« 下北沢の変わりっぷり | トップページ | 中央林間、遠い旅路へ »

2014年10月12日 (日)

猫と都電とお祭りと

Dsc1451

Dsc1457

Dsc1459

大忙しだった8月が終わり、少し一息ついた9月始め。

NEX-6に、お気に入りの「シグマ19mm F2.8」だけをつけて都心へ。
さて、何をしようか、と考え、じゃあ久しぶりに、と行ってみたのは都電荒川線。

昭和後期の懐かしい塗装で走る「7022号車」。
早稲田行きは歩道橋から写真で、
復路の三ノ輪行きは、三脚を立てて動画で。
ちなみに、動画は他に、「7016号車」と、新鋭「8800形」も収録の3本立て。

「学習院下」付近で撮影後、池袋方面に歩いてみると、
何やら街が騒々しい。
どうやら丁度、地元の神社のお祭りにバッティングしてしまったようです。
子供神輿も出て、地元衆が総出で祭りを楽しんでいる様子でした。

Dsc1465

Dsc1469

Dsc1480

Dsc1506

「今日はニャンだか騒々しいにゃぁ」と言ってるのか言ってないのか、
ニャンコが道にたたずんでおりました。

Dsc1497

※写真はすべて、
SONY NEX-6
SIGMA 19mm F2.8 DN
都電荒川線 学習院下~東池袋四丁目付近
2014年9月7日

丁度この日の午前、中野に立ち寄り、フジヤカメラで「LUMIX DMC-G5」を購入。
手に紙袋を提げながらの撮影でした。
その後、G5で撮影した写真は、既にアップしている通り。

しばらくG5の画像ばかり見てたので、改めてNEX-6の画を見ると、
色味や解像感など、軒並み上回っている印象を改めて受けます。

でも、マイクロフォーサーズの機動性、動画の強さもあり、
結局、NEX-6は手放す事としました。
執筆時点では、ヤフオクに出品中。

昨年12月に購入し、まだ1年も経たずに手放すのは惜しいカメラでしたが、
G5(これは、ゆくゆくはGH2かGX7に買い換え予定)導入が正式決定したので、
そのまま留めておく事は出来ませんでした。

これで、NEXは全て淘汰され、ソニーのシステムともおさらば・・・、
というつもりでいたんですが、
いかんせん、NEXのマウントアダプターはいっぱい揃ってるし、
一方、まだMFTは「1つ」しか持っていない。
純正レンズも、オリのレンズキャップしか持っていない。
焦点距離が「換算2倍」なので、広角に弱い。
などなど、行き届かない事がたくさんで、
しばらくは不便するなぁ、と諦めていたんですが。

NEXの下位モデル(C3、F3、3Nなど)だと、
1万円するかしないかで買える事が分かりました。

もはや、NEX-6購入時に拘っていた「動画の強さ」や「EVF」、
「鉄道撮りに最低限必要なスペック」は不要になったので、
シグマ19mmとペアでフラッと街撮り、というコンセプトで、
C3あたりを買おうかな、と思っています。

しばらくは「MFTメイン」「NEXで補完」というシステムで望み、
徐々にMFT用のレンズやアダプタを揃えていこうと思います。

|

« 下北沢の変わりっぷり | トップページ | 中央林間、遠い旅路へ »

写真」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

鉄道(関東圏)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 下北沢の変わりっぷり | トップページ | 中央林間、遠い旅路へ »