« 百均「Seria」のストラップが侮れない&Nikon F2 Aiファインダー | トップページ | コダックのフィルム、ひとまず安泰? »

2013年4月30日 (火)

琴電、345+230さよなら運転(その2)

1999年10月11日、琴電志度線で「さよなら345+230」が運転されました。
その日の写真を、「琴電、345+230さよなら運転」のエントリに1枚だけアップしてます。

そのページのアクセス数、および「345」の検索ワードが増えてきたので
「なんで?」と思って調べてみたら、どうやら、
先日発売された、トミーテック「鉄道コレクション」シリーズ第17弾の中に、
シークレットモデルとして345が含まれていた事が理由のようです。

モデライズの参考になるような写真は無かったですが、
同じネガの他の写真も、折角なので追加アップしたいと思います。

991011_25
EF100-300mm F4.5-5.6USM
高松琴平電気鉄道志度線 原-房前間

以前にアップした写真の次のコマは、
電車が、房前駅に滑り込もうとしているところです。
より車両の形が分かると思い、アップしてみました。

991011_10
EF35-70mm F3.5-4.5
高松琴平電気鉄道志度線 房前-塩屋間

撮った時は「ボツ写真」扱いしていたカットですが、
サイドビューが写ってたのはこのコマくらいだったので、アップしてみました。
引退の時点では、「屋島水族館」の広告が掲載されていたようです。

かなり「鉄」が集まってますね。上に昇っている人もいて、結構あぶない。
今だと、また撮り鉄が、と言われそうな状況です(汗)

ところで、その崖の上、現在は開発されて「道の駅」が出来てます。
今年1月、久しぶりにこの辺りに来た時、そこに昇ってみましたら、
345と同じ3000形である「335」が静態保存されてました。
こちらは、2006年まで現役だったようです。

Dsc5031
※この写真のみ、
SONY NEX-5
SIGMA 19mm F2.8 EX DN
1/640秒 F5.6 (ISO200)
道の駅 源平の里 むれ
2013年1月19日

この日、3000形の345と共に引退したのは、2000形の230でした。
どちらも、1926年(大正15年)の製造。
「大正コンビの引退」と惜しまれていたのを覚えています。

991011_22
SIGMA AF 28mm F1.8 Aspherical ZEN
高松琴平電気鉄道志度線 房前-塩屋間

かなり広角な事と、他の写真と色合いが違ったので、
あまり出番の無かったシグマの28mmだったんではないか、と推察。
35-70mmでは広角が足りないから、と購入した大口径28mm、
そもそも「35mmより広角」が苦手で、あまり使う事無く手放したレンズでした。

この近辺で志度線を撮るときは、望遠で漁船と絡めて撮るのが好きでした。
以下、車両が小さいですが、よく狙った構図の2枚。

991011_07_2
EF100-300mm F4.5-5.6USM
高松琴平電気鉄道志度線 原-房前間

991011_23
EF100-300mm F4.5-5.6USM
高松琴平電気鉄道志度線 原-房前間

最後のオマケは、当時名古屋市営地下鉄から転属してきた、
600形の「626」。元は、名古屋の「1800形」だったようです。

991011_13
EF100-300mm F4.5-5.6USM
高松琴平電気鉄道志度線 房前-塩屋間

この電車のために、旧車が引退になったわけで、
にくき敵?だったわけですが、近代化のおかげで、
志度線にも冷房車が入ったわけですから。
そして、今となっては、この「緑色」の塗色も懐かしいです。

久しぶりに「90年代末」の写真をお届けしました。

※特記以外すべて、
Canon EOS5
Konica JX400
1999年10月11日
※デュープ機材
Nikon D7000
Canon New FD50mm F3.5 Macro

|

« 百均「Seria」のストラップが侮れない&Nikon F2 Aiファインダー | トップページ | コダックのフィルム、ひとまず安泰? »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

おぉ、見覚えのある「335」が!
あの時は、時間が早かったため、中には入れなかったと思います。
古い琴電を身近に体感できるというのは、羨ましい限りです。

古い電車が新しくなる、と聞くと「なぜ!」「撮らないと!」
と感じるのが「鉄」の本性だと思うんですが、
身の回りの人と話しすると「やっと新車が!」という反応が返ってきます。
それが、本来の姿だ、とは理解してるんですが(汗)

投稿: ごっさん | 2013年5月 2日 (木) 21時57分

最近、その公園で娘たちと遊んできたとこです ^^

http://nikonf3.exblog.jp/20417367/

そして、コトデンはいまでも、古いのを 月1 くらいでは運転していますから

http://nikonf3.exblog.jp/20174626/

よかったらまた撮りにきてくださいね。

>この電車のために、旧車が引退になったわけで、
にくき敵?だったわけですが、近代化のおかげで、
志度線にも冷房車が入ったわけですから。
そして、今となっては、この「緑色」の塗色も懐かしいです。

新入社員時代、この「大正コンビ」が来たらゲンナリしたもんですよ。
通常2両が、朝夕4両 となる その増結車がこれであることが多く、

満員だがエアコンの効いた新型。

空いているが、扇風機の旧型。

の選択肢に迫られた時のことを思い出しました。

ちなみに、私は 「後者」 を選んでおりました(笑)

投稿: スピードマスター | 2013年5月 2日 (木) 13時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 百均「Seria」のストラップが侮れない&Nikon F2 Aiファインダー | トップページ | コダックのフィルム、ひとまず安泰? »