« Auto Nikkor礼賛 | トップページ | 「F5.6」 »

2009年10月21日 (水)

EFマウントのCOLOR SKOPARが出るそうです

F1010190

※写真はイメージです。
一応、ブツはホンモノですが、間違いなくイメージですww

近頃、COSINAは「MFなEFマウントのレンズ」に力を入れてますね。
Zeissのラインナップを順調に増やしていき、
そしてついにSLIIマウントにも参入。

ごっさんも愛用のCOLOR SKOPAR 20mmと、
SLレンズ時代からの銘玉、ULTRON 40mmの2本が登場です。

COLOR SKOPAR 20mm F3.5 SLII Aspherical
ULTRON 40mm F2 SLII Aspherical

カラスコは、当ブログの「隠れ?人気コンテンツ」で、
今日のEFマウント発表後、またまたアクセス数増で、
関心の高さが伺えます。

これまでに当ブログで公開した写真は、以下のエントリにあります。

帰ってまいりました(2009/09/23) ※徳島駅にて、朱色キハ40を
神田・街の灯と201系(2009/07/09) ※中央線201系を
Nikon F4S(2009/06/07) ※小田急で代々木上原付近を散策
桜木町を散策(2009/04/17)
Color-Skopar 20mm届いた~(2009/04/12) ※中野駅間で試写

また、ULTRON 40mmですが、
SLレンズの方を兄がもっており、過去、使わせてもらった事があります。
その時の写真もあります。

伊予大洲で四国色キハ65+キハ58を撮る(2008/09/26)

同じくULTRONで撮ったこんな写真もあります。
なんとなく既に公開済みだった気がしてましたが、全然そんな事はありませんでした。

Imgp081201
PENTAX *ist Ds
COSINA Voigtlander ULTRON 40mm F2 AL ASPHERICAL
1/250秒 F14 (ISO400)
JR土讃線 讃岐財田-黒川間
2007年5月2日

いずれのレンズも、非常にクリアな写りが印象的です。
シャープさに不足はなく、ボケも素直です。
個性的か、と問われると「?」かもしれませんが、
とても使いやすく、まさに「標準レンズ」「常用レンズ」に最適でしょう。
ついさっき、Auto Nikkorの個性を論じたばかりでは説得力に欠けますが(笑)

20mmについては、いくつか難点がありまして、まず、フードが使いにくいです。

40mmの方は、フードの先に、小サイズのキャップを付けられるので、
フードをつけたままでカバンに入れたり首から提げたりでき、
写すときはキャップをはずすだけでOK、という便利さですが、
20mmだと、キャップをはずし、フードをねじ込み・・・、
という手順が必要です。
これ、特にスナップでは致命的で、最近は、
フードは全く使っていません。

ぶっちゃけ、「ど逆光」でも問題ない描写です。

Dsc_234801

先月の帰省時、地蔵橋付近で撮影している時に撮った雲です。
充分すぎる程クリアに、破綻無く写っています。

フードをつける理由は、逆光によるゴーストやフレアの防止、
それらの影響によるコントラスト低下の阻止にあると思いますが、
なくても問題ないなら、フードの必然性自体が「?」になります。

まぁ、そうはいっても、フードをつけておきたいのは自然な欲求。
なんせ、PEN E-P1用の17mmに純正フードがないからと、
サードパーティから発売されるくらいですから、
フードは、とても重要な存在であります。

同じ20mmですと、ごっさんが*ist Dsの「キャップ代わり」につけている、
SMC PENTAX-DA 21mmは、フードは年中つけっぱなしで、
キャップはカブセ式となっていますので、一体感は抜群。
この機動性になれている事も、カラスコがイマイチと感じる要因ではあります。

そんなカラスコのフードですが、裏技として、
「フードをつけたまま、52mm径のキャップを装着する」事が出来ます。

どのキャップでも大丈夫なわけではなさそうですが、
手元で試してみると、PENTAXの52mm径のキャップだと、
フードをつけたまま、枠の中に押し込む事が出来ます。

ただ、フードの根本には(当然ながら)ネジは切り込まれていないので、
「キャップを押し込んでいる」だけに過ぎません。
ひょっとすると、簡単に取れるかもしれませんので、ご注意を。

さて、他にカラスコで気になる点は、

・(Fマウントだけの問題ですが)
絞り輪にストッパーが無い。
D80だと「絞りは固定」で使いたいので、
最小絞りから動かないよう、ストッパーが欲しい

・純正キャップがすぐに外れる。
カバンに放り込んでおき、出そうとしたらレンズ剥き出しで、
ベトッと指紋をつけた事もあります。

とまぁ、いろいろ書いてしまいましたが、描写はまったく文句のつけようがなく、
「D80のキャップ代わり」として欠かせない存在です。

・・・なんですが、最近どうも様子がおかしい。
∞にあわせてシャッター半押し(フォーカスエイド)すると、
合焦マークが、付いたり消えたり・・・
「合ってるような、合ってないような、合ってるような・・・」
と、カメラが言ってきます。
前までそんな事はなく、9月の帰省時から突然でした。
D80だけかと思ったら、F4Sでも症状変わらず。

うーん、まだ保証期間内だから、お店に持っていって調整してもらおうかな・・・

|

« Auto Nikkor礼賛 | トップページ | 「F5.6」 »

カメラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Auto Nikkor礼賛 | トップページ | 「F5.6」 »