« 夜の代々木八幡にて(跨線橋から) | トップページ | 鳥さん、お名前は? »

2010年6月12日 (土)

【覚書】DELL Inspiron 1150の冷却ファン回りを清掃

カミサンの実家で使っている「DELL Inspiron 1150」が、
ものすごく熱くなってシャットダウンする、という話しで、
うちに救急搬送されてきました。

症状から察するに、冷却系がうまく機能していない、
すなわちファンの故障かホコリの詰まりだろう、
と思ってオペを実施、原因は後者につき清掃。
処置完了にて復帰の模様。

って事で、折角なのでファン部分までの辿り着き方について。

※PCが不調になる、あるいは故障になる原因、第一の要因として
「ファンにホコリがたまって排熱できず」
が非常に多いようです。経験則的に。

ファンがホコリを吸う→溜まってくる→冷却し辛くなる
→ファンの回転数が上がる(うるさくなってきます)
→ファンが回らなくなる(ホコリの詰まり、ないし故障)
→ますます熱くなり、シャットダウンするようになる
→OSのシステムがダメージを受けたり、HDDが異常終了の影響で故障したりする
→OS起動しなくなる。最悪、HDD壊れてデータ読めなくなる。

という顛末を踏むことになります。

PC回りはなるべくゴミを出さないようにしたり、
こまめに掃除したりするようにしましょう。

Imgp0897

(1)液晶は、ほぼ全開にしておきます。

キーボード右上の溝(青丸)にマイナスドライバを突っ込み、
上に持ち上げると外れます。

赤丸辺り(詳細失念。確か3,4箇所程度)に爪があるので、
向かって奥の方を持ち上げつつ外していきます。

Imgp0896

(2)赤丸4箇所のネジを外すと、キーボードが外れます。
ただし、本体と繋がっている配線が裏側にあるので気をつけましょう。

Imgp0895

(3)キーボードと本体は、フィルム基板で繋がっています。
黒いコネクタ部分の左右からマイナスドライバで少し持ち上げて緩めると、
後は指でつまみ上げて外せます。

Imgp0892

外れました。

Imgp0890

(4)右半分の金属板は、赤い丸のネジ1箇所で取り付けられています。
青丸2つの爪で本体に引っかかっているので、
やはり、向かって奥の方を少し持ち上げていく感じで。

Imgp0888

(5)冷却ファンを外します。(赤丸3箇所)
電線を止めている金具も取っておきます(青丸)

Imgp0884

(6)外れました。ファンについたホコリも掃除します。

Imgp0886

(7)奥に銅のフィンが見えます
(分解しなくても、本体後方から見えます)。
既にホコリを除去した後の写真ですが、
当初は、内部からフィンが見えませんでした。
大量のホコリが詰まってましたので除去し、
軽く掃除機をかけました。

この銅のフィンは、
直接CPUと繋がっており(2本の銅のエギゾーストにて)、
ファンから送られた風が当たって冷却される事で、
CPUの排熱を外に逃がす仕組みです。

よって、ホコリが溜まって風が通らなくなると、
フィンが冷えないのでCPUも冷えない、そして熱暴走。

冬場はしかし、室温自体が涼しかったりするので、
意外と問題がなかったりします。
これからの季節が大変です。
突然PCが不調になった場合は、
排熱処理部分をチェックしてみましょう。

|

« 夜の代々木八幡にて(跨線橋から) | トップページ | 鳥さん、お名前は? »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

たくろう様

コメントありがとうございました。

別のエントリに書いたのですが、
このノートはその後実家から戻ってきて、
予備PCとして使用しておりましたが、
先日、CPUをCeleronからPentium4に換装しました。
その後も、特に不具合起こすことなく、
今このコメントも、Inspironから書いております。

PCの調子が悪くなる原因は、意外と単純なことだったりします。
お役立てできて何よりです。

投稿: ごっさん | 2013年1月26日 (土) 22時42分

自分のマシンも、熱暴走で電源オフが多かったのできっと同じ原因だと。記事とても参考になりました。ありがとうございます。

投稿: たくろう | 2013年1月26日 (土) 22時14分

体験的に、一番たちが悪いのはウサコかな。
抜ける量が半端なく、
細さ、軽さもワンニャンの比じゃない。
知り合いのPC全部バラして大掃除したのに、
1年とたたずに元通り。

投稿: ごっさん | 2010年6月12日 (土) 13時45分

あるあるw

ウチは、あろうことか
同じ原因でメインサーバー機が排熱不良に陥り、動作不安定となったことがある。

原因はなんと「へーくんの毛」www
ネコの毛をコアにして、そこに一般的な繊維状の埃が堆積するという仕掛け。
親父が無職だった冬の間、冬の強風期間のお約束「部屋のホコリ飛ばし」を
ろくすっぽ出来ていなかったのが敗因かと。

Athlon X2が焼き鳥にならなくて助かったぜ・・・orz

投稿: gochi-zoh | 2010年6月12日 (土) 12時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夜の代々木八幡にて(跨線橋から) | トップページ | 鳥さん、お名前は? »