« まことさんと言えば、音やん | トップページ | 1969年東四国・去りゆくSLの貴重な記録と、41年目の奇跡 »

2010年2月20日 (土)

東武西新井工場と、モニ1473

「西新井で再開発やってるんですね」
と会社のアシスタントに言われたのは昨日の話し。
「いや、再開発はとっくに終わっとるよ。あそこは昔、日清紡の工場が・・・」
なんて答えてたら、どうも、それとは違う再開発だったよう。

久しぶりに乗った副都心線の吊り広告に、西新井の文字。
あん?、と思ってよく見ると、
あ!、ここは、東武西新井工場の跡地ではないか!

そういや、あそこは再開発で更地になっておりました。
で、土壌汚染だかなんだかで開発が遅れていたような。
不動産バブルがとっくにはじけてからの分譲になったようです。

リライズガーデン西新井

なんだか、階段状の建物でオシャレじゃないですか。
そういや、久しく西新井に行ってないな。
どんな景色になってんだろう・・・

これまでのエントリでちょこちょこと書いていますが、
今住んでいる家に越してくるまでは、
西新井に住んでおりました。
03年の春から、06年の秋までの、約3年半ほど。

初めて西新井に降り立った当時は、
まだ西新井工場はバリバリに稼働してまして、
日清紡の工場は、もう操業はやめてましたが、
かろうじて建物は残っていたような。

その後、日清紡の方は先に更地になり、
道路の区画が整理され、
建物が建ち始め、いよいよその全貌が明らかに・・・、
って頃に引っ越してしまいました。
その後、久しぶりに西新井に行ってみた時、
あまりの町の変貌振りに、
「都会の再開発って、恐ろしいなぁ。」
と驚いてしまいました。

西新井工場の方は、しばらく稼働してましたが、
ある日、まったく電車がいないのに気づいて「?」

しばらくすると、踏切やレールが撤去され始めて「!」

気づいた時には、工場機能は南栗橋に移転していたのでした。

はっ!って事は、あのモニ1473は・・・

これも、解体されてしまっていたわけですね・・・

鉄道記念物級の貴重な車両と思ったんですが、
いざ不要となると、あっけなく解体されてしまうもんですね。

Dsc00043

当時、買ったばかりの「SO505i」にて撮影。
ついにケータイもメガピクセル(死語)に!、
と騒がれた頃の話しです。
とりあえず、今でも、ブログに上げる程度の画質には耐えるものです。

とはいえ、EOSでちゃんと撮っておけば良かった・・・、
という自責の念が消えることはありません。

ところで、このモニ1473の兄弟車であるモニ1471は、
なぜか、東武からJR貨物に譲渡され、
どうも、構内入れ替え用に使おうとしていたようです。

結局は使われる事なく、こちらも、あっけなく解体されてしまいました。

基本的に、シルヘッダーが目立つ旧型国電好きなごっさんとしては、
こういう電車こそ保存して欲しいもんだなぁ、と思うんであります。

1471の方は2008年に入ってから解体されたようですが、
鉄博に搬入して構内運転でもすれば、
意外と受けて喜ばれたんじゃないか、と思うんですけどねぇ・・・

|

« まことさんと言えば、音やん | トップページ | 1969年東四国・去りゆくSLの貴重な記録と、41年目の奇跡 »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道(関東圏)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« まことさんと言えば、音やん | トップページ | 1969年東四国・去りゆくSLの貴重な記録と、41年目の奇跡 »