« SIGMAのカタログ、90年8月版 | トップページ | 千代田線の奇跡、207系再び! »

2009年9月27日 (日)

MAMIYA-6で撮った牟岐線

090920_07
MAMIYA-6 KII
Setagaya Koki SEKOR S. 7.5cm F3.5
Kodak EKTAR100
1/100秒 F8.0
牟岐線 地蔵橋-中田間
2009年9月20日

徳島帰省時に持って帰ったカメラは、
メインとしてMAMIYA-6 KII。
さすがにそれだけでは心許ないので、
バックアップとしてNIKON D80。
レンズは20mmと35mm、という布陣でした。

撮影に行く予定はなく、時間もないと思っていたら、
20日は兄の仕事が午後からという事で、
午前のうちに一緒に撮影に行ってきました。

当初の予定では、牟岐線に赤いキハ47が走るから、
という理由で地蔵橋に行ったんですが、
その列車は、いざ来てみると普通色キハ47の2連。

兄が「日曜減車とはなんじゃ~」と叫んでおりましたが、
先日、そのあたりの事情が徳新の記事に掲載されておりました。

高速無料化、交通各社に危機感 「徳島発」の政策に現実味(徳島新聞)

お目当ての列車は撮れませんでしたが、
いくつか撮った中のこの1枚は、
お初にお目にかかる「ホームエクスプレス阿南」号。

昔から幾度となく通ったこの地蔵橋近辺に、
ブローニーのスプリングカメラと、
デジタルな一眼レフを携えて再訪する事があろうなどとは、
かつて、EOS630にEF35-70mmをつけて撮っていたカメラ小僧には、
想像だにできない事でありました。

今回、2回目の使用となる、Kodakの最新ネガ「EKTAR100」。
世界最高の微粒子を謳っているだけに、
非常にきめが細かく、ブローニーではその良さが際立っている印象です。
ネガなので、割とラフに使えるし、
ブローニー用の常用フィルムとして使う事になりそうなフィルムであります。

なお、現像は、下北沢駅徒歩3分ほどのところにある
ヒロセフォトショップ」を常用する予定です。
コダックの現像処理なのでC-41純正のネガ現像で、
しかも、35mm、ブローニー(120)、共に1時間仕上げ。
ここに現像を頼んで、1時間の間に新宿に行ってカメラ屋を覗く、
という事もできます。
ヴィレッジヴァンガードに近いだけ合って、トイカメラユーザ志向なお店で、
気軽に利用できると思いますよ。

|

« SIGMAのカタログ、90年8月版 | トップページ | 千代田線の奇跡、207系再び! »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道(徳島)」カテゴリの記事

コメント

ブローニーはまだまだ元気です。
僕自身、今年が「中判元年」でしたが、
圧倒的な情報量と立体感は一度体感すると病み付きです。
腕が全然追い付いてないですが…
この近辺、右を向けばマンションだし、
勝浦川沿いは道路工事で景色変わってます。
昔ながらは、場所を選びますね。

投稿: ごっさん | 2009年9月29日 (火) 09時38分

ブローニー判なんて未だに売ってるんですね。さすがの描写です。
手前の用水路はコンクリートになっていますが
背景は昔のまま、記憶にある光景です。
あんまり変わってないので、なんかホッとします。

投稿: 南東風 | 2009年9月29日 (火) 00時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« SIGMAのカタログ、90年8月版 | トップページ | 千代田線の奇跡、207系再び! »