« 京王線地下化まで、後6日(国領駅横、狛江通り踏切にて) | トップページ | 京王線地下化から、8日目(調布駅近辺を、RB67で) »

2012年9月23日 (日)

京王線地下化まで、後1日(調布駅近辺、国領駅にて)

京王線の調布駅近辺が地下化されて、
もう1ヶ月以上が経ってしまいました。

「6日前」をアップしてから2週間ほど経過してしまいましたが、
今回は、8月18日、地上線最終日、地下化の「1日前」です。

この日は、うちにある「一番大きいカメラ」と「一番小さいカメラ」を持ち出しました。

一番大きいのは、マミヤの「プレス・スタンダード」で、
一番小さいのは、ペンタックスの「auto110」です。

ところが、前者で撮った8枚は、ことごとく光線引きしてました。
そもそも、この日が購入後初めて持ち出した「テスト撮影」だったのです。

後から検証してみると、光が漏れていたのは意外なところで、
レンズ脱着レバーからでした。
その内部の遮光用モルトが、完全に朽ち果てて、光が入りまくり。

その部分の補修は出来ましたが、修理の検証はまだ出来ておりません(汗)

光線引きの醜い写真の中で、一番マシだった一枚を。

120818_03
Mamiya Press Standard
Mamiya Sekor 90mm F3.5
Kodak Portra 400VC

もう一台「一番小さいカメラ」の方には、
Lomographyの白黒フィルム「Orca110」を詰めてみました。

一度は「絶滅」した110のフィルム、
まさかまさかの「復活」を遂げ、「死に体」のカメラが蘇る事になったのは喜ばしい限り。
(ひいきにしている「かわうそ商店」さんが、
冷凍保存品を見つけ出して販売してくれてますので、
完全に撮影不可能、な状況ではなかったわけですが。)

しかも、110の白黒なんて、果たして「何十年振り」の復活か?、
という程のご無沙汰ですから、撮影も実にワクワク、ドキドキでした。

今回撮ったフィルムは、熊本のオンライン現像サービス「トイラボ
にて現像&スキャンしてもらいました。
下の写真のうち、1枚目と3枚目は、そのスキャン画像。

2枚目と4枚目は、デュープのテストをしたもので、
それぞれ、Macro TakumarNew FDとMicro Nikkorです。

APS-CなD7000で、110のデュープを撮ろうとすると、
撮像面積より小さいフィルム面積を撮る事になるので、
「等倍以上」に拡大しないといけません。
今回は「フチ」まで入れているのでそこまでの拡大はしてませんが、
それでも、多少の「周辺のピントの甘さ」「歪曲」を認める事が出来ました。

Micro Nikkorや、Macro Takumarで試写した結果は、
ピントの甘さ等を認める事が出来ましたが、
CanonのNew FDマクロは隅々まで高解像度で、その実力に驚きました。
今後、フィルムのデュープではFDマクロを使う事になりそうです。

かといって、トイラボのスキャン画像は少々コントラストがきつすぎかな、
という印象もあり、痛し痒しなところです。

110でデュープ撮るならM4/3のカメラの方が良さそうですが、
年に何回使うか分からない110のためにデュープ用カメラ買うのもなぁ、
と思いますので、今の機材でどこまでやれるか、テストを繰り返そうと思います。

120818_03_110
PENTAX auto110
SMC PENTAX 110 18mm F2.8
Lomography Orca 110
京王線 調布駅

120818_06_110
PENTAX auto110
SMC PENTAX 110 50mm F2.8
Lomography Orca 110
京王線 国領駅
※デュープ機材
SONY NEX-5
Canon New FD50mm F3.5 Macro

120818_08_110
PENTAX auto110
SMC PENTAX 110 18mm F2.8
Lomography Orca 110
京王線 国領駅

120818_11_110_2
PENTAX auto110
SMC PENTAX 110 18mm F2.8
Lomography Orca 110
京王線 国領駅
※デュープ機材
Nikon D7000
Ai Micro Nikkor 55mm F2.8S

と、肝心の京王線の話しはそっちのけで、機材話しになってしまいました。

最終日の調布駅近辺は、それはそれは凄い事になってました。
ある意味、こういう「イベントごと」に慣れている鉄道ファンは良い方で、
むしろ、日頃鉄道に感心のなさそうな一般の方が、
警報音の鳴っている踏切の中で止まって写真撮っていたりして、
「にわか」な方ほどコワイものはないなぁ、と思ってしまいました。

「いつになったら踏切あくんだ~」と思っていた京王線、
この日まで、あまりに当たり前だった光景が、
翌19日から一変する事になりました。

調布市街から、鉄道が姿を消すまで、後1日。

*13/1/29追記:白黒の2枚目を差し替えました。(デュープ時のレンズを変更)
また、関連する文章を加筆訂正しました。

|

« 京王線地下化まで、後6日(国領駅横、狛江通り踏切にて) | トップページ | 京王線地下化から、8日目(調布駅近辺を、RB67で) »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道(関東圏)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 京王線地下化まで、後6日(国領駅横、狛江通り踏切にて) | トップページ | 京王線地下化から、8日目(調布駅近辺を、RB67で) »