« Ai Nikkor 35mm F2S | トップページ | Olympus XA »

2009年5月24日 (日)

PENTAX K-7、タッチ&トライのイベント

・・・に、行ってきたわけではありません(汗

こちらで堪能しました↓
ペンタックス、「K-7体感トークライブ」を開催 (デジカメWatch)

K10DやK20Dが発表された時は、
デジカメWatchの記事を見ながら
「うおー!」とか「うわお!」とか「ひょ~!」
などと、謎の感嘆詞を連発していましたが、
K-7に関しては、むしろ
「ほ~」とか「ふ~む」とか「んん~~」
って感じの、おとなしめの反応となってしまいました。

もちろん、それはあくまで「第一印象」の話しで、
実際、スペックや、上記の記事を読んでいけば読んでいくほど、
「こりゃ、ホントに写真を撮る人間向きのカメラだな」
って事が分かってきます。

・ファインダー視野率100%

ちょっと倍率が下がったのは残念ですが
(K20Dが0.95倍、K-7は0.92倍)、
視野率100%は、Nikon FやらEOS-1やら、
プロ向けの製品にだけ許される特別なもの、
という印象があります。
自分が撮ろうとしている写真の、隅から隅まで、
ちゃんとファインダーで・・・、そう、ファインダーで・・・!、
確認できる。そんな当たり前の事を、今更追求するあたり、
PENTAX開発陣のこだわりを感じます。

・1/8000秒のシャッター

これは、ホントを言うと、そんなに大事な要素じゃないんですが
(その昔、フィルムの時代であれば、
カメラにISO1600のフィルムが入ったままで、
それでも明るいところで開放近くで撮りたい・・・、
という要素があったかもしれませんが、
デジタルだと、ISOは自由に変えられるので、あまり関係ない)、
それでも、実はPENTAXでは、あのZ-1以来、
1/8000秒のシャッターを搭載したカメラが無かった
(あのMZ-Sは1/6000と、中途半端なスペック)事もあり、
それに、高速で動く車や鉄道を、完璧にピッタリ止めるには、
速いシャッターが切れるのは、それに越したことは無いので、
いかに本気になっているか、の現れである事は確かです。

・フォーカシングスクリーンは「ナチュラルブライトIII」

MFでのピント合わせを考え・・・、
ってところがにくい。
明るくてピンが掴みやすいスクリーン。
ガラスのペンタプリズムに視野率100%・・・、
あぁ、覗いてみたい・・・(なんかエロい言い回しだな)

・HDR合成

明るさの違う3枚の写真を連写。
それぞれ、「シャドーが潰れてない」「ハイライトが飛んでない」
ところを組み合わせて、全体として適正になるよう、自動合成する機能。
リコーのコンデジあたりで搭載されていたものと同様。
鉄道だと、電車走っているから活用し辛いところですが、
風景や、黒いブツを撮る時なんかは有効かも。
(特にレンズそのもののブツ撮り。
ガラスの反射は飛び、本体は潰れる、って経験をよくやらかすので)

・動画撮影機能

・・・を、あまり前面に押し出していないところがPENTAXらしい。
実は、すでに、いくつかのPENTAX製コンデジでは、
720pですが、HD動画が撮影できるのに、
そのへんの事を、某P社あたりのように強調していません。
「オマケみたいなものなので・・・」って事なんでしょうが、
いやいや、しっかり営業しちゃった方がいいんじゃないの?って思います。
まぁ、その辺も、我がPENTAXらしい、とは思うんですけど。
しかも、オマケと言いながら、外部マイク接続OKで、
絞りも撮影中に追随すると言うし(ただし、自動露出時のみだそう。
また、AFは、残念ながら固定らしい)、
どこかの「動画で一眼遊ばせ」なんて言っているカメラより、
よっぽどかいい画が撮れそうな気がします。

・秒間5.2コマのモードラ

PENTAXで、秒間5コマを超えるモードラを搭載したカメラって、
あったかしら?LXくらい?
最近は、以前と違ってモードラにあまり興味はありませんが、
それだけのスペックを有しているって事は、
レリーズタイムラグも短いなど、
別の要素も期待できるような気がします。

・シルエットはLXから?

これは、さっきの記事に書いてあったんですが、
K-7のシルエットはLXから来ている、と。
ペンタプリズム回りのデザインが、ですかね?
それなら、PENTAXのロゴも、昔のにしとこーよ(笑)

K-7単体の写真を見ると、あまり小さく見えないんですけど、
記事の中で、K10Dと並べている写真を見ると
「うゎ、ちっちゃ!」って思いました。
このコンパクトボディに、K20Dを超える機能と、
玄人にブツブツ言われないような高度な基本性能を有する、
そんな、「写真家」のためのカメラが、
久しぶりに登場しました。

|

« Ai Nikkor 35mm F2S | トップページ | Olympus XA »

カメラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Ai Nikkor 35mm F2S | トップページ | Olympus XA »