« 生田で小田急撮り(玉砕編) | トップページ | サジタルコマフレアの見本市?Auto Nikkor 55mm F1.2 »

2009年11月22日 (日)

Nikkor-H Auto 300mm F4.5

El_300mm

前回のエントリで試写を載せたこのレンズ。

先日、Y!オクで落としたものです。

そもそも、なにげにフラフラと見ていた時に、
たまたま、このレンズを見かけたのですが、
そう大して「これ、ゼッタイ欲しい!いくらでも出すので欲しい!」
とまで思っているレンズではありませんでした。
これまでも、フジヤカメラなどで何度かジャンクを見かけてきましたが、
ずっとスルーしてきたレンズでした。

今回出品されていたレンズは、
間もなく入札完了、って時点でまだ入札1件。
ほぼ開始価格4000円のまま。
そして、写真をみる限り、絞りはAi改なのでD80にも使える。

終了直前で値段上がっていくだろう、と思い、
安めの値段でダメモトで入札しておきました。

で、後から「そろそろ終わったかな?」と確認してみると、
あれあれ、自分が最高額で落札しとるでないの・・・
そんな馬鹿な、の4100円での落札でした。
近頃は競り負ける事が多かったので、
あまりにあっけない落札劇でした。

で、届いたレンズを見てみると、
あちゃぁ、後玉の裏側が曇っております。

近頃は、カビや絞り不調、ヘリコイド不調程度では驚かないごっさんですが、
「クモリ」「バルサム剥がれ」だけはどうしようもない事が多いので、
手を出さないようにしています。
当然、手にとってブツを見るときは、クモリの有無を、
購入する・しないの最大のポイントとしております。

今回はまぁ、Ai改の絞りが手に入るだけでも御の字かな-、
いざとなりゃ、後で別の非Ai改の良品ジャンクをゲットしてきて、
ニコイチにしてもいいや、という気分で入札したので、
そんなにショックを受けるほどでもなかったですが、
見た目が割と綺麗で、他の玉に関しては非常に美しい状態だっただけに、
このクモリさえなけりゃなー、という感じで惜しい気分でした。

って事で、どうせダメモトだからいいや、と思い、
禁断の「レンズ研磨」に挑戦してみる事にしました。

レンズの研磨には、酸化セリウムを使うのが常套手段であり、
最も入手しやすいのは車の油膜取り剤である、
という事は分かっておりましたので、近所のオートバックスに行き、
レンズ研磨の定番アイテムと化している「キイロビン」を買ってきました。

研磨する上で大事な事は、とにもかくにも「削りすぎない」事と、
「球面を維持し、光軸がおかしくならないようにする」事。

研磨は時間がかかるし手が痛くなるので、
電動でやってしまう方も多いそうですが、
特に急ぐわけでもないし、まずは、手でゴシゴシ磨いて、
レンズ研磨はどういうものかをしっかり体感しておかなきゃと思い、
キイロビンに付属していた、ごく普通のスポンジを小さく切った上、
レンズを机上に固定した上、指でチマチマと磨いてみました。

このペースだと、1時間以上はゴシゴシやらないといけませんが、
それでも、クモリは少しずつ落ちてきまして、
だいぶクリアになってきたかな、という時点でストップ。
あまり綺麗に磨きすぎても、球面が変化して、
解像度自体に影響が出てきそうなので、
まだちょっとクモリ残っているかな?程度で留めてみる事にしました。

結果は前日のエントリの通り。
ちょっとコントラストが低い気がしますし、
また、4000系のLEDヘッドライトをまともに受けるとフレアが出るなど、
完璧って程でもないですが、まずは充分写真が撮れる状態になりました。

なかなか手間暇が掛かり、リスキーな修繕ではありますが、
まずはうまくいったかな、って感じです。

他に、絞りレバーが曲がっていて動作がおかしくなっていたので、
こちらも修繕(って、ペンチでグイって曲げたわけだけど。ちと乱暴?)

前々から、デカくていつも持ち歩くわけにはいかないサンニッパのサブ機として、
それなりに手頃な大きさの300mm単焦点が欲しかったのですが
(これを、「サンニッパ補完計画」と呼ぶ?)、
折角だから、僕の好きなAuto Nikkorで・・・、と思っていたので、
Nikkor-Hを安く買えて良かった、と思っています。

もちろん、AiのEDの方が、より小さくてよりいい描写なのは、
あまりにわかりきっていたのですが、
そもそも趣味の世界なので、描写力ばかり追求しても・・・、
と思っているごっさん。
むしろ、この、いかにもAuto Nikkor時代の意匠、ってデザイン、
なかなかうっとりしてしまいます。

うーん、ちと病気か?(笑)

|

« 生田で小田急撮り(玉砕編) | トップページ | サジタルコマフレアの見本市?Auto Nikkor 55mm F1.2 »

カメラ」カテゴリの記事

コメント

640MB様

コメントありがとうございました。

江戸川付近は、よく103系撮りに行きました。
金町で降りて、思い機材担いで橋を渡り、
快速線と緩行線が交差するあたりを撮ってました。
それも懐かしい思い出になっております。

うちのチビは、2ヶ月過ぎるまでは実家に里帰りしてましたので、
むしろ「独身貴族」を謳歌していた頃です(笑)
大変なのに幸せという、人生であまり経験のない日々を過ごしています。
今日もよく泣いてました~(泣笑

投稿: ごっさん | 2009年12月25日 (金) 00時47分

ごっさんさん、ブログ拝見させて頂きました。
ごっさんさんは以前西新井に住んでおられたのですね。
私は去年結婚して川崎市に引っ越すまで西新井からそれほど遠くない、亀有に7年ほど住んでおりました、最近やっと川崎市に住み慣れてきたという感じです。
川崎市も住みやすくて良いですが、足立区や葛飾区の下町の雰囲気も個人的には好きです。

「四色の電車」@「太陽にほえろ!」の103系の写真、懐かしいです。
江戸川の鉄橋近くに住んでいたので103系がモーターを唸らせながら走行するようすをよく見てました。

子供ですが、生まれてまだ一ヶ月半です。
起きている時は母乳を飲んでいるか泣いているかで、なかなか一人で静かに居てくれません…。寝ている時は可愛いですが、起きている時は小悪魔という感じです。

これからもごっさんさんのブログ読ませていただきますのでよろしくお願いいたします。

投稿: 640MB | 2009年12月24日 (木) 08時40分

640MB様

長々としたコメントで失礼しました。

確かな写り、という事ならAi EDは鉄板なので安心でしょう。
一方、所有欲?をかき立てられるのはAuto-Hの方かもしれません。
「置物」とは、なかなか風流でよろしいかと思います(笑)

まだ、この生田で写した時しか使えていないので、
このレンズのちゃんとした特性を把握しきれているとはいえません。
いろんな条件で試していきたいと思っています。

僕も、チビがまだ10ヶ月なので、あまり撮影に行けておりません。
おかげで、「撮影に行きたい!」という気持ちがブツに向いてしまうので、
手元にいろいろガラクタが増えてきてしまうのですが・・・
この冬休みは、どこか写しに行きたいと思っています。

投稿: ごっさん | 2009年12月23日 (水) 01時26分

ごっさんさん、早速のお返事ありがとうございます!

Ai ED 300mmがお勧めという事でこちらの中古を探してみたいと思っています。
ニコンFEでも使用予定なのでこちらのレンズの方がよいかもしれません(Nikkor-H Auto 300mm F4.5の場合だとAi改のものを探さなければいけませんし…)。
でもこのNikkor-H Auto 300mm F4.5の外観も気に入っているのでもしジャンクで安く売っていたら置物として買ってしまうかもしれません。

登戸付近は良く写真撮りに行ってました、最近は育児で忙しい為、ほとんど写真を撮りに外へ行けませんが…。weep

本当にありがとうございました!

投稿: 640MB | 2009年12月22日 (火) 13時58分

@640MB様

コメントありがとうございました。

このAuto Nikkorですが、
なかなか「オススメできる」とも「できない」とも言い難いところです。

エントリに書いた通り、バラしてレンズ研磨しているので、
この描写が、どこまで「本来」の写りなのか、よく分かりません。
もっとシャープかもしれませんし、
逆にもっとシャープになってたりして?(まず無い話しですが)

ただ、1つ言えるのは、中古で見かけるこのレンズ、
割と「曇り玉」の確率が高そうです。
そういう意味では、リスキーなレンズだと思います。

どういう描写がお好みか分からないですが、
安くていい写り、という事であれば、
以前、こちらのエントリで紹介したAi EDの300mmの方が、
より安定した写りをしているのでオススメできます。

http://gossan.cocolog-nifty.com/blog/2008/07/nikon_d80ed300m_6bba.html

状態の善し悪し(外装が綺麗かどうか)を気にしなければ、
福沢先生でお釣りがくる値段で買うことができます。
このレンズも、確か9500円くらいで買いました。
Auto Nikkorよりも小型で、より高い描写力です。

それを知っていてAuto Nikkorにした理由は、
エントリにも書きましたが、既にサンニッパを持っていたからです。
確実なターゲットがある時じゃないと、なかなか持ち出せませんので
(実質、他のレンズを持って行けないので・・・)

また、そもそもAuto Nikkorが好きだったから、
という理由もあります。
Ai以降のレンズの方がより確かな描写でカチッと写りますが、
あえて、そうじゃないものを選びました。
むしろ、更に古い「Nikkor Auto-P」にしたかった、
と思っているくらいです。

もし、サンニッパを持っていなければ、
Ai EDの方を迷わず購入していただろうと思います。

また、Ai世代でEDじゃない300mmの方は、
このAuto Nikkorと同じ光学系でマルチコート化されているので、
似た描写ながらより逆光に強いなど、基本性能が上がっているはずです。

とはいえ、640MB様も、既にZoom Nikkorをお持ちとのこと。
あえて古いAuto Nikkorを選ぶのも、酔狂(笑)でいいかもしれません。

なお、敢えて触れるまでもない事だと思いますが、
FEなどで撮影されるなら、「Ai改造」されてて「豚っ鼻」化されたものをお選び下さい。

リンク先の写真、拝見しました。
登戸で撮影された写真ありましたね。
うちの近所です。
僕も、こんな素敵な写真を撮れるようになりたいです。
今更手遅れかしら(汗

投稿: ごっさん | 2009年12月22日 (火) 11時36分

ごっさんさん、初めまして。

今このレンズを購入しようか思案中です。

300ミリクラスですと、ズームですがAF-S VR Zoom-Nikkor ED 70-300mm F4.5-5.6Gを持っていましてこのレンズの描写には満足しているのですが、やはり単焦点レンズも持ってみたいと思っているのです。金欠なので比較的安いこのレンズはどうかなと思っています。

このレンズで試写された生田駅付近で撮られた写真拝見しました。
開放で撮られたとの事ですが、確かにあまりボケでないですが私にとっては許容範囲内です。
絞りを絞った場合はかなりシャープになるのでしょうか?


ちなみに私、この写真が撮られた生田駅付近に住んでいます train

投稿: 640MB | 2009年12月22日 (火) 08時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 生田で小田急撮り(玉砕編) | トップページ | サジタルコマフレアの見本市?Auto Nikkor 55mm F1.2 »