« 「被写界深度」の「深い・浅い」誤用の件 | トップページ | 201系H7編成、西国分寺にて »

2010年7月 4日 (日)

New FD200mm F2.8(旧)、\350也(安すぎ)

Dsc_441801

表題も写真も冗談としか思えないと思いますが、
本当にこの値段で買ってきたのです。
もちろん、毎度のジャンク品だったわけですが。

先日、ネットサーフィン(死語)をしていた時、
「恵比寿のカメラ屋で云々」という記事を目にしまして、
「あ、忘れてた」、と。

そういえば以前、店の前を通りかかって、
もう閉店時間過ぎていたので中を覗けず、
まぁ、またそのうちね、と思っていた事を忘れていたのです。

で、始めて行ってみたわけです。
それは、恵比寿の「大沢カメラ」というお店ですが。

店に入ると、まず目の前にライカ等のレンジファインダーカメラが、
ショーケースに入って鎮座しております。
右の壁面にも大きなショーケースがあり、
その一番右の方は、珍しく「Cマウント」専用のコーナーが。
m4/3のおかげで見直されてバブル状態のCマウントレンズ、
お値段の方もかなりバブリーで腰が抜けます。

で、その足下に、ゴロンと転がる数本のジャンクレンズ。

「まぁ、大したこっちゃないだろうけど」と思い、
まず手にしたFDマウントのレンズこそが、


New FD200mm F2.8(旧)


「!!!」

で、値札を見ると


350円


「!!!!!!」

これでもし、元の場所にリリースしろと言われようもんなら、
そのまま渋谷川まで走っていって入水する方がマシよ、
ってなもんですよ。
だって、コムラーより安く買えるなんて(笑)

Dsc_442501

状態は、当然ながらカビあり。
絞りやヘリコイドは特に問題なかったので、
とにかくレンズを外して清掃してやればOK。

・・・だったわけですが、これがなかなか苦戦しました。

先日のFD200/4S.S.C.の時と同様、
中玉の一番カビが酷そうなところが、
どうしても外せなかったのです。

一番前は、カニ目を回せばまず1枚取れる。

次に現れるカニ目も回せば、2枚目が取れる。

で、3枚目・・・、を押さえてるリングが、
カニ目もないし、ゴムで回そうとしてもびくともしない。

結局、正攻法は諦め、
マウント側の2枚(これもカビてた)を外し、
そこから、クリーニングクロスを棒に巻き付けて突っ込んで拭く、
という強引な手段で清掃しました。

こういう「禁じ手」はあまり好きではないんですが、
この際、こだわりも何もあったもんではありません。
綺麗にするのに四の五の言ってはおられません。

お世辞にも綺麗に拭き取れたとは言えず、
しかも反射防止のケバケバが少々落ちてしまい、
かなりイマイチな清掃になってしまいましたが、
それでも、当初のカビカビ具合を考えれば、
充分「実用の範囲内」に収まったかな、と思います。

夜間の撮影には開放値の明るい望遠が欲しいよなー、
と思っていたごっさん、
本当はFL200mm F3.5辺りでケリをつけとくか、
と思っていた矢先に、まさかニーニッパを格安では買えると思いませんでした。

A-1を買ってからまだ4ヶ月ほどの間に、
「これだけあれば充分過ぎる程充分」なレンズ群が揃い、
システムとしてほぼ完成する勢いで、
今年はどれだけキヤノンの当たり年なんだよ、と不思議に思っているのであります。

なお、New FD 200/2.8には新旧があり、
今回買ったのは、最短撮影距離が1.8mの旧型。
こちらは、旧FDの200/2.8と同じ光学系で、5群5枚と非常にシンプル。

新型は、最短撮影距離が1.5mとなり、構成枚数も6群7枚に増えています。

新旧の構成図は、こちらの海外サイトに載ってますのでご参考までに。
(改良じゃなくて、まるっきり別物の光学系です。
全群移動→後群移動になってるんだから、当然と言えば当然)

掃除の上では、旧型の方がすっきりしていて楽ですから、むしろラッキーでした。

新旧のデザインは、パッと見た感じは非常に似ていますが、
見分けるポイントは、写真を見る限りでは

・伸縮のフードにゴムのラバーが巻かれているか、いないか(旧型には無し)
・ピントの∞位置のすぐ左が「20m」か「30m」か(旧型は30m)

というところかな、と思います。参考までに。

※まず、\350で落とせる事はないと思いますがw↓

|

« 「被写界深度」の「深い・浅い」誤用の件 | トップページ | 201系H7編成、西国分寺にて »

カメラ」カテゴリの記事

コメント

ronpapa様

いつもお読み頂いているとの事でありがとうございます。

200/2.8ですが、これ以降は一度もバラしておりません。
よって、「正しい分解の仕方」も、現状分からないずくです。

いろんなメーカーのをばらしてみると、
メンテのしやすさで違いが多くて勉強になります。

個人的にはニコンが一番扱いやすかったです。
単に「バラしやすい」だけじゃなくて、
例えば無限の調整がしやすくて組み立てが容易とか、
メンテ箇所によっては再調整さえ不要なケースもありました。

一方オリンパスは、外側にネジがなくて見た目が良い分、
どこからバラしていいのか分からないとか、
鏡胴の内部なのに隠しネジになってるとか、
よく分からない事が多かったです。

いろいろ取り上げているジャンクの機材も、
ほとんど使わないものが多くて、結構手放しています。
実は200/2.8も売っちまうか、と思って査定してもらったら、
なんと「200円」なんて言われてしまって、
だったら撮るよ勿体ない、と思って回収してきました。
折角の大口径望遠ですから、大事に使っていこうと思います。

投稿: ごっさん | 2012年11月17日 (土) 22時31分

楽しく拝見しています、実は私も先日パナG1用にとFD200 f2.8 前期型 を手に入れました、案の定少し曇っていましたので解体掃除と始まったのですが、ごっさんのおっしゃるとうり3枚目がどうしても外れません、ごっさんがこのレンズをいじられてから2年近くなるようですが、その後3枚目のはずし方について進展はありましたでしょうか、もしおありでしたらご教授頂こうとコメント致しました。
追記 当方ペンタはかなりの数を修理してきましたが、FDは初めてです、ペンタのように完全にばらすことは無理なようなことも聞きましたが...

投稿: ronpapa | 2012年11月17日 (土) 10時54分

NEXも良いんだが、
m4/3で焦点距離2倍もミリキ的。
Nikkor105/1.8が210/1.8だで。
夜間撮影の切り札になるぞv

投稿: ごっさん | 2010年7月 8日 (木) 09時20分

>ここはやはり

|ω・)つ[N'EX+アダプタ]

投稿: gochi-zoh | 2010年7月 8日 (木) 02時46分

> smc-PENTAX-A☆

それとまともにやり合おうとは思わんw
田舎のハード○フじゃなきゃ起こりえん現象だな。
まぁ、こっちでもAT-X828を3000円か何かで見つけて
送りつけた事があるような気もするが。
しかし、こうもFDの200mmが揃ってどうするのか、
と小一時間ほど悩んでしまう所。
ここはやはり、PENを買って「ヨンニッパ相当」ですかw

投稿: ごっさん | 2010年7月 5日 (月) 00時46分

価格対効果の点で、我が1050円(税込)のプレミア玉・smc-PENTAX-A☆は今だ敗れぬ!ww

とは申せ、こりゃ尋常じゃない出物だなー。
FDを使える環境下なら、その3倍の値段でもフラッと来るよ。

レポが楽しみだのw

投稿: gochi-zoh | 2010年7月 4日 (日) 19時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「被写界深度」の「深い・浅い」誤用の件 | トップページ | 201系H7編成、西国分寺にて »