« 今更ながらに、BESSA-T 101 Jhareに注目 | トップページ | L21D改に、Windows7をインストール »

2009年5月 9日 (土)

Super Wide Heliar 15mm、特売中!

立て続けに、COSINA Voigtlanderの話題。

6月末まで、「Voigtlander春の特別セール」という事で、
R2MにColor Skopar35mmのセット、R3MにNokton Classic 40mmのセットなどが、
いつもよりお安くお買い求め頂けます、という事なのですが、

その案内の下の方に、こんな一文も。

Color Skopar 28mm F3.5 silver
Nokton 50mm F1.5 black

Super Wide Heliar 15mm F4.5SL
の3本も、お安くなっております。

・・・へ?

・・・へ~!?

なぜに驚くのか、というと、
これらのレンズ、もうとっくに生産終了のはず・・・

つまりアレです、いわゆる一つの在庫処分、ってヤツですな(笑)

こんな名レンズが、在庫処分特化とは、いと悲しや・・・

しかも・・・、

そのSuper Wide Heliarは、Nikon Fマウントのじゃないですか!!

Ultra Wide Heliar 12mmと共に、
「Fマウントだけど、ミラーアップできるカメラじゃないと使えませんよ。
Fとか、F2とか、F3とかね。
それに、ピントは目測ですから~」
という、
鬼のように使い手とカメラを選ぶ名レンズ!(笑)

フジヤとマップでは、3万円台後半の値段がついていますよ。
欲しい方、いかがですか?
(28mmは2万円代半ば、50mmは3万円台後半のようです)

・・・で、ごっさんから、新しい使い方の提案。

今や、一眼もライブビューの時代。

ファインダーを封じてしまうこれらのレンズでも、
ちゃんとCCD(CMOS)に結像した画を見ながら、
ピントも露出も合わせられるようになります!

例えば、135判サイズのデジイチと言えばNikon D700。

もちろん、D700にはミラーアップの機能はないので、
買ってきたら、まずは分解してミラーを撤去しちゃいましょう!

そうすれば、Wide Heliarの12mmと15mmの他、
最初期Fマウントの名広角レンズ、2.1cm F4なんかも使えるようになりますよ!

・・・30万円ドブに捨てるのは勇気がいるかな(爆)

では、EOS 5D markIIを(以下略)

D700とEOS 5Dの魔改造は冗談として、
一番現実的な手段としては、マイクロフォーサーズ機にアダプタをかまして
(F→フォーサーズ→マイクロ、の2段重ねになりますが)、
という事も出来るかもですが、
折角の超広角の画角を生かせないのはね~。

ある意味で現実的な手段・・・、としては、
そろそろ世の中にゴロゴロと転がり始めている、
ジャンクのEOSボディ(もちろん銀塩)を買ってきて、
ミラーを取り外すなり、ガムテで固定するなりして、
無理矢理ミラーアップしちゃう、という事も出来ますかね。
これなら、数千円の出費で足りるでしょう。

うちのボロEOSちゃんでも出来るかしら。ウフフ。

・・・本格的に壊れてきたら試してみようかな(汗

でも、「本当に一番現実的な選択肢」は、
すっかり安くなってきたF4をゲットする、って事かな?
F4Sじゃないボディで、使い込んでボロボロだけど中身はピンピン、
ってのなら、3万もしないで売ってそうな感じ。

実はF4は、ごっさんがひそかに狙っているカメラであったりもしますが。

て事でみなさん、銘レンズ、Super Wide Heliarに愛の手を~

|

« 今更ながらに、BESSA-T 101 Jhareに注目 | トップページ | L21D改に、Windows7をインストール »

カメラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今更ながらに、BESSA-T 101 Jhareに注目 | トップページ | L21D改に、Windows7をインストール »