« 信州へ~番外・長野新幹線 | トップページ | 車窓 »

2011年5月15日 (日)

やっと初撮り、Petri FTEEと、「ちゃんと写る」レンズ2本

110502_22_ftee

110502_26_ftee

Petri FTEE fully automatic
Petri C.C Auto 55mm F2
1/500秒 F11
Konica-Minolta Centuria Super 400
JR中央線&西武国分寺線 国分寺駅西寄り
2011年5月2日

去年10月にフィルムを詰めたFTEE、
先日の連休でやっと撮り終え、現像する事が出来ました。

muk selectの小菅さんから頂いたFTEE。(その時の顛末

先日、念願のリアル店舗を開設され、
カメラ修理業務も併設して「エムユーケーカメラサービス横浜関内
として再スタートを切られた、との事。

実は、このFTEEの件があって少ししてから、
「どこかでカメラ修理の勉強でも出来ればー」
とおっしゃっていたので「それなら、東京カメラサービスでやってますよ」
と軽く呟いた事が、ここまで人生を狂わせる(?)事になろうとは、
思いも寄らぬ事でした。

と、話しがそれましたが、
そんな「頂き物」のFTEE、ようやく現像する事ができ、
スキャンしたデータを目にして「うん、ちゃんと撮れとる」と満足しました。

上の2枚は、いずれも「銀鏡胴」の55mmで撮ったもの
(これは、フジヤカメラで千円でした。前枠ひしゃげてるジャンク)。

シャッター速が1/500までしかなく、フィルムが400だったので、
F11まで絞っての撮影ですが、1枚目はそれなりなボケが結構綺麗な感じ。

2枚目も、野川源流付近ののどかな感じがします。

が、少々問題もありまして、
画面の左の方が少し暗いです。
これ、一応修正試みてるんですが、やっぱり暗い。

恐らく、FTEEのシャッター幕の動きが悪くて、
幕速が出てないため左右で露出が均一になっていないからでは、
と考えられます。
ちょっと残念。小菅さんのところに里帰りさせて直してもらうかな(笑)

FTEEは本調子じゃなかったですが、
もう1つの収穫は、Petriの望遠ズーム
(最初のFTEE顛末エントリーで、FTEEに取り付けているレンズ)が、
非常にいい描写をするのが分かった事です。

101024_03_ftee
Petri FTEE fully automatic
C.C Petri Zoom 85-210mm F4.5 EE AUTO (135mm)
1/500秒 F4.5
Konica-Minolta Centuria Super 400
JR総武線 水道橋駅
2010年10月24日

101024_09_ftee
Petri FTEE fully automatic
C.C Petri Zoom 85-210mm F4.5 EE AUTO (135mm)
1/250秒 F4.5
Konica-Minolta Centuria Super 400
東武伊勢崎線 堀切駅
2010年10月24日

この日に、EOS D60で撮った写真は、
既にその日の内にエントリにあげております

撮ったレンズは、ペトリの数少ないズームの1つ、
EE仕様の85-210mmですが、「純正」ではありません。

同時期、ズームレンズのメーカーとして知られた、
Sun(ゴトーサン)の出していた同型ズームのOEM品です。

当時名を馳せたズームレンズメーカーと言えば、
三協光機コムラーも知られていますが、
そちらと同様、今は既に無いレンズメーカーの1つです。

「駄目なメーカーとの烙印を押されて消えていった」
という話しを聞いたことがありますが、実際撮ってみた印象も、
「なんだこれ、全然しっかり撮れるじゃないの」。

同じレンズのSun純正品なら、
他のマウントで、それこそ千円するかしないか、
程度のジャンクをゴロゴロとよく見かけます。
正当な評価を下さないといけないズームの1つだな、と再認識しました。

「ペトリで、ガッチリした鉄道写真を撮る」
というお遊び?をしたいと思ってましたが、
少なくとも、レンズはこのズームで全く問題ありません。

後は、安定して動作するボディがなかなか・・・。
FTEEは、この通り1/500秒に難あるし、
黒のFTEは、時々ミラーが降りなくなるし
(今触ったらちゃんと動いてやがるけど。)
最初にかったFA-1は、まだ直っていないし・・・

ま、「お遊び」ですから(笑)

ちなみに、ちょっとお遊びで、珍品を試してみました。

アローカメラの「我楽多屋」で買ってきた、
ペトリマウント用の「ケンコー3倍テレコン」です。
このエントリを読んで買いに行った

焦点距離3倍という事は、露出係数も3倍なので、
最初に紹介した55mm F2に付けると「165mm F5.6」になります。

どんなもんかなー、と試し撮り・・・、
既にファインダー覗いている段階で妖しさ爆裂でしたが・・・

101024_08_ftee
Petri FTEE fully automatic
Petri C.C Auto 55mm F2 + Kenko Auto Teleplus 3x (165mm F5.6相当)
1/500秒 F5.6
Konica-Minolta Centuria Super 400
JR中央線 水道橋-御茶ノ水駅間
2010年10月24日

なんじゃこりゃ!(笑)

|

« 信州へ~番外・長野新幹線 | トップページ | 車窓 »

カメラ」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

小山田春樹様

ペトリのエントリにコメント頂き、ありがとうございました。

ペトリのカメラとレンズは、不思議な魅力が詰まっていますね。
必ずしも「ハイグレード」ではないと思いますが、
現像したフィルムに写る画は、いつも「安心」するものばかりです。

ニコンやキヤノンは、会社の大きさが違いましたから、
ユーザやプロが臨む機材、更に上の機材など、
どんどん開発して世に送り出す事が出来ましたが、
ペトリのカメラは、数十年同じ基本設計、同じレンズ、
というものが多かったようで、
オイルショック後の体力が弱った経済状況においては、
生き残ることが出来なかったのかな、と推察します。

隅田川を渡って堀切にある「ユーシーエス」というカメラ修理屋には、
今も、ペトリにいた人が修理や整備をされているそうで、
実質「ペトリの公式修理屋」のようになっています。
もし今後もペトリで撮る機会があるようでしたら、
是非一度ご検討ください。

http://www.u-cs.co.jp

その後、ペトリのカメラやレンズのラインナップも増えているので、
そろそろ、ちゃんと書かなきゃ、と思っています。
是非お楽しみにお待ち頂けますと幸いです。

投稿: ごっさん | 2013年2月21日 (木) 23時36分

はじめまして、京都市に住む小山田春樹です。
ペトリのズームレンズの記事を検索していたら、貴兄のページを読む事ができました。
私は、中学2年生の時に、初めて買った1眼レフがペトリV6でした。(昭和42年12月)
斜めシャッターが押し易く、レンズが素晴らしく良い描写をしていたので愛用していましたが、フォーカルプレーンシャッターの故障が多くて、何回も修理にだしました。
当時は、ペトリの営業所が九段にあり、親切に応対してくれました。
露主計が内蔵されないカメラだったので、セコニックの単独露出計を使っていました。

私のカメラには、55ミリF1.8の標準レンズが付いていました。
翌年、135ミリF3.5の望遠レンズを買い、学校の行事の撮影などに使いました。

ペトリのレンズは、非常に解像力が高く、ピントがシャープで、抜けの良い発色をしていました。
ツアイスのレンズに共通する、繊細な描写で、ニッコールとは違った味わいのあるレンズでしたね。

ペトリのズームは、85〜210ミリF4.5があったのは覚えています。

作例写真を拝見して、単体レンズのようなすっきりとしたカラーバランス、シャープなピントに驚きました!
ペトリは、残念なことに1970年代中頃に倒産してしまい、労組が自主再建を目指したもののうまく行きませんでした。

レンズは素晴らしいので、レンズ専門メーカーに転身するなどの経営方針をとれば、生き残れたかもしれませんね。

投稿: 小山田春樹 | 2013年2月21日 (木) 16時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 信州へ~番外・長野新幹線 | トップページ | 車窓 »