« Ai Nikkor 100-300mm F5.6Sの描写力に驚く | トップページ | ごっさん流データ保存の極意 »

2011年4月23日 (土)

二子新地の田園都市線撮りで試行錯誤中

Dsc_1203
1/320秒 F5.6 (ISO100)

Dsc_1205
1/250秒 F5.6 (ISO100)

Dsc_1210
1/400秒 F5.6 (ISO200)

Dsc_1216
1/800秒 F5.6 (ISO400)

※特記以外は全て
Nikon D7000
Ai Nikkor 100-300mm F5.6S (200mm)
1/2000秒 F5.6開放 (ISO400)
東急田園都市線 二子新地駅
2011年4月16日

喜多見駅でのAi-S100-300mmの試写に気を良くした後は、
早速実戦で撮影を、と思い、
そういえば、田都ってちゃんと撮った事無いなぁ、と考えて、
二子新地まで足を運んでみました。
(なんとなく、撮れそうな気がしたので)

到着してまず1本撮った後、
駅に着いたその電車の車掌室から聞こえてきた、
防護無線の「人身事故が・・・」の連絡。

ほどなく、田都は全線運転見合わせ。
あちゃ~、じゃあ違う所に移るか、と思ってそのまま下車。
隣の二子玉川までそう離れてないので、徒歩で移動開始。
さて、そこから大井町線に乗るか、バスに乗るか・・・

と思って歩き始めると、ポツポツと雨。
しかも、頭上にだけ、局地的な黒い雲。
やな予感・・・、と思っていたら「バチバチバチ!」

え、何?と思ったら、なんとヒョウが降ってきた!
一応傘は持っていたものの、カバンもズボンも濡れる濡れる。

それが、二子玉川の駅に着く頃には見事にやみ、
しかも、さっき止まったばかりの田都は、
あざみ野折り返しで早々に運転再開・・・

で、二子玉川から二子新地まで、また田都で舞い戻る。

以上が、約30分ほどの出来事でありました。

そこから、今回の「試行錯誤」が始まります。

何となく、いい感じに撮れそうな気がしたので、
いろいろ撮り始めたんですが、
不思議と、走ってくる電車に警笛を鳴らされる事しばし。

鉄道撮影に関しては「マナー原理主義者」を自称し、
過去にはマナーに関するエントリーが、
Y!トピのリンクを貼られた事もある程ですので、
今回ももちろん、「黄色い線の内側」を厳守して撮ってましたが、
どうも、運転士さんからは「外側」にいるように見えていたらしいです。

となると仕方ないので、
「確実に警笛を鳴らされないスポット」を、
ホームの端付近で探さないといけません。

そういう意味では、4枚目の8500系の写真の場合、
「ホーム一番端の一番外側壁に体を寄せて」撮っていたので、
警笛は一度も鳴らされなかったですが、
あまりサイドが写っておらず、余白も多いし、
写真としてはちょっとイマイチな感じ。

1枚目の50000系、2枚目の8000系は、
それより少しホーム中よりで黄色い線より内側、
この場所で警笛を鳴らされてしまったのです。

個人的に、今回ベストのポジションと思ったのは3枚目の30000系で、
このもう1コマ後がタイミング的にはより完璧でしたが、
その写真は手ブレしてしまったので今回は割愛。

サイドがしっかり写り、余白も多すぎず少なすぎず、
右下のガーター部分もあまり入り込んでいない。

ここが確か、車掌さんがホームの様子をチェックする、
モニターが立っているあたりで撮ったはずです。

同じ場所付近でもう何枚か撮りたかったんですが、
名所だけに、他にも撮りに来ている人がおり、
あまりウロウロするのも迷惑だったので、
この1本撮っただけで場所を変更。

しかもこの日は、多摩川を吹き下ろす風が強くて、
とてもカメラを構えて構図を維持するのは困難と判断し、
「決まり」の一発を撮れないままで退散する事になったのは、
悔やまれるところです。

とはいえ、ほぼこの場所の「あるべき姿」が見えてきたので、
次回は、単焦点の200mm(フィルムなら300mm)を持参して、
ちゃんとした写真を撮れるであろう、と思います。

|

« Ai Nikkor 100-300mm F5.6Sの描写力に驚く | トップページ | ごっさん流データ保存の極意 »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道(関東圏)」カテゴリの記事

コメント

まぁそうは言っても、
部品が無くなりそうなんで間引き運転、
なんて事もあったからなぁ。
古くて丈夫なのも、良いのか悪いのか。
とりあえず、GWは高崎に115系でも撮りにいこうか、
とか思ってみたりもするが。

投稿: ごっさん | 2011年4月26日 (火) 23時00分

>>一方東急8500系や営団8000系が元気元気とは

あの辺は、まだ「電車が電車らしい風格を保っていた」ころの産物だしねぇ・・・
特に8500なんて、東武のウテシが自社に欲しがったという、ウソのような実話もある。
顧客からの見た目的な陳腐化はともかくとして、プロフェッショナルユースの「商売道具」としてみた場合
走行性能・信頼性ともに、今だトップレベルにある。今日びの薄っぺらな電車とは土台そのものが違うさwww

投稿: gochi-zoh | 2011年4月26日 (火) 22時41分

定期代を支給するのは会社で、
会社としては「一番安いルート」
でしか支出してくれないのは当然の事。
せめて、溝の口方面から目黒線・南北線への直通など、
利便性を向上させれば可能性が出てくると思うんですが。
でも、大井町線快速運転であれだけもめるんだから、
まぁ無理な話かなと思います。
つくばは、「あんな高い電車、誰が乗るんだろう」
と思っていたらどっこい、
どんどん利用者が増えているようですね。
秋葉原の「深さ」で嫌気が差して、
まだ数回しか利用した事がありません。

投稿: ごっさん | 2011年4月26日 (火) 00時49分

大井町方面への導線に誘導しようとしているようですが
定期券代を同じにすると言うような策が伴わないせいか
思ったほどの効果は出てないようです。
つくばエクスプレスの場合は
高くなっても時間短縮の恩恵があるので
上手く行ってるようですね。

投稿: 南東風 | 2011年4月25日 (月) 23時30分

田都-半蔵門-東武伊勢崎線・日光線の乗り入れは、
片道でも約100km(中央林間-久喜)にもなるので、
車両への負担も相当なものかと思います。
東武の「新鋭」だった30000系が、
故障多発?のためか、早々に50000系に置き換えられつつあり、
一方東武8500系や営団8000系が元気元気とは、皮肉なものです。
田都の混み方は尋常ではないようで、
大井町線の溝の口延伸、快速運転にて分離しよう、
と試みておりますが、そううまくはいかないようです。
いずれ、副都心線と東横線が繋がり、
東上線-副都心線-東横線が結ばれるようになると、
運転士さんへの負担は更に増しそうな気がしますね。

投稿: ごっさん | 2011年4月25日 (月) 01時02分

田園都市線は20年位前に4年間住んでいました。
当時は営団は8000系、東急は8500系だけでしたが
(8000系のデザインは気に入っていました)
今は東武の電車が入って来てるんですね。
半蔵門線を潜って来るんでしょうが
違和感ありすぎです。
毎朝山手線車内で遅延情報見てると田都線は遅延発生が多く
運転手も神経質になっているのではないでしょうか。

投稿: 南東風 | 2011年4月24日 (日) 23時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Ai Nikkor 100-300mm F5.6Sの描写力に驚く | トップページ | ごっさん流データ保存の極意 »