« 207系900番代、二重橋前にて | トップページ | ガキドンで行列が出来ていたあの頃 »

2009年9月13日 (日)

Ai Nikkor 50mm F1.4、2100円、でもよく写る(多分)

オールドなAuto Nikkorが好きなごっさんとしては、
どうせ50mmを買うなら古いものを、と探し求めておったわけだが、
D80メインで使うとなると「Ai改」が必須条件。
そして、いかに安く、むしろバラして手入れする必要のあるもので、
完治する見込みのあるもの、なんて条件を挙げ始めると、
これが意外にないもんで。

先週、新宿の「中古カメラ市場」を覗いた時も探してみたんだが、
やはり、ジャンクコーナーにあるのは非Ai改。
と、すぐ横に、全く興味の無いAi Nikkor 50mm。
でも、値札を見ると「\2.100-」。

安さに負けて買ってしまいましたorz

・ヘリコイドがガチガチ(近接の方は全然回らなかったくらい)
・レンズに若干のカビ
・ゴミも比較的多数

絞りに粘り無しで快調、そして、なんといってもクモリなし。
これなら、完全レストアも問題なかろう、と思ったものの、
カビあり面をゴシゴシ拭いていたら、ちょっと拭き傷ついちゃったかも?
でも、写りには支障のない範囲内(多分)

ヘリコイドは、内側のメインのヘリコイドのみ、
アルコールで拭き取ったり爪楊枝で掻き出したりして清掃。
外側の方は、バラすと無限あわせが面倒になりそうなので放置。
おかげで、お世辞にもスムーズとはいえないヘリコイドの動き。
まぁ、すかすかよりはマシだろう(多分)

て事で、早速室内でチビを撮ってみた。
開放F1.4の薄いピント面だと、動き回るガキを撮るのは大変。
「ピント合わせるのが大変だからジッとしてて下さい」
なんて言って分かるわけがないんであって。
随分撮った割に、ビシッとピンが来た写真がない。こりゃたまらん。
素直に、次からは1絞りくらい絞って撮ってやらにゃいかんらしい。

\2.100-のNikkorを買った足で、やめればいいのに「マップカメラ」にも立ち寄り。
数ヶ月前の改装以来、ジャンクコーナーが無くなってしまい、
あまり巡る価値が無くなったからと足が遠のいていたんだが、
それを幸いにと、(つまり、何も買うものはないだろうと安心して)立ち寄ってみたんだが。

こういう時に限って、こういうのがあるんである。

OMマウントの、SIGMA UC ZOOM 28-70mm F3.5-4.5。
\1.000-なり。

マウントがOMってのが嬉しい。しかも、UC世代なので、非常にコンパクト。
PEN Fに(アダプタかまして)装着して使うのに最適。
やっぱ、同じUCとはいえ、28-105mmは微妙にデカイんである。

UC世代のSIGMAは塗装がZEN仕上げなので、
加水分解?してベタベタになったジャンクをよく見かける。
うちにあるのでも、28-105mm、21-35mm、400mmが「持病発症」している。

恐らく、それだけの理由のジャンク品で、レンズはとても綺麗だし、
絞りの粘りもない。ピントはスカスカ。これも理由っぽかったが、
これはどうも「生まれながら」の様子だった。

というのも、バラして驚いたんだが、
ヘリコイドが、金属製じゃなくて、AFレンズよろしくプラスチックなんである。

AFレンズだと、ヘリコイドに粘度を持たせる必要がないので、
プラスチック成型の簡易なネジで作られたヘリコイドで充分。
しかし、MFレンズでも同じ機構を用いるとは。
まぁ、すでにMF斜陽の時代に作られたレンズだから、
少しでも合理化しないと製造出来なかった、ってのは分かるんだが・・・

て事で、この簡易ヘリコイドには、粘度の高いグリスを軽く塗ってみた。
これで、多少は「スカスカ感」が薄れて、使いやすくなったと思う。

外装のベタベタは、アルコールでゴシゴシこすって落とす。
距離目盛りなんかは、さすがに拭くと落ちちゃうので、それ意外のところだけ。
それでも、だいぶ不快感はなくなる。

28-105mmと違い、ピントは45度くらい回るので、
MFでの使用感は全然いい。
28-105mmは、10度か20度くらいしか回らないので、
厳密にピント合わせようと思うと、なかなか辛いんである。

PEN Fの暗いファインダーで覗いてみても、
シャープでピントの山がよく分かる。これはいい写真が撮れそう。

というか、これは実は「懐かしい」レンズなんである。

初めて一眼レフを買った(買ってもらった)時、
EOS630の「Wズームセット」の標準レンズとしてついてきたのが、
SIGMAの28-70mmだったんである
(過去のエントリをみれば、その時代の写真もあります)。
当時は、まだUCではなく、ZENでも無かったから、
ひょっとすると光学系は変わってるのかもしれないが、
恐らく、基本的な光学性能は変わらないだろうと思うので、
懐かしい描写を楽しむ事が出来そうである。

|

« 207系900番代、二重橋前にて | トップページ | ガキドンで行列が出来ていたあの頃 »

カメラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 207系900番代、二重橋前にて | トップページ | ガキドンで行列が出来ていたあの頃 »