« 京王線調布駅近辺の失われ行く景色 | トップページ | やっと「実戦配備」、RMC Tokina 17mm F3.5 (SL17) »

2012年7月21日 (土)

実は「初」、の京急撮りにしびれる

就職のため上京したのは2002年春のことでしたから、
早い物で10年を過ぎてしまいました。
まさに「一昔前」の事になってしまいました。

以来、都内あちこちの鉄道を撮っておりますが、
意外と、まだ「1枚も撮っていない」鉄道もございます。
基本「国鉄人間」なので、私鉄の方は適当になりがち・・・。

京急も、何度か撮りに行こうか、と思った事はあるものの
(黄色と赤の「原色」に塗り戻された旧1000形や、
その旧1000形が引退する時など)、
結局足を運ぶこと無く、1枚も写真を撮っておりませんでした。

それが、「京急撮りに行くぞ!」と思ったきっかけは、
今年の春頃だったか、珍しく各停に乗ったときの事です
(いつもは、拠点間移動が多いので、快特や特急に乗ることが多いので)。

その時乗った各停は、800形だったんですが、
今時珍しい「片開き」の扉に大興奮してしまいました(笑)
また、もはや都内では珍しくなった「鋼鉄製・ペンキ塗り」の車体で、
真っ赤なベースに白のラインが美しく、
「これは撮りに行かないと!」と俄然興味が湧いてきたのです。

で、今日、本当は高崎にでも遠征して115系でも撮ろうか、と思っていたものの、
雨で天候が悪かった事もあり、「京急の研究ロケハン」のつもりで、
品川駅から順にあちこちで撮って回ってみました。

今回はひとまず、最初に撮影していた「北品川駅」での数枚を。

Dsc7610

Dsc7620

Dsc7630

※以上全て、
Nikon D7000
Tokina 35-300mm F4.5-6.7 (AF353) [300mm]
1/500秒 F8.0 (ISO800)
京浜急行 北品川駅
2012年7月21日

萌える(燃える)でしょぉ~~~(笑)
降りしきる雨を突っ切ってくる電車を撮るのは、なかなか快感です。

所期の目的の800形が撮れたのも嬉しいですが、
まだ2000形が(4連増結とはいえ)快特で走っていたとは知りませんでした。
しかも、12連なんて快特がいるとは知らなかったので、
この写真、ギリギリでオシリ(実際は向こうに走っているので「頭」が正しい)
が切れてしまいました。残念!こちらは次回以降の宿題となります。

京成電鉄から北総開発にリースされている、という北総7260形
(京成だと3300形)も撮影できました。
こういう古い電車が、地下を通って京成まで「遠征」に来てくれるのも嬉しいですね。
京急を撮るのは非常に楽しい事が分かりました。

ここは「北品川」駅のホームから撮っています。
奥の方が横浜方なので、「北から南」方向に撮っているわけで、
晴れてる場合は「ど逆光」になってしまう構図です。
今日みたいに、雨とか曇りじゃないと、こういう光では撮れません。

とはいえ、下り勾配のおかげで、屋根まで捉えられる構図で、
こういう写真はあまり撮った事がないので、そういう意味でも楽しかったですね。

そもそも、こんな「ごく普通の編成写真」撮るの自体が久しぶり。
「メッセージ性」とか「意味」とか考えず、
ただひたすら「構図」と「露出」だけを考えてシャッターを切る、
というのも、たまにはいいものですね。それも、鉄道撮りの楽しみの一つ。

ちなみに、今回はトキナーの35-300mmという超望遠レンズで撮影してみました。
それについても是非触れたいんですが、ちょっと長くなりましたので、
この続きはまた次回にでも。

Dsc7584
Nikon D7000
Tokina 35-300mm F4.5-6.7 (AF353) [210mm]
1/500秒 F8.0 (ISO800)
京浜急行 北品川駅
2012年7月21日

|

« 京王線調布駅近辺の失われ行く景色 | トップページ | やっと「実戦配備」、RMC Tokina 17mm F3.5 (SL17) »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道(関東圏)」カテゴリの記事

コメント

銀に赤帯は仕方ないとして
(それでも、顔が鋼鉄車と同じなのが救いかもしれません)、
真っ青な電車が登場した時は驚いたものです。
赤に「白帯」は優等列車、「白線」は各停、
という暗黙ルールがあったと思うんですが、それもうやむやですね。
とはいえ、撮ってて楽しい事は確かです。

今回は300mm(フィルムカメラ感覚だと420mm)で撮りましたが、
やはり、200mm(フィルム感覚だと300mm)はある方が便利かな、と思います。
60Dだと、ダブルズームキットに55-250mmというズームが付いてきますね。
こちらだと、実勢価格で8.5万くらいのようです。

投稿: ごっさん | 2012年7月23日 (月) 01時41分

阪急のマルーンと京急の赤は永遠ではなかったんですね。
どちらにも全面的銀色車両がないのはまだ共通ですが。
話は変わりますが
これくらい引きつけるにはやはり200㎜以上要るんですね。
初デジイチにキャノン60D+17~135㎜のセットを
買おうか未だにウジウジ悩んでます。

投稿: 南東 | 2012年7月22日 (日) 23時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 京王線調布駅近辺の失われ行く景色 | トップページ | やっと「実戦配備」、RMC Tokina 17mm F3.5 (SL17) »