« 追悼・米谷美久氏を偲んで | トップページ | 人から人へ »

2009年8月 2日 (日)

XAで京王線&虹

久しぶりに髪を切りに行った7/19は、
XAの3号機にフィルムを詰めて試写も行いました。

もともと、ジャンク2台セットで買ったうちの1台である3号機は、
露出計が動かない状態でしたが、
直そうと思って分解したら何故か動くようになってしまいました。

試写してみた感じ、動き始めた露出計も特に問題はなさそう。
ただ、いろいろ実験している時に、
フィルム室のモルトを剥がしたところが1箇所あり、
そのせいか、光線引きしているカットがありました。
まぁ、その程度は予想された範疇なので問題なし。

090719_11
OLYMPUS XA
F.Zuiko 35mm F2.8
Konica Minolta Centuria Super 400
京王線 新宿駅
2009年7月19日

6000系が来たら良いなぁ、と思って、
新宿駅のホームでしばしウロウロしてましたが、
結局来てくれませんでした。

ホーム端の「○番線」が、行灯のようにポワ~ンとした柔らかい光を放ってました。
XAの最短撮影距離は85cmで、焦点距離35mmである事を考えれば
もっと寄って欲しいレンズですが、それでも、
解放で撮れば背景は綺麗にぼけてくれました。

090719_21
OLYMPUS XA
F.Zuiko 35mm F2.8
Konica Minolta Centuria Super 400
JR南武線 登戸駅
2009年7月19日

この日の東京地方は変な天気で、
局地的に強い雨が降ったり、やっぱり晴れたり、
って感じでした。
そのせいもあって、やたら綺麗な夕焼けが出たりしましたが、
目をひいたのは、この「二重の虹」でした。

ちょっと見にくいかもしれませんが、
太くてはっきりした虹のすぐ左に、もう1本の虹が見えます。

こうやって一面空で写真を撮ってみると、
結構周辺光量が不足する事がよく分かります。

2号機、3号機ともに動作に問題無い事が確認できました。
故・米谷美久氏の忘れ形見で、
1枚でも多くの写真を撮っていきたいと思います。

ピーカンでは、先日買ったPENTAXのPC35AFの方が
「好みの写り」をしてくれるんですが、
暗所では、上の京王の写真のような感じで、
むしろ深い色合いが出てXAの方がさまになります。
最近は、地下だの夜だのと暗いところで撮る機会多いので、
会社への行き帰りのカバンに忍ばせておくには、
やっぱりXAの方が都合がいいなぁ、と思っているごっさんです。

|

« 追悼・米谷美久氏を偲んで | トップページ | 人から人へ »

写真」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

鉄道(関東圏)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 追悼・米谷美久氏を偲んで | トップページ | 人から人へ »