« 目黒と言えば、秋刀魚より桜? | トップページ | まるで昭和~新橋篇 »

2010年4月 8日 (木)

まるで昭和~神田篇

100326_06

100326_08
(いずれも)
Canon VL
Canon Lens 50mm F1.8
1/15秒 F2.8 (ISO1600)
Fuji NEOPAN Super Presto 1600
JR中央線他 神田駅付近
2010年3月26日

昭和のカメラ。

昭和のレンズ。

フィルムも昭和。

これで、写ってるものまで約95%は昭和とくりゃ、
もうこれは昭和にタイムスリップして撮った、
と断言しても間違いはないのです。
ただ、約5%の「平成」が、
見る者の感性を、現実世界まで引きずり戻してくれます。

前にも書いたと思いますが、
カメラに白黒フィルムを入れて撮影すると、
不思議と、いつもと違う構図を狙うようになるのです。

理屈で言えば、デジタルで撮る時も、
白黒モードに切り替えたり、
Photoshopで色情報を落とせば白黒になるはずですが、
そういう心持ちだと、こういう写真にはならなかったりします。

ファインダーを覗くと景色が白黒になるから・・・、
なんて世迷い言は言いませんが、
少なくとも識域下では、理屈にはならない感覚がうごめいているようです。

加えて、レンジファインダーのカメラです。
古びたファインダーから見える景色は、
一眼のそれほど現実的ではありません。
微妙に構図がずれ、斜めになる。
どうにか焦点は合ってるのかもしれない、という、
心細いながらも心強い距離計式のファインダー。
少しは、ライカが手放せない人の気持ちを理解できた気がします。

この日は、この後雨が降り出したので、
途中で撮影を諦め、後日、
今度は新橋で「昭和」を狙ったのですが、
それはまた次回、という事で。

今回、初めて「NEOPAN SUPER PRESTO」を使いました。

ハイライトでは多少の粗はあるものの、
言われてみなけりゃ1600とは分からないレベルの写りです。
そもそも夜は世界自体が白黒みたいなもんなので、
夜景撮りの常用に使えると思います。

が、個人的には、もっとザラッとした方が、
白黒って感じがしていいなぁ、とも思います。
いずれトライXを2倍増感で撮ってみて、
どっちが感性に合うか、試してみたいです。

|

« 目黒と言えば、秋刀魚より桜? | トップページ | まるで昭和~新橋篇 »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道(関東圏)」カテゴリの記事

コメント

そういえば、VLの写真を公開したのは初めてでしたね。
ご覧の通り、快調そのものです。
夜景撮るようになって、1/10秒前後が当たり前になってきました。
なんとか、50mmまでなら、ブレずに撮れてます。
白黒は、年々ラインナップ縮小されてますから、
撮るなら今のうちみたいです。

投稿: ごっさん | 2010年4月 9日 (金) 20時49分

ついに出ましたね、キャノンVL。
未だトライXとか白黒フィルムが売られているとは知りませんでした。
なにより凄いのは1/15で手持ちと思われるんですがピタッと止まっていることです。
動いているものを流す分には言い訳も出来ますが
風景を普通に撮る方がかえって難しいのでは。

投稿: 南東風 | 2010年4月 9日 (金) 12時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 目黒と言えば、秋刀魚より桜? | トップページ | まるで昭和~新橋篇 »