« 総武線、浅草橋と秋葉原(SIGMA 500mm F7.2) | トップページ | ブログ開設4周年に寄せて »

2011年6月 7日 (火)

EOS D60+Auto Nikkor 55mm F1.2は、かなりキビシイ

Crw_337601

Crw_337701

EOS D60
Nikkor-S.C Auto 55mm F1.2
絞りF1.2開放
2011年6月4日

時々、ヤフオクを覗くことがあります・・・

嘘つきました。毎日覗いてます(笑)

で、ヤフオク覗きながら、「ん?」と思った事。

Auto Nikkor 55/1.2が、随分高値で取り引きされている事。

執筆時点では入札のあるレンズは無さそうですが、
先月末の記録を遡ると、
おおよそ2万円前後でいくつも落札されています。
非Aiや、モノコート、カビ有りなども、なんのその。

僕の持っている55/1.2が「4千円」だった事を考えると、
なんだか申し訳ないような気分になります(笑)
買った頃のエントリはこちら。サジタルコマフレアがスゴイ!)

しかし、そこまで高い価値のあるレンズかなぁ、
という気もするんです。

とにかく、ニッコールらしくない、絞り開放での甘い描写。
どこにピントがあってるのかも分かりづらい程です。

「それが良いんじゃないの!」と言われてしまいそうですね。
確かに、このレンズならではの独特な描写である事は確かです。
はっきりとした目的意識があれば、この個性を生かした写真を撮れると思います。

というわけで、今回、EOS D60にアダプタをつけて撮影してみました。

うちにはD7000なんていいFマウントのデジイチがあるわけですが、
僕の持っている55/1.2は「非Ai改」なもので、装着する事が出来ません。

いつもは、「フィルム限定レンズ」というふれこみで、
F2やELにつけて撮影するんですが、一度デジタルで撮ってみようかな、
と思って持ち出してみました。

しかし、かなりキツイです(汗)

元々、「ピントの山がどこにあるのか分からない」のが、
EOSのファインダーの特徴?です。明るさ重視だからです。

かなり気をつけてピント合わせましたが、
1枚目は、相当後ピンですし、2枚目も、ちょっと後ピン。

他にも、かなり真剣に合わせたつもりが、
かなりピント外してます、という写真をかなり量産してしまいました。

EOS D60に55/1.2を付けて撮るのは、ちょっと無理そうです(汗)

関東カメラサービスの「非Ai改レンズのAi改造」を依頼して、
D7000で使えるようにすれば、ここまで酷い事にはならないはずですが、
そこまでしてこのレンズを使う機会もなさそうな気もするので、
やはり、F2かELと一緒に使う「銀塩専用玉」として使おうかなぁ、というところ。

あ、いずれNEX買ったら、も少しまともに撮れるようになるかな?
何年先の話か、分かりませんが(笑)

ちなみに、F4.0まで3段半も絞れば、割と普通に撮れるようになります。

Crw_338801

Crw_340301

EOS D60
Nikkor-S.C Auto 55mm F1.2
絞りF4.0
山手線 恵比寿-渋谷間
2011年6月4日

3枚目は、今現在の当ブログのロゴ画像の元ですね。
まさか、183系の修学旅行臨が通るとは思わず、
いきなり真横を通過していき、おったまげて、
無我夢中で撮った中の一枚です。
なんせ、カバンの中には、
この55mm、EF22-55mmと、前回紹介した500mmの3本だけ、
せめて100-300mmを持っておけば良かった、と今更ながら(泣)

4枚目は、実はちょっと後ピンで、
電車の顔にはピントが合ってないんですが、
かろうじて、縮小すれば被写界深度の範囲内、というところ?

しかしホント、報われないレンズだなあ、と思います(苦笑)

※3,4枚目の写真の、恵比寿-渋谷間は、
別のレンズでいろいろ撮ったので、次回はそれをご紹介。

|

« 総武線、浅草橋と秋葉原(SIGMA 500mm F7.2) | トップページ | ブログ開設4周年に寄せて »

カメラ」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 総武線、浅草橋と秋葉原(SIGMA 500mm F7.2) | トップページ | ブログ開設4周年に寄せて »