« 201系H7編成、中野にて | トップページ | 201系H7編成、夜の御茶ノ水にて »

2010年7月 7日 (水)

201系H7編成、四ツ谷駅構内にて

100624_11_201
Canon A-1
New FD80-200mm F4L (135mm)
1/250秒 F5.6
Konica-Minolta Centuria Super 400
JR中央線 四ツ谷駅
2010年6月24日

西国中野と撮った後は、四ツ谷へ移動。

まずは四ツ谷-信濃町間の跨線橋で撮影、
これはEOS D60によるもので、既に紹介しました通り。

これで、東京駅から戻ってくる201系を撮ったところで、
本日の撮影は終了かな、という事で(早めに帰らないといけなかったので)、
足早に四ツ谷駅へ帰投。
となりの市ヶ谷にでも行って撮り収めると思って、
総武線のホームへと階段を下りていきますと・・・

「ん?これ、撮れんじゃね?」

その階段の途中から見る中央線の感じが、なかなか良い具合。

「似た写真は撮らない」のが心情のごっさん(ただのひねくれもの、とも)、
伝家の宝刀・80-200/4Lを装着し、H7編成を待ちます。

で、まず最初に撮ったのが、さっきの写真。
まさに、四ツ谷駅へ滑り込んでこよう、というところ。

その後は、駅で停まっているところを「ポートレート」撮り。

100624_13_201
Canon A-1
New FD80-200mm F4L (約120mm)
1/250秒 F5.6
Konica-Minolta Centuria Super 400
JR中央線 四ツ谷駅
2010年6月24日
※一部画像を加工しております。

日頃、けったいな?写真ばっかり撮っているので、
この手のポートレートを、駅構内で撮るのは久しぶり。

でも、あまり見ない構図じゃないですか?
なんて、少しでも手柄にしようとしているw

しかし、懺悔もあり。

この構図で撮るには、
階段の途中の、端の方で構えないといけない。
で、ファインダー覗きながら「ああでもない、こうでもない」
と構図を決めていたのですが、
ふとカメラを下ろすと、おじいさんが手すりを頼りに降りてくる。
いや、もう既に、自分の立っている場所より下段にいたので、
どうも、僕がいた所は手すりから手を離して避けてくれたらしい。

ごめんなさい。無我夢中で気づきませんでした。

構内撮りでは、回りの様子を逐一把握しておかねばなりません。
自分は「影」か「柱」か「壁」であって、何人たりとも邪魔立てするわけにはいきません。

と、いつも自分に言い聞かせているのに、この体たらく。

あまりファインダーを真剣に覗きすぎるのも考え物です。

反省。

鉄道コム

|

« 201系H7編成、中野にて | トップページ | 201系H7編成、夜の御茶ノ水にて »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道(関東圏)」カテゴリの記事

コメント

フィルムで撮ってると「デジタルがいいなぁ」という気がするし、
デジタルで撮ってると「やっぱフィルムだよ」という気もする。
フィルムも、ポジで撮ってるとネガが恋しいし、
ネガで撮ってると、ポジもいいなぁ、と思えてくる。
基本的にごっさんは浮気性ですが(笑)、
個人的には、この「いかにもコニカ」な写りが好きでした。
デジタルで、こういう描写を得られるカメラは無いんだろうなぁ。
それを惜しみ始めると、写真を撮れなくなりますからね。
とりあえずは、今、手にしているそのカメラで、
撮れる写真を撮るだけ、って事でしょうか。

投稿: ごっさん | 2010年7月11日 (日) 01時51分

並の人間なら「ポートレート」ってこの構図は思い浮かばんだろなぁ。
良い色が出てますね、フィルムのせいでしょうか。
昨今はデジタルの角が尖った写真が「きれい」と思うようになってしま
いましたが、やっぱりこっちが和みますね。
車両自体もなんでこれが廃車になるんじゃ?というくらいキレイです。
丈夫に作られてたのか、手入れが良いのか・・・
実はこの電車もキハ40系も好きではなかったんですが
今の車両デジタル写真みたいなのよりは余程おっさん向きです。

投稿: 南東風 | 2010年7月10日 (土) 23時20分

コニルタのフィルム、追加を買っておいた。
まだまだ終わらんよ。

投稿: ごっさん | 2010年7月 7日 (水) 21時41分

彼らの「活きた証」が、続々と刻まれて行くなぁ。

感無量だ・・・。

投稿: gochi-zoh | 2010年7月 7日 (水) 20時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 201系H7編成、中野にて | トップページ | 201系H7編成、夜の御茶ノ水にて »