« 人気(ひとけ)のないロマンスカーホーム | トップページ | Ai Nikkor 100-300mm F5.6Sの描写力に驚く »

2011年4月17日 (日)

中野島の葉桜は初夏のかほり

Dsc_1167
Nikon D7000
AF-S DX Zoom-Nikkor 18-55mm F3.5-5.6G ED II
1/125秒 F11 (ISO100)
JR南武線 中野島駅
2011年4月16日

今年の桜は、
今か今かと待たされた割に、
はい咲きました!ですぐ満開になり、
その後の雨やら強風やらであっというまに散っていき、
という印象が強く残りました。
「待たすだけ待たして、すぐに散る桜」と命名しましょう。

そんなこんなで、今年の「鉄道と桜」は、
先日アップした夜桜だけかなー、
と思っていたんですが、
髪切りで中野島に来てみると、
まだホーム横の桜は半分ほど残っておりました。
すっかり諦めていただけに、嬉しい誤算。

そもそも、中野島駅は、
半年ほど前までは「最寄り駅」の1つでした。

今回訪れたのは、
中野島に住んでいた時に通っていた、
散髪屋(本当は美容室?かな?でも980円)
に行くためでした。

西新井から中野島に引っ越した後も、
通い慣れた北千住の散髪屋にしばらく通ってましたが、
さすがに遠くて面倒だからと、ここに変えて、
また慣れた頃に引っ越し。
で、その後も髪切るために通っているわけ。

この中野島の桜も、
本当はもっとちゃんと撮りたいと思いつつ、
そういえば、一度も撮らないづくだったのは、
我ながら意外な話しでした。

今回、出遅れはしたものの、
「祭は、終わった後が風情があって良い」
と兼好法師も述べている事ですし、
20度を超える陽気もあって、
葉桜が初夏の訪れを告げているようでもありました。

やっと少しは、「日常的な日常」が戻りつつある東京。

ありふれた日常への懐古とありがたみを覚える毎日です。

|

« 人気(ひとけ)のないロマンスカーホーム | トップページ | Ai Nikkor 100-300mm F5.6Sの描写力に驚く »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道(関東圏)」カテゴリの記事

コメント

ブログ見るのを楽しみにしています。

投稿: 駒込の美容室より通信中 | 2011年4月18日 (月) 11時25分

おっと、
寝惚け眼で書いてたのがバレバレでした。
新緑もいいんですが、なんとなく初夏にしてみました。

散髪屋って、普通の言い方と思っていたんですが、
これって徳島言葉だったんですか?
隠して隠せぬ故郷の訛り、
いつも、とっさに口をつく言葉は「ほーじゃ!」。

投稿: ごっさん | 2011年4月18日 (月) 01時04分

ん?「新春」・・・たぶん「新緑」の誤入力、
いやいや引っ越し当時の事で「青春」か、
等と勝手に想像しています。
当方は歳のせいか懐古ばかりになりつつあります。
やはり徳島人は床屋ではなくて散髪屋ですよね。

投稿: 南東風 | 2011年4月17日 (日) 22時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 人気(ひとけ)のないロマンスカーホーム | トップページ | Ai Nikkor 100-300mm F5.6Sの描写力に驚く »