« VELVIA*201系、有終の共演~豊田のカーブにて【リベンジ篇】 | トップページ | 目黒でFL28mm F3.5を試写 »

2010年8月24日 (火)

パンタグラフ、疾走

100821_10
Canon A-1
FL28mm F3.5
絞り優先AE(もどき)F11
Fujichrome Velvia100 (RVP100)
小田急線 代々木八幡駅
2010年8月21日

豊田のカーブで201系を撮影した後、
A-1の中にはVelvia100が残ってしまいました。
なんせ、最近は省エネ?なので(201系ですからね、相手が!)、
7/17の撮影で、A-1で撮ったのはたった6コマだけ。

残り約18コマをどこで撮ろうかなー、と思っていましたが、
丁度、1050円ジャンクのFL28mm F3.5を購入したので、
その試写に行くことにしました。

主な目的地は目黒で、
適当にプラプラしながら撮影を・・・、と思っていたんですが、
途中でふと思い出して、代々木八幡駅で
(正確には、千代田線なんで代々木公園駅で)途中下車してみました。

小田急代々木八幡駅の南側改札前には、
踏切と、その頭上をまたぐ跨線橋(歩道橋)があります。

跨線橋の踊り場は、なんと架線のすぐ真横。
冗談抜きで、手を伸ばすとパンタグラフまで手が届きそうです。
結構危険だと思うんですが・・・

ここで、28mmを使ってパンタをメインに撮ろう、という企みです。

3枚ほど撮ったなかで、このコマはシャッター速を遅くしての流し撮り。

流し撮りがめっぽうヘタッピなごっさんですから、
今回も見事に「どこも止まっていない」流し撮りですが
(かろうじて、パンタの先端が止まっているように見えますが・・・)、
まぁこれなら「躍動感」の言い訳で済みそうだな、
という事で公開してみた次第です。

ところで、写真の説明のところに書いてある
「絞り優先もどき」って何ぞや?、と思われるでしょうね。
FLレンズはそもそも、マニュアル撮影のみOKなはずで、
絞り優先なんて撮れるはずないんじゃありませんか、と・・・

その謎は、次の次あたりのエントリで詳しく解説したいと思います。

鉄道コム

|

« VELVIA*201系、有終の共演~豊田のカーブにて【リベンジ篇】 | トップページ | 目黒でFL28mm F3.5を試写 »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道(小田急)」カテゴリの記事

コメント

実は最近twitterをやってるんですが、
「パンタから飛び散る火花を撮りたい」
という人がいて、
へぇ、そんな目の付け所が、
なんて思ってた時に、
ここでこんな写真撮れるなぁ、と思いついた次第です。
人のアイデアや目の付け所から、
思いも寄らぬ構図が思い浮かぶ事もあるんですね。

投稿: ごっさん | 2010年8月27日 (金) 00時40分

確かにパンタの先端はちゃんと止まっていますよ。
何より
こんな写真を撮ろうと思いつく
その発想に敬服します。

投稿: 南東風 | 2010年8月26日 (木) 23時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« VELVIA*201系、有終の共演~豊田のカーブにて【リベンジ篇】 | トップページ | 目黒でFL28mm F3.5を試写 »