« 「1000円デイイデス~」 | トップページ | 目から鱗の日食写真 »

2009年7月22日 (水)

横濱のお菓子に柳原氏のイラスト

いつもパンを買うチェーン店の軒先に、
「ありあけ」というブランドのお菓子が置いてありました。
見ると、先日の『BRUTUS』のエントリーで話題になった、
「トリス、トリス」の柳原良平氏のイラスト入りじゃないですか。

ありあけ
(売ってたのは、「横濱ハーバー」と「黒船ハーバー」)

「横浜銘菓」という事でしたが、あいにくごっさんは全く存ぜず。

柳原氏のイラストが書いてなければ、目を向ける事も無かったであろう・・・、
と思ったら、そもそも、イラストが採用されたのは今年に入ってからのよう。
ヨコハマ経済新聞より

とりあえず、チョコ好きのごっさんは(笑)、
黒船ハーバーを買って帰ってみましたが、
しっとりと柔らかく、甘すぎず苦すぎず、
なかなか美味しかったです。

わざわざお取り寄せする程じゃないかもしれませんが、
目に止まった方は、どうぞ手に取ってみて下さい。

トリス、トリス。

|

« 「1000円デイイデス~」 | トップページ | 目から鱗の日食写真 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

@しんすけ様

酔って上機嫌なアンクルトリス、
しかし、下戸なごっさんには、
「えぇこんころもち」の気持ちが理解できないまま死んでいくんでしょうねぇ。
飲むと、頭痛か戻すか寝るかの三者択一・・・

@南東風様

多分、絵がコレじゃなかったら、
完全にスルーしていたと思います。
やっぱり、イメージの力は絶大ですね。

なんとなく、黒船の方よりはオリジナルの方が美味しいのでは・・・、
という気がしてきました(汗

投稿: ごっさん | 2009年7月23日 (木) 00時43分

こんばんわ。
ありあけのハーバーは横浜銘菓のあれですか・・・
柳原良平は亡父もファンでした。
図書もいくつか残っています。
あのウォーターラインのシンプルな絵、
今時の客船とは違うフネらしいシルエットが良いです。
「黒船ハーバー」探してみます。

投稿: 南東風 | 2009年7月23日 (木) 00時00分

氏は船や港に造詣が深く、イラストはもとより小説やミュージアムも手掛けています。
また各船会社より名誉船長の称号も贈られています。
そんなことから横浜、港、船などのキーワードから手掛けられたのでしょうね。

現在YouTubeで視られるのですが、トリスウイスキーのCF、
その中でも『酒場編』がなんともいえず・・・。
 夜道を歩くアンクルトリス、
 背中に哀愁が漂う。
 一軒のバーに入り、トリスを一杯、二杯、ダブルでもう一杯・・・。
 酔ってご機嫌で出て行くアンクルトリス。
 『男のサケ、トリス』

その静かなSEだけが流れるCF、上手く表現できないけど好きだったのになんとも怖かった思い出。

トリス、トリス

投稿: しんすけ | 2009年7月22日 (水) 01時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「1000円デイイデス~」 | トップページ | 目から鱗の日食写真 »