« New Year's Eve in TDL, Vol.3 | トップページ | 元旦、芝・増上寺 »

2013年1月 7日 (月)

New Year's Eve in TDL, Vol.4

121231_1_02

121231_1_04

121231_1_12

121231_1_18

121231_1_24

Canon EOS REBEL
SIGMA Zoom 28-70mm F2.8
Fuji Superia X-tra400
2012年12月31日
※デュープ機材
Nikon D7000
Super-Multi-Coated Macro Takumar 50mm F4
(「muk camera service」製マウントアダプタ使用)

ディズニーランドに行くのは2回目の事でした。
正直、あまり行きたくはなかったのですが(笑)
大晦日なのに、妻子だけ行かせて父は違うところに遊びに、
というわけにもいきませんでしたので、
朝から早く起きて浦安まで行ってきたのでありました。

とはいえ、そもそもアトラクションに興味も無く、
しかも冬休みなので数十分~数時間の待ち時間ばかり。
途中でイヤになって列を抜け出して、園内をスナップ。
一連の「New Year's Eve in TDL」シリーズのほとんどは、
そんなエスケープした時に撮った写真からの抜粋でした。

最後に撮った写真から順にデュープ撮ってアップしていたので、
今回のが、一番「入園してすぐ」の写真となります。

しかし、いくら「あまり好きではない」場所であるとはいえ、
隅々まで「エンターテインメント」を徹底した作りの遊園地だな、
と感心する事ばかりだったのは事実です。
アトラクションがつまらんからと外を歩いてみると、
こうして「フォトジェニック」な被写体がゴロゴロしてるわけですから、
単に中に入って写真を撮って回るだけでも楽しめます。
(チケットが、アトラクション乗り放題込みなので、
入園だけの安いチケット、というのが存在しないのが残念ですが)

最近「卒業」してたつもりのジャンク品遊び、
堀切のカメラ修理屋「U-CS」でセールをやってるから、
という事で見に行ったら、シグマの大口径標準レンズ
「28-70mm F2.8」のEOS(EF)マウントが何と100円。

モーター難ありで、近接→無限方向がえらく遅くて、
そのせいもあってAFがなかなか合わず。
ファインダーが「素通し」に近いEOS D60だと、
合ってない事が分からないのでピンぼけ写真を量産してしまいました。

TDLには、「EOS1000のストロボ無し」版であるEOS REBELを持参。
EOS630などと同じファインダーなので、ピントがよく見えます。
TDL内での撮影はほとんどMFにし、ちゃんと合ってる事を確認しながら撮影。

おかげで、F2.8開放の深度浅い写真も、ほとんどピント外す事なく、
思った通りに作画する事が出来ました。
初代大口径の割に写りもよく、むしろ、ピントのしっかりさと、
ボケのなだらかさの相乗効果による立体感に惹かれました。
いずれ、ニコンマウントも見つけて買いたい、と思いました。

久しぶりの「カラーネガ」からのデジタルデュープ。
最近、デュープ本務機をD7000からNEX-5に移行してましたが、
どうも、カラーのネガだとうまくいかず。
D7000に戻したら、何とか思い通りに読み込めました。
ホワイトバランスのせいか、ダイナミックレンジのせいか。
よく分かりませんが、カラーネガの取り込みはD7000でやっていこうと思います。

あまりこういう事をネタにする事は無いディズニーランド特集は、今回でおしまい。

|

« New Year's Eve in TDL, Vol.3 | トップページ | 元旦、芝・増上寺 »

写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« New Year's Eve in TDL, Vol.3 | トップページ | 元旦、芝・増上寺 »