« 琴電、345+230さよなら運転 | トップページ | 5/21、PENTAX新機種発表! »

2009年5月 7日 (木)

琴電、春の旧車会(?)

※「会」を「會」と書くと、思いも寄らぬ方向に飛んでしまうので、
決して書き間違えているわけではありません。

さて、ここ数回は、たまたまですが、
10年ほど前に撮影した琴電の古い電車をアップしましたが、

このGW期間中、琴電で動体保存されている古い電車が運行され、
それを兄が撮りに行っていたという事で、
写真が送られてきました。
早速、ご覧頂きましょう。

Dsc04667_grfrsp
SONY α700
70-200mm F2.8 G (200mm域)
1/640秒 F4.5 (ISO160)
高松琴平電気鉄道琴平線 滝宮駅付近
2009年5月4日

まず、琴平側の車両は「120」。1000形の1両で、大正15年、
琴電の開通時に製造された中の1両デス。

Dsc04691_grfrsp
SONY α700
70-200mm F2.8 G (90mm域・トリミング)
1/800秒 F4.0 (ISO200)
高松琴平電気鉄道琴平線 陶-畑田間
2009年5月4日

反対側、高松築港側は「500」、
これも琴電オリジナルの電車で、昭和3年製。

琴電と言えば、阪神に京急、京王など、
いろんな会社から流れてきた「お古」が多いですが、
この2連は、いずれも「生まれながらの讃岐っこ」。

動体保存されている中で「外様」は、
「120」よりも古い、大正14年に製造された、
元近鉄の「23」(20形)だけみたいです。

Imgp0053_luxrsp
PENTAX K-m olive
SMC PENTAX-DA L18-55mmF3.5-5.6AL (テレ端)
1/800秒 F5.6 (ISO400)
高松琴平電気鉄道琴平線 滝宮駅付近
2009年5月4日

古い電車には、畑とおばあちゃんがよく似合う?

Dsc04657_grfrsp
SONY α700
Minolta α35-105mm F3.5-4.5
1/1000秒 F6.3 (ISO200)
高松琴平電気鉄道琴平線 陶-畑田間
2009年5月4日

何も植わってなくても、いい感じ。

まさに「のどか」の一言。
でもきっと、吊り掛けのモーター音は、
辺りにけたたましく鳴り響いていた事でしょう。

四国の鉄道文化遺産に乾杯!

|

« 琴電、345+230さよなら運転 | トップページ | 5/21、PENTAX新機種発表! »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

ZOS団様

ごっさんです。返信遅くなりました。

お申し出頂いた4枚の画像を、以下のURLに用意したのでご確認ください。

http://big.freett.com/gossan/kotoden.zip

・750
・760
・890
・120

です。

兄の撮った120については、縦長は厳しい、という事でしたので、
試しに「正方形」にトリミングしてあります。
(横長にトリミングするのは、少々厳しかったので。)
もし、利用可能でしたらご検討ください。

画像ご利用になられるか否かは別として、
動画出来ましたら拝見させていただければと思うのでご連絡いただけると幸いです。
よろしくお願いします。

投稿: ごっさん | 2011年10月10日 (月) 23時27分

ごっさん様
gochi-zoh様

連絡が遅くなりすみません。写真転載依頼者のZOS団です。
お二人とも画像転載の件で承諾頂きありがとうございます。

現在、同様に転載のお願いをしている方々から順々にお返事を頂いている段階であり、
動画作成に当たりこの様な企画を講じたのは三度目ですが、回を重ねる毎にご回答頂ける方が多くなり嬉しく思っております。
琴電は撮影していて、路線の雰囲気、ファンの方のマナーも良く、首都圏の臨時列車やイベントのような殺伐感が無いので好きですね。

ブログ内や、ご案内頂いたサイトを一通り拝見し、今現在「琴電、98年3月」内のごっさん様撮影の長尾線750か760が掲載最有力候補です。
現在静態保存中の車両の現役時代の写真は貴重で魅力的なもので。
もう一つ程お借りする可能性もあり、案内して頂いたサイトにある踏切通過中の890号なども考えております。
また、gochi-zoh様撮影の、おばあさんが映りこんでいる120号をお借りしたいと思っていたのですが、
いざ縦撮りの写真を動画に織り混ぜようとすると、予想以上に場面構成や編集が難しく、せっかくOKを頂いたのですが難しい現状です。

高画質版ご提供の件については、これ以上お手間をとらせたくないので、サイトからのコピー&ペーストを基本に考えておりましたが、
お借りする画像だからこそより良い状態でという気持ちもありますので、ご提供頂けるのでしたら、ぜひ宜しくお願い致します。

連休で帰省の中お騒がせしすみません。

投稿: ZOS団 | 2011年10月 8日 (土) 09時31分

お申し出の件、喜んで許諾させて頂きます!

光栄でございます。
こんなもので宜しければ、どうぞお使い下さいませ。

投稿: gochi-zoh | 2011年10月 7日 (金) 19時29分

ZOS団(ZOSbrigade)様

取り急ぎ、まだブログに上げていない画像をいくつか、
こちらに用意しましたので、ご確認ください。

※サムネイル画像なので、低解像度で、また、
全自動でスキャンしたので、色のおかしいものや、
ゴミの目立つもの等ありますが、
必要な画像があれば高解像度で手動スキャンするので、
より高画質なものとなります。

※ただし、先ほどもコメントした通り、
画像を用意できるのは10日以降となりますのでご了承ください。

投稿: ごっさん | 2011年10月 7日 (金) 02時13分

ZOS団(ZOSbrigade)様

ご連絡ありがとうございました。

本文にも書いております通り、
このエントリの写真は兄が撮った物のため、
今、この場ですぐに許諾を出す事が出来ません。

確認で少々お時間を頂戴する事になるかと思います。
ちなみに、何枚目をご利用希望となりますでしょうか?

一応、自分が撮った琴電の写真も多少ながらありますので、
そちらなら、遠慮無くご利用いただいて構いません。

※当ブログ右上の検索窓で「琴電」と入れて頂けると、
このエントリを含め5つのエントリがヒットするかと思います。
ここに上げていないものでも、いくつか撮影したネガやデータがあります。
自分が撮影したものは、主に90年代末のものです。

ただし、実は明日(正確には今日)7日から帰省で家を離れ、
戻るのが10日となりますので、
いずれにしても、素材となるべき画像を用意できるのは、
それ以降となってしまいます。

制作が間に合わなくなる可能性もあるのでは、と思われますので、
どうかご了承のほど、お願い致します。

投稿: ごっさん | 2011年10月 7日 (金) 01時46分

ごっさん様へ、

私はZOS団(ZOSbrigade)という名前で、
動画サイト「ニコニコ動画」および「YouTube」に動画をアップロードしているものです。
琴電の画像を検索していたらここに辿り着きました。

さて、今回ご連絡差し上げたのは、結論から申し上げますと、
ブログ内の琴電旧型車の写真を、私が作成予定の動画にお借り出来ないかというご相談のためです。
ニコニコ動画とYouTubeへの投稿を予定しております。

現在「ニコニコ動画」内にて、14日の鉄道の日に合わせた企画が立ち上がっており、
これに乗じ琴電の魅力を伝えると共に、100周年をお祝いするのが狙いです。
100周年という事で、過去を回想できるような場面を織り交ぜたいと考え、
一昔前の旧型車の画像を公開なさっている方複数に同じお願いをしています。

イメージとして私の過去作品を紹介致します。
【琴電 kotoden】ことでん~あしあとリズム~ http://www.youtube.com/watch?v=n7nZoWhRWmE

今作も雰囲気は同じようなものをイメージしており、お借りする画像は16:9サイズに加工の上、
当方で改めて画面端にお名前を記載し転載である事を示すと共に、エンドテロップでこのブログも紹介させて頂きたく思います。

使用曲については、あまり有名な歌手ではありませんが、
地元仏生山出身の歌手であるmimikaさんが歌う、「ペルセウス」という曲を使う予定です。

最後に私事ながら、現在鉄道写真や動画の撮影には、復刻版オリンパスペン「E-P1」を用いています。
フィルムカメラの頃は、最終的にはミノルタの一眼レフを使っていましたが、
10年程前から一度写真に魅力を感じなくなり、鉄道写真から距離を置いていました。

「富士・はやぶさ」や京浜東北線209系引退等を契機に、再びコンパクトデジカメで鉄道写真を再開し、
そろそろ機材もステップアップしようかと思った頃に出会ったのがペンでした。
実は私が鉄道写真を撮り始めた中学生の頃、機材は90年代前半の当時でも既にレトロな、親から譲ってもらった「トリップ35」で、
カメラ売場で良く似た姿の(当たり前なのですが)ペンを見た時には、何というか運命的なものを感じてしまったものです。
ここ1~2年程は、がむしゃらに電車を追っていた当時の様に、食事も惜しんで琴電の撮影を楽しんでいます。ちなみに関東在住です。

突然のご連絡とご依頼、なおかつ大変長い文章となり失礼致しました。お返事を頂けますと幸いです。

投稿: ZOS団 | 2011年10月 7日 (金) 00時56分

文化遺産が入れ替えとはねぇ。

でも、意外にそういうものかもしれん。
今や絶滅寸前のEF58といえば、近頃もっぱら、
工臨と露払いくらいでしか動かなかったりするし。

昔はよく、琴電近辺をCR-Xで走り回って
ポイントを探し回ったもんだ。
それも10年一昔となってしまったが。

投稿: ごっさん | 2009年5月 9日 (土) 01時50分

>四国の鉄道文化遺産
このほど「近代化産業遺産」認定。
まさに走る文化財、鉄道界の至宝の一つといっても差し支えないかもしれない。
こんな文化財が仏生山で構内入れ替え作業に従事し、普段は路地に面して公開展示のごとく留置されてるってんだから、そりゃもうパラダイソですよお客さんw
(留置状態では「本当に動くのか?これが・・・」状態で、別の意味でワクワクするんだがww)
そして驚くべきはその元気さですなぁ。4枚目、推定速度で60km/h少々。その前に通った京王5000系と大差なし!
なにげに結構スジ立ってます。運行ダイヤ自体、明らかな列車交換待ちを除くと現行ダイヤ同然。

>吊り掛けのモーター音は、辺りにけたたましく鳴り響いていた事でしょう。
ところが実際に傍で聴くと、ガチャコガチャコ古めかしい機械の金属音ばかりが聴こえるのだった。
吊り掛けの重厚な走行音を期待して外で聴いてると、案外拍子抜けするかもしれない。これはこれでのどかで微笑ましいのだがw


沿線は長閑そのもの。
全カット、彼らと差し向かいの充実した時間を過ごせたのでした。
まあ、全部自力開拓オリジナルポイントだったこともあるかもしれんのですが。
今回新規開拓なった2枚目の直線には、晴天時・午前の4連運用の撮影に、大きな期待が掛かります。
・・・今回は迂闊にも前パンタグラフの罠に嵌まりパンタ切れ寸前、トリミングを余儀なくされたのだがorz

投稿: gochi-zoh | 2009年5月 8日 (金) 23時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 琴電、345+230さよなら運転 | トップページ | 5/21、PENTAX新機種発表! »