« 小田急「ドラえもん電車」打ち切りに物申す | トップページ | 【懐古】阿佐海岸鉄道、新車お披露目会 »

2011年9月25日 (日)

十五夜の満月

Crw_346701
Canon EOS D60
SIGMA AF-APO 500mm F7.2
1/500秒 F9.5 (ISO400)
※大幅にトリミング

Dsc_2140
Nikon D7000
SIGMA Mirror Telephoto 600mm F8
1/500秒 F8 (ISO800)
※大幅にトリミング

今年の十五夜は、何年かぶりの満月だ、と聞いて、
せっかく超望遠レンズ持ってるんだから撮ってみるかなー、
と思って天空にカメラを向けてみました。

本命は、下の方のD7000+SIGMA 600mm(反射望遠レンズ)だったんですが、
そもそも、この600mmは曇り玉だったもので
(副鏡=レンズ前面真ん中の小さい丸の裏側にある反射面、に被さっていた凸レンズに曇り)、
一応、分解研磨してだいぶキレイにはなったんですが、
ご覧の通り、満月の強烈な白い光の前に、見事なフレアを出してしまいました。

また、ファインダーで見ると実にくっきりシャープに見えるのに、
実際CMOS上に結像した画像は、少々ボヤけています。
研磨した事が原因なのか、それとも単に「デジとの相性」が悪いのか、
そもそも線解像度が1600万画素に足りないのか、
理由はよく分かりません。ちょっと残念な感じ。

で、上の方は、「念のために」と思って撮ったもので、
EOS D60に、やはりSIGMAの500mm F7.2をつけて撮ったもの。

600万画素の画像から中心部を大きくトリミングしているので、
130万画素相当の画像でしかなく(ブログ用に更に縮小してますが)、
「情報不足」感が否めないんですが、
実にすっきり、くっきりと、いい画像で撮れたように思います。

やっぱり、レンズは光学式が一番だなぁ、と思った次第。

でも、ちゃんと月を撮るなら、1000mmクラスの望遠が必要そうだなぁ。

いや、買わないですよ(笑)

|

« 小田急「ドラえもん電車」打ち切りに物申す | トップページ | 【懐古】阿佐海岸鉄道、新車お披露目会 »

写真」カテゴリの記事

コメント

返信遅くなり失礼しました。

天体用と言えば、20Dの天体仕様「20Da」がありましたね。
今では希少品なんじゃないでしょうか。
本格的な人だと、バラしてローパスを撤去したり、
窒素でセンサーを冷却しながら撮影する改造したり、
ちょっと僕には手の出せない世界のようです。

月の「どアップ」に限れば、
高速シャッターを切れるので、普通の機材で大丈夫ですが、
その代わり、アホみたいな望遠が必要ですね。
今回、600mm(840mm相当)でも足りないと知って、
1000mmとか2000mmというレンズの存在意義を実感しました。

投稿: ごっさん | 2011年10月 5日 (水) 10時28分

すみません、名前書くの忘れました。

投稿: プルト君 | 2011年10月 3日 (月) 05時52分

私も同じ写真を撮ったことあります。

kiss DN Tokina ATX 300Ⅱ + tamuron × 1.4 テレコン 中級三脚使用
で。

おっしゃるように普通の望遠の方が、はっきりくっきり写るようでした。
クレーターがはっきりと確認できました。

現在は EOS 50D を使ってますが、まだ月は撮ってません。
天体撮影のサイトでは DN はノイズが少なく、天体撮影に向いた機種とのことです。
普段は 50D の圧勝ですが、こと天体撮影では逆転するかもしれませんね。

この二機種しか使ったことありません。
50Dに乗り替えたときは、あまりの性能の違いに狂喜乱舞しましたね。
Mアジャストメントを使えば鮮明さがスゴイです。

投稿: | 2011年10月 3日 (月) 05時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 小田急「ドラえもん電車」打ち切りに物申す | トップページ | 【懐古】阿佐海岸鉄道、新車お披露目会 »