページ | 新旧「EXILIMケータイ」を比較 »