« 目黒でFL28mm F3.5を試写 | トップページ | なんと1,000円のFinePix F200EXR、ただし液晶破損 »

2010年8月28日 (土)

A-1+FLレンズで「絞り優先もどき」的撮影

さて、前回、前々回と2回に渡って、
A-1+FL28mm F3.5の組み合わせにて、
「絞り優先AEもどき」の撮影をしてきた、と書きました。

では、具体的にどんな事をやったのか?、
ご紹介したいと思います。

そもそも、FDマウントのカメラでは、
FLレンズなど古いレンズを装着した場合は、
「マニュアル撮影」しか対応していません。

これは、カメラとレンズとの間で、
必要な情報の交信(交換)が出来ないためです。

以下の写真は、FDレンズとFLレンズを並べてみたものです。

Dsc_486801_fl28_2

なんか、FLレンズのオシリにヘンなのが見えるのは、ちょっと無視して頂いて(笑)

左は、FD24mm F2.8です。

赤い丸をしたポチがありますが、
これは、「このレンズの開放F値は○○だ」、
という情報をカメラ本体に伝える部分です。

このポチがない場合は「F5.6」のレンズ、とカメラが判段します。

当然、FLレンズにもポチは付いていないので、
A-1につけると、仮に本体絞りダイヤルを
「F4」など明るい数値に設定しても、
ファインダー上では「F5.6」という数字しか出てきません。
(逆に絞り込んでいけば、当然「F8」などと表示されます。)

このポチの高さが高くなるに従って「F4.5」「F4.0」などと明るく認識されます。
F1.4のレンズだと、だいたい2.5mm位の高さになります。

当然、FLレンズには、このポチがありません。
無いんならつけてしまえば?、というのが、発想の原点です。

FLレンズについている何かヘンなのが、その「後付けのポチ」です。
黄色い丸が、それになります。

100円ショップで買ったコルクのシールを、小さく切り出して貼ったものです。

無改造で本体に取り付けると、このレンズは「F2.5」と出てしまいました。
少し山が大きかったようなので、カッターでちょっと切り落とし。

最終的に、本体の絞り値ダイヤルをF3.5に設定した時に
「F3.5」とファインダーに表示され、
かつ、F2.8より明るい数値に絞りダイヤルをあわせても
「F3.5」のまま動かない高さに調整をします。

これで、まず本体←→レンズの間で
「このレンズの開放F値はF3.5」である、という交信が出来るようになりました。

後は、そもそもの「A-1でマニュアル露出で撮影する方法」に則って撮影します。

Dsc_487401_fl28_2

この写真では、本体の絞りダイヤルで「F5.6」という数字が設定されています。

この状態でファインダーを覗き、シャッターを半押しすると、
例えば「1/250 F5.6」といった数字が表示されます。

つまり、ユーザ側がF5.6という数字を示したのに対して、
「その絞り値、この明るさなら、1/250秒だな」という判段を、
カメラの露出計が下している、という事になります。

これがFDレンズで、かつ、絞り輪を「A」または緑の「○」(初期のFDレンズのみ)
にしてあるなら、後はシャッターボタンを下に押し下げて「カシャッ!」と撮るのみです。
カメラが、レンズの絞りを、F5.6に「勝手に」絞ってくれるからです。

しかし、FLレンズの場合は、もう1つの過程が加わります。

この写真で、レンズ側の絞りも「F5.6」に設定してあります。

ここが味噌です。

つまり、本体側の絞り値で「F5.6」と設定し、
かつ、レンズ側の絞り輪も、同じ「F5.6」を設定しておく。

本体の露出計は、F5.6の絞り値で撮影すると思ってシャッター速をはじき出しますが、
かといって、FLレンズの場合、いざ撮影となった時、
本体側から、レンズの絞りをF5.6に閉めるような制御は出来ません。

そこで、人間の方で、あらかじめレンズの絞りをF5.6を設定しておいてやるのです。

シャッターを押し下げて「カシャッ!」と撮影した時、
カメラ本体は、ただ「絞りを閉める」動作をするためにレバーを動作させます。

自動絞りのレバーが稼働した時、
本体に設定した絞り値と同じ絞りに絞らせる作業を、
FDレンズであれば自動で行いますが、
それを手動でやってしまおう、というのが、
「なんちゃって」な絞り優先AEである、と言っている所以です。

この撮影法であれば、当然ながら、
ファインダーを覗きながら本体ダイヤルで絞りダイヤルを動かし、
そのままシャッター押し込んで撮影、という事は出来ません。
一度カメラを下ろして、本体絞りもレンズ絞りも一致するように動かす、
という「儀式」が発生してしまいます。

ただ、少しでも労力が軽減されて撮影に没頭出来るようになるんじゃないかなー、
と思っています。
(少なくとも、自分自身の感覚だと、相当楽になったと実感あり)

改造、という程の改造でも無いですが、
A-1+FLレンズで便利な撮影が出来ると思いますので、
お持ちの方は試してみて下さい!

※理屈で言えば「本体側で絞りを指定するカメラ」であれば、
同じ事が出来るはずです。
AV-1やAL-1、T90なども大丈夫なのかな?
FDマウントのカメラをお持ちの方は、参考になさってみて下さい。

※同じ要領で、実は「なんちゃってシャッター速度優先AE」も出来ます。
本体側でシャッター速を指定、シャッター半押しで絞りが表示されます。
その表示された絞り値をレンズ側に設定・・・、という手順です。
個人的には、ちょっと面倒でテンポが崩れると思ったので試してませんが、
場合によっては、そっちの方がいいかも、という方もいらっしゃるでしょう。

|

« 目黒でFL28mm F3.5を試写 | トップページ | なんと1,000円のFinePix F200EXR、ただし液晶破損 »

カメラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 目黒でFL28mm F3.5を試写 | トップページ | なんと1,000円のFinePix F200EXR、ただし液晶破損 »