« 都心の踏切~代々木駅付近にて | トップページ | 市ヶ谷の夜桜 »

2010年4月14日 (水)

まだあった!三菱のフィルム!

「まだある」、という本があります。

昭和を思い出させる、懐かしい玩具や駄菓子など、
もうとっくに過去のものになってるだろうな、というものが、
実はまだ作られていて、買うことができる。
そんなものを、これでもか、と集めて、紹介している本です。

そんな、「まだある!」に遭遇してしまいました。
もうとっくに無くなっていたと思っていた、
三菱のフィルムが、まだ売られていたのです!

Imgp0762

もはやコニカ(コニカミノルタ)のフィルムが失われ、
後はKodakとフジしか(現実的な)選択肢がない昨今、
元々マイナーな存在であった三菱のフィルムの「新品」が、
今、目の前にある、この驚き・・・!

このフィルムを見つけたきっかけは、
海外のフィルムを輸入販売している、
以下のサイトを見つけた事から始まります。

みらいフィルムズ

不死鳥の如く蘇ったAGFAをはじめ、
中国国営会社製の「ラッキー」、
イタリアの「フェラニア」など、
トイカメラの世界では知られたフィルムが多くラインナップされています。

その中に、三菱のネガも含まれていたのです!

三菱 super MX 100
三菱 super MX 200

目を疑う、とはこのことで、
てっきり、大昔のフィルムの期限切れ品かと思ったら、
2010年とか2012年なんて期限らしく、
ごくごく最近生産されたもののようです。

しかも、フィルム箱には「Made in Japan」の文字が!

まさか、まだ三菱は細々と自社生産している・・・?

それとも、今はフジにOEM委託してるんでしょうか。

一応、印画紙レベルでは提携関係にありますが

販売元は、数多い三菱グループの中の「三菱製紙」。

でも、日本語のサイトには情報ありません。

英語のサイトを丹念にさぐってみると、
ちゃんと、フォトイメージ関連商品の中に、フィルムも入っておりました。

Mitsubishi Color Film

おかしな事に、このサイトでは「MXII」と書かれており、
ごく最近マイナーチェンジされたのかな?、と臭わせてくれます。

今回は、ISO200で36枚撮りの5本パックを購入しましたが、
フィルム代金1,550円に、定形外の240円を含めて1,790円。
1本あたり、送料入れても360円ですから、かなりお買い得!

もし、これが「コニカの代替」になりそうなものなら、
10本パックでまとめ買いしてもいいかも、と思い始めています。

実は、三菱のフィルムを、過去に2回、使った事があります。

1回は、高校の部活の遠征先で撮った記念写真ですが、
もう1本は、徳島線の特急「剣山」の発車式の模様を撮影しておりました。

折角なので、その時の写真を。

960316_05
Canon EOS5
EF35-70mm F3.5-4.5
三菱 MX 400
JR徳島駅構内
1996年3月16日

今日からデビューの「剣山」発車式、テープカットです。
右から3番目の人は、後に、収賄でシャバに行ってしまいます(汗

960316_07nega

違うコマを、パーフォレーションごとスキャンしてみました。

頭上に、誇らしげな「ダイヤモンド」のマークが見えます。

この時から、三菱のフィルムは「MX」を名乗っておりました。
今回購入したのもMX。
歴史と伝統を感じます。

でも、ネットには、ほとんど情報がありません。

ある情報はいくらでもあるのに、無い情報は皆目無い。
それが、ネットってもんかもしれません。

しかしこれは、かなりワクワクドキドキなフィルムです。
ISOが200では夜間撮影とは参りませんので、
昼間の撮影が今から非常に楽しみです。

|

« 都心の踏切~代々木駅付近にて | トップページ | 市ヶ谷の夜桜 »

カメラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 都心の踏切~代々木駅付近にて | トップページ | 市ヶ谷の夜桜 »