« 徳島駅前散策~東新町 | トップページ | 「チン電」を撮る~阪堺電気軌道 »

2013年2月 6日 (水)

徳島駅前散策~大道

駅前から新町を歩いた時の寂れっぷりもさることながら、
大道に出てみると、馴染みだった場所が失われていて、
ますます淋しい気持ちになってしまいました。

130121_23

南東風様から「年明け、イセキが開いてないらしい」
というコメントを頂いて、慌てて確認に行ったわけですが
(そのために新町-大道方面まで来た、という理由もあります)、
実際、シャッターは閉じたままでひっそりとしていました。
シャッターには、特に張り紙は無かったですが…。
過去、何度も苦境を乗り越えてきた「カメラのイセキ」、
その後、果たしてどうなったのか、気になるところです。

130121_22_2

イセキの近くにあった歯科医院、
乳歯生え替わりや虫歯など、幼少期はいつもここで見てもらってましたが、
残念ながら空き家になっていました。

130121_27

我が家に病人出れば、全て診てくれた疋田先生は、
残念ながら昨年亡くなってしまった、との事。
こちらも、家主を失いひっそりとしていました。

130121_26

数年前、鳴門に移転した料亭「青柳」、
前回の帰省時はまだ建物がありましたが、
とうとう取り壊されて、駐車場になっておりました。
唯一、柳の木だけが、往時を偲んでいるように思われました。

「ふるさとは、遠きにありて思うもの」と言いますが、
10年経つと、いろんな事が変わってしまうものだな、と感じた1日でした。

※機材は全て、
Leica M2
COSINA Voigtlander Nokton 35mm F1.2 Aspherical VM II
1/500秒 F5.6
Rollei RPX400
2013年1月21日
※デュープ機材
SONY NEX-5
Canon New FD50mm F3.5 Macro

|

« 徳島駅前散策~東新町 | トップページ | 「チン電」を撮る~阪堺電気軌道 »

写真」カテゴリの記事

コメント

イセキは、何度も傾いては立ち直ってきたので、
今度もきっと、と願ってはおりますが、
あれだけ人通りのない市内に店を構えていては、
なかなか復調するのも難しいだろう、という気がします。
DPEは、年賀状だ記念写真だと、
デジタルでも売れる商品はあると思うんですが、
人口の限られている市内ではそれも厳しいかもしれません。

青柳は、虎ノ門が閉店して、basaraも三田だけになり、
東京は撤退目前と思われましたが、
東京ステーションホテルに寿司専門店、
麻布狸穴町にも青柳を再開するなど、
都内の出店をまた再開しているようです。

投稿: ごっさん | 2013年2月 8日 (金) 00時57分

廃墟かぁ、キライじゃないけど、
むしろ遺構の方が好きかな。
人知れず橋を支え続けるこのレンガは明治云年に、
みたいな方がロマンを感じるね。
どっちにしても、「造形を収める」以上の事は、
あまり考えないでシャッター切ってるけど。

投稿: ごっさん | 2013年2月 8日 (金) 00時53分

早々の報告記事ありがとうございます。
小生も徳島の御大、南二軒屋の副支部長から教えて貰ったんですが。
デジカメ普及で苦戦を強いられるDPE店、イセキ大道店は
借り店舗なんで家賃負担に耐えられないのか、との見解でした。
だとすると、他の写真の店のように後継テナントもいなくて
大家も共倒れ、なんてことになりそうで悪循環です。
全然人通りがない
キレイに整備された歩道の空しさをモノクロが引き立てますね・・・

青柳はそごうにも店があった時に一度だけ行ったことがあります。
全国的な有名店だと言うことはずっと後で知りました。

投稿: 南東風 | 2013年2月 7日 (木) 23時45分

前回の記事も含め
生ける廃墟とはこのことだな。

弟者は純然たる廃墟を撮っても、琴線に触れる絵を撮って来そうな気がする。

投稿: gochi-zoh | 2013年2月 7日 (木) 13時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 徳島駅前散策~東新町 | トップページ | 「チン電」を撮る~阪堺電気軌道 »