« 東武西新井工場と、モニ1473 | トップページ | K-7 Limited Silver »

2010年2月22日 (月)

1969年東四国・去りゆくSLの貴重な記録と、41年目の奇跡

今回は、自分の写真ではなく、他ブログの紹介ですが、
その奇跡的な内容には驚くばかりです。

いつもコメントを寄せて頂いている、
南東風様のブログ「徳島鉄道風景」では、
1960年代末、無煙化直前の徳島において、
SLを撮影された多くの写真が公開されています。

僕は77年の生まれで、幼少の頃は牟岐線沿線(二軒屋-地蔵橋間、
今だとその間に文化の森駅があります)で育ちました。

そのわずか数年前、まだ家がポツポツとしか建っていない牟岐線沿線を、
C11やC58などが、客車や貨車を牽引して走る様子を、
これだけ多くの写真で見たことはなかったので、
始めて拝見した時は大層驚き、感動したものです。

その南東風様のブログに来客されたのは銀河鉄道様。
ブログ「鉄道と旅,1970s」を執筆されています。

1969年夏に、東四国を旅行された時の記録を、
ブログに集中的に取り上げてらっしゃいますが、
そこに掲載されている写真のクオリティの高い事!
その上、なんと8mm!とテレコ!まで持参されていたそうで、
映像と音声をミックスしたムービーまでアップされています!

四国のSLを追って (1) 牟岐線地蔵橋駅/1969年7月25日
四国のSLを追って (2) 徳島線/1969年7月26日
四国のSLを追って (3) 地蔵橋から小松島へ/1969年7月28日
四国のSLを追って (4) 高徳線大坂峠/1969年7月28-29日
四国のSLを追って (5) 牟岐線/1969年8月1日-3日
四国のSLを追って (6) 徳島駅ではたらく78680/1969年8月2日
四国のSLを追って (7) 大坂峠にもう一度/1969年8月2日

生まれ育った牟岐線を、白や黒の煙を吐きながら走っていく客車や貨車。
写真で見る以上に、映像として目の前に現れると、
やはり「現実感」が違います。
撮り慣れたあの場所を、C12や8620が走っていく・・・、
しかも、茶色い客車や、黒い貨車を引っ張って・・・、
ほとんど、夢か幻を見ているようです。

さて、それだけでもスゴイというのに、
南東風様は、銀河鉄道様のブログの写真を見て、
「これと同じ日に撮影した写真はないか?」を探されたそうです。

そしたら!次々と出てきた、というのです。
同じ日に、同じ列車(車両)を撮った写真が!!

1969年7月繋がり (徳島鉄道風景)

「同じ日に何をしていたか」が分かるだけでも、充分にすごい事です。

それがまさか、同じ日に、同じ路線で、同じ機関車が引っ張る列車を、
同じ沿線の違う場所で撮影されていた、
そして、はるか41年の時を経て、こうしてブログ上で判明する。

それがまだ、幹線である東海道線上で、という事なら、
まだあり得る話しと思いますが、
これは、鉄道を撮る人間自体をあまり見かけない東四国の、
高徳本線や牟岐線というローカル線の出来事である、
という事が、大変な奇跡なのです。

・1969年7月25日、C58 351の貨物、板野と吉成(ニアミス!)

・同日、地蔵橋でC11 31(ほぼ同じ場所!ただこれは時間帯が違う)

・翌26日、やはりC11 31(場所、時間帯共に違うが同じC11)

・同日、C58 110(おそらく、それぞれ徳島行きと徳島発)

・7月28日、C58 333(高松行き貨物、同じ列車?)

これだけ、同じ機関車が、
別の角度から、違う形で記録されていたのです。

最近、鉄道写真趣味は後ろめたい事が多いですが、
この奇跡には大変驚き、感動を覚えました。

ネットでは、どうしても現代の鉄道写真を目にする機会が多いですが、
たまにはこうして、遙か40年を超えた時空の出会いを目の当たりにしてみるのも、
なかなか良い物だと思います!

|

« 東武西新井工場と、モニ1473 | トップページ | K-7 Limited Silver »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道(徳島)」カテゴリの記事

コメント

最近は鉄関係でろくな話題がなかったので、
これは久しぶりに興奮しましたよ。

投稿: ごっさん | 2010年2月24日 (水) 00時11分

感動した~~

投稿: 金長狸 | 2010年2月23日 (火) 22時40分

構内の貨物入れ替え、懐かしいですね。
僕も、中でよく見てました。
車掌車に引かれそうになった覚えも(笑)
柵も何もなくて、入りたい放題、
いたところで咎められる事もなし。
そこでハチロクが入れ替えやってるなんて、夢の世界ですよ。
ほんと、いい物を見させて頂きました。
これが、伯備線やニセコなら、他にいくらでもありそうですが、
徳島で、というのが価値があります。
「オンリー・ツー」なわけですから。

投稿: ごっさん | 2010年2月23日 (火) 09時30分

いやはや、ごっさん様の仰るとおりです。
銀河鉄道様は最新の記事で徳島駅での入れ換え風景を載せられています。
しかも今回も動画付き。
短い汽笛の後、急発進そしてブレーキをロックさせて軋む音。
音だけでも懐かしさでいっぱいになりますが動画あるんです。
普通、この時代に入れ換え風景なんて動画に撮ってるなんて初めて観ました。
それにしても
ごっさん様の連携の上手さにも感謝です。

投稿: 南東風 | 2010年2月22日 (月) 23時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東武西新井工場と、モニ1473 | トップページ | K-7 Limited Silver »