« 喜多見で定点試写~D7000で各種Nikkorなど | トップページ | 格言・「開放F3.5のレンズに外れ無し」 »

2010年11月29日 (月)

大塚から見えるスカイツリー(アクティブD-ライティングを試す)

Dsc_0408
Nikon D7000
Ai Nikkor 85mm F2
1/400秒 F5.6 (ISO200)
JR山手線 大塚駅付近
2010年11月27日

都内でも西に住んでいるため、
スカイツリーを全く見ない生活を送っております。
なので、休日に東の方(アキバなど)に行くと、
視界にツリーが入ってきて「おぉ!」と思ってしまうあたりは、
徳島かそこらに住んでいる人と同じ次元の「おのぼりさん」です。

喜多見駅で定点試写を済ませた後は、
山手線の北半分をロケハンに。

来春に、「日光」「きぬがわ」の485系/189系が、
253系改(元N'EX)に置き換わると聞き、
じゃあまた写しに行かなきゃかなー、と思って、
まずは撮れそうな場所を探そう、と思っていたわけですが。

池袋を出て、間もなく大塚・・・、ってところで、
あっ!、と視線が釘付けになりました。
まさに目の前に、スカイツリーがドーンと見える!

ロケハンも忘れて大塚駅で降り、
一番大塚駅よりの跨線橋の金網の間から狙ってみました。

ところで、この日は、昼過ぎまではよく晴れてましたが、
ここに着く頃には西に雲が出てきて、
大塚駅あたりは大分暗くなってきました。
(スカイツリー辺りは、まだ光が当たってますが、
これも、もう後わずか、ってところでした。)

D7000で撮影し、液晶でプレイバックしながら、
「うーん、この明暗差がなぁ・・・、
手前に露出あわせればツリーが白飛びするし、
そちらに露出あわせれば電車がアンダーになるし・・・」
と悩んでいたんですが、
「あっ!」と思い出しました。
このカメラには「アクティブD-ライティング」という機能があった事を。

さっきの写真の時点ではまだ思い出しておらず、
手元はだいぶ暗く写ってます
(掲載した写真は、Photoshopでレタッチしたので、
多少明暗差は抑えてあります)

「アクティブD-ライティング」をONにすると、
「ハイライトのトビを抑え、シャドーのツブレを抑える」
効果がある、とメーカー仕様に謳われています。

早速、その効果をご覧下さい。

D7000actived

左は、OFFのノーマル状態、
右がONで、強さは「標準」。
当然、露出条件は変わらず、シャッター速/絞りも同じです。

背後のスカイツリー(つまりハイライト部分)は、わずかに暗くなり、
また、手前の電車・軌道部分(つまりシャドー部分)は、わずかに明るくなっています。

「アクティブD-ライティング」の良いところは、
所謂「HDR」が、2枚の明暗異なる画像を続けて撮影し、
それをカメラ内で合成(ハイライトの飛んでいない部分と、
シャドーの潰れていない部分を合成)するのと異なり、
あくまで「1枚の画像の処理で明暗差をコントロール」しているところにあります。
なので、鉄道のような動体物でも問題無く使う事が出来ます。

この機能を試すのにうってつけのシチュエーションで試す事ができ、
また、その良さも実感出来たので、
今後、状況を見て多用していく事になりそうです。

と、折角ですので、
*istDsにペトリとKomuraをつけて撮った写真も
(こればっかりやね)

Imgp203701
PENTAX *istDs
C.C Auto Petri 55mm F1.8
1/400秒 F5.6 (ISO200)
JR山手線 大塚駅付近
2010年11月27日

※D7000と*istDsを併用していると、
シャッタータイムラグの感覚がハチャメチャになり、
この有様になります・・・(汗)

Imgp204301
PENTAX *istDs
Komura 300mm F5
1/320秒 F8.0 (ISO800)

さっきの「アクティブD-ライティング」試写をした辺りから、
スカイツリーを切り出してみました。
縮小した写真だとちょっと見えにくいかもしれませんが、
ツリー上部から下に下げられたクレーンのワイヤーも、
ちゃんと解像していますので、なかなかシャープでよい写りです。

この大塚から見えるツリーは、
既に有名なポイントになっているらしく、
通りがかりのおばちゃんにも「よくここで撮ってる人いるわよ~」
と話しかけられてしまいました。
また、違うレンズやカメラでも是非撮ってみたい「定点」ですね。

|

« 喜多見で定点試写~D7000で各種Nikkorなど | トップページ | 格言・「開放F3.5のレンズに外れ無し」 »

カメラ」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

鉄道(関東圏)」カテゴリの記事

コメント

そう、ホントSFっぽい感じでした。
池袋から田端方面に山手線乗る機会あれば、
是非、一番前に乗ってみてください。
赤羽線下をくぐって、カーブ曲がって直線に入るところで
突然目の前に、唐突にバーン!、と出てくるので、
かなりビビリます。

タイムラグの件は、その通りです。
「*istDsはタイムラグが長い→だから早めにシャッター押さないと」
と思ったら、早く切りすぎた、という失敗例です。
まぁ、D7000とペアで持ち歩く、なんて機会は、
今後そうそう無いと思うんですけどね…

投稿: ごっさん | 2010年12月 1日 (水) 10時16分

特に1枚目の写真、
西日を浴びる「バベルの塔」は
まるで特撮で貼り付けたようなカンジで
今にもモスラが出て来そうな印象を受けます。
・・
タイムラグの差
は左の山手線が切れてるということでしょうか?

投稿: 南東風 | 2010年11月30日 (火) 23時14分

>あのネオ一眼特有のシャッター動作

寿命は1/3になりそうだがなぁ。
閉まって、開いて、閉まって。
それがイヤならα55を買いなさい、ってか?

投稿: ごっさん | 2010年11月30日 (火) 10時23分

何しろタイムラグ一緒ですからなーw

あのネオ一眼特有のシャッター動作を見たときは不安に思ったもんだけど、杞憂でござった。

投稿: gochi-zoh | 2010年11月29日 (月) 23時28分

ある意味、
DsとNEXの組み合わせが、
違和感なくて一番良かったりするかもヨw

投稿: ごっさん | 2010年11月29日 (月) 22時37分

>※D7000と*istDsを併用していると、
>シャッタータイムラグの感覚がハチャメチャになり、
>この有様になります・・・(汗)

そうだよなー、そうだよな・・・うんうん・・・そうだそうだ。


うむ。あい分かった。(謎

投稿: gochi-zoh | 2010年11月29日 (月) 00時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 喜多見で定点試写~D7000で各種Nikkorなど | トップページ | 格言・「開放F3.5のレンズに外れ無し」 »