« 古い車 | トップページ | 喜多見で定点試写~D7000で各種Nikkorなど »

2010年11月27日 (土)

M42のPetri 55mm F1.8

Dsc_0366

そもそもペトリを気に入るきっかけは、
既にブログにも書きましたが、
去年末に「Petri 35 F2」のジャンクを購入し、
シャッター羽根外れの重傷ながらもなんとか修理に成功し、
その試写結果を見て「いい写りだなぁ」と思ったのが「運の尽き」?でした。

必然的に、じゃあ、一眼レフのレンズでも撮ってみたい、
と思ったわけですが、ペトリのカメラとレンズは、
独自マウント(ペトリマウント)と、汎用的なPマウント(俗にM42マウント)
の2種類があります。

もし、レンズの描写をただ楽しみたいだけなら、
当然、M42のレンズを買えば、
手元のデジタルないしフィルムのカメラにつけて撮影する事が可能です。

ただ、物が少ない。
ペトリが一眼レフを製造始めた頃はM42でしたが、
すぐ、独自のペトリマウントに移行、
ただ、輸出向けには、スクリューのレンズも作っていたらしい。
その後、倒産直前には、再びM42へとシフトし、
更に倒産後には、チノン?のレンズのOEM供給により、
M42のカメラやレンズも出していたらしい、という話し。

で、お店やオクで、スクリューのレンズをチラチラ物色していたんですが、
なかなか見当たらなかったり、あっても高かったり。

で、結局、ペトリマウントのボディを購入して、
最も正規の方法でペトリの描写を楽しんでおりました。
ただ、これだと、デジイチで撮れない、という問題があります
(フランジの問題と、需要の無さの問題。汗)

さて、先日、新宿の「中古カメラBOX」へ足を運びますと、
今まで置いてなかった、カメラ・レンズ部品の小分け売りをしています。
片手サイズのビニールの袋に、
ネジだのバネだのシャッター?だの、
部品と名の付くものを適当に放り込んで、1袋315円より。

おもしろいねー、なんか良いのあるかなー、といくつか手に取っていくと、
明らかにペトリのレンズ鏡胴とおぼしきものが目に付きました。

へぇ、と思いつつ、よーく見てみると、なんと、M42マウントじゃないですか!

レンズの無い鏡胴のみでしたが、315円ならとりあえず買っとけー。

家に55mmがあるから、それとニコイチに出来るんじゃないかなー。

で、帰って確認してみると、家にあったのは55mm F1.7。
買ってきた鏡胴は、残念ながら55mm F1.8のもの。

でも、F1.8もゴロゴロと売ってるからねー、と思い、改めて55/1.8を物色に。

で、すぐに見つかりました。新宿中古カメラ市場で、
カビ・クモリの無い極上ジャンク(?)が、なんと千円。

早速、そのレンズからレンズ(玉)を取り出します。
これはいとも簡単で、前玉は、まず枠を外し(ネジこんであるだけ)、
カニ目でグイッと回すと、前群がごっそり外れる。
後群は、まずマウントを外し、やはりカニ目でエイッと回すと、ごっそり。

後は、その前群・後群のそれぞれごっそり外れたのを、
M42の鏡胴に移すのみ。

完成~~~v

※実際は、再度分解してヘリコイドのグリスアップをしたりしましたが。

Dsc_0362

※絞りリングは、なんとクリック無しで無段階。
自動絞りのレンズで、こういうのは初めて。
もちろん、ペトリマウントの方は、ちゃんとクリックあり。

で、早速、*ist Dsにつけて「デジタルペトリ」を試してみました。

Imgp199201

Imgp199501

Imgp199901

※3枚目のみ、Rawshooterでレベル、コントラストなど大幅に調整。

雨上がりの朝に撮った写真を3枚並べて見ました。

写りの傾向としては、同じスペックの
「EBC Fujinon 55mm F1.8」に近い印象を受けました。

非常に立体的だし、ピント面はそこそこシャープで
(だけど、カリカリはしていない)、
ボケは柔らかく、かといってグチャッともなっていない。

3枚とも開放で撮ってますが、
ここまでしっかり描写されていれば、充分です。

ペトリと聞いて「安物」という言葉しか思い浮かばない方、
少しはイメージが変わりますかしら?

ごっさんが初めてペトリの写りを目にした時、
デジイチでも、同じような描写が記録されればいいなぁ、
と思った事が、ペトリにはまるきっかけとなりました。

カメラはカメラで、もちろん楽しいのです。
カッキーン、という金属音が心地良い巻き上げ、
ストロークの長いシャッターボタンを押し込むと
「ガション」といい音がします。
あ、これらはもちろん、ちゃんと動いたら、の話し(汗

しかし一方で、
すっかり使い慣れた愛機*istDsを始め、
KマウントやEFマウントのカメラで存分に使えるレンズがあると、
撮影にも安心して持ち出せる、というもまた事実。

たのもしく、そして愛しい「眼」を得ることが出来ました。

※運が良ければ、M42の55/1.8が出品されているかも…?↓↓

|

« 古い車 | トップページ | 喜多見で定点試写~D7000で各種Nikkorなど »

カメラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 古い車 | トップページ | 喜多見で定点試写~D7000で各種Nikkorなど »