« EFマウントのCOLOR SKOPARが出るそうです | トップページ | 415系とK60編成、南柏にて(2005年) »

2009年10月25日 (日)

「F5.6」

Imgp092601

近頃は本屋に立ち寄る事もないので、
まだ実際に手にとって見たことはないんですが、
先日、「F5.6」という雑誌が発売されたそうです。(エイ出版社)

写真を趣味とする人なら、
表題を目にしただけで「ニヤッ」とされるかもしれないですね。
うまい!、と湯飲みを落とし、小膝を叩いて笑いたいところです。

実際、F5.6というのは便利な絞りです。

F1.4~F4くらいだと、被写界深度が深くなるので、
ピント合わせが厳しくなるし、レンズの粗も目立ってくるかもしれない。

かといって、F8~F22と絞り込んでいけば、
深度が浅くて立体感が無くなり、像も甘くなっていく。

F5.6って、そういう意味では、とても凡庸。
何かを表現したいなら、もっと開けろ!もっと閉めろ!、
と言いたくなりますが、じゃあ現実にはどうかと言えば、
失敗するのが怖くなるので「じゃあ、F5.6」となりがち。
せいぜい、半絞りの誤差でF4.5~F6.7が、
ごっさんの「守備範囲」な気がします。

最近はでも、なるべく絞りを「開け放って」撮るように心がけています。
「レンズは、1~2絞り絞ると、一番画質がいい」というのは常識。
でもそれって、レンズの個性を隠す行為でもあります。
悪い面を隠す反面、「素」の状態を放棄する事にも繋がります。

時には、勇気を持って絞りを開け放ち、
多くの光を余すことなく撮像したいものです。

|

« EFマウントのCOLOR SKOPARが出るそうです | トップページ | 415系とK60編成、南柏にて(2005年) »

カメラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« EFマウントのCOLOR SKOPARが出るそうです | トップページ | 415系とK60編成、南柏にて(2005年) »