« LUMIX DMC-G5、試運転中 | トップページ | 猫と都電とお祭りと »

2014年10月 4日 (土)

下北沢の変わりっぷり

1000260

小田急の下北沢駅が地下化されたのは、2013年3月の事ですので、
早い物で1年半の歳月が流れております。

その間、何度か地上に出る機会はありましたが、
ここ最近は、地下を電車で走るのみでした。
「その後、どうなってるのかな?」と思って、
久しぶりに地上に出てみました。

1000261

まだまだ、路盤の後は残り、鋭意工事中、という感じです。
地下線の工事が終わってるわけではないので、
地上が綺麗さっぱりになるのは、何年も先になるだろうな、と思います。

1000262

小田急地下化にあわせて、付近のボロい市場も再開発が進んでおります。
前に来たときは、丁度いくつかの店が閉店した頃だったように思います。
現在も、何軒かのお店は、更地の真ん中にバラックを構えて営業しておりました。

1000263

今回、一番ショック?だったのは、「ホームすぐ新宿寄り」にあった大踏切が、
すっかり撤去されていた事でした。
そりゃ、踏切は無くなって当然ですが、道も変わるとは思わず。

ちなみに、「在りし日の」踏切は、こんな感じでした。

090315_10
※この写真のみ、
Yashica Yashicaflex(C型)
Yashikor 80mm F3.5
Kodak PORTRA 400NC
2009年3月15日

踏切が開いている短い時間に、
ワラワラと人が通り過ぎていくのが、
下北沢の風物詩でありました。

1000269

京王井の頭線の路盤も、工事が進行中です。
わざわざ地上に降ろすわけはないと思いますが、
築堤を壊しているようなので、普通の高架橋にするんだろうと思います。

1000272

ホーム跡には、真新しいコンクリートの基盤が見えます。
空洞もあいているので、新しい地下コンコースの造成中でしょうか?
(現在のコンコースは、複々線工事で新しい路盤が出来る事になってますので)

1000274

巨大なクレーンが、下北の空を占拠する日は、
果たしていつまで続くんでしょうね。

ところで、G5の「暫定標準レンズ」として購入した、
オリンパスの「ボディキャップレンズ」、BCL-1580ですが、
空を思いっきり入れた構図で撮ると、
まるでオールドレンズで撮ったかのような、見事な「紫被り」が出ました。
まぁ、新品5千円以下の「なんちゃってレンズ」としては非常に優秀で気に入ってますが、
レンズの「無限」指標に合わせるとオーバーインフで撮れてしまう、
という精度の低さは、さすがに苦笑する他はありません。
(いや、気に入ってるんですよ。大事な事なので2回言いました。)

1000277

※撮影は全て、
Panasonic DMC-G5
Olympus BCL-1580 (15mm F8.0)
小田急 下北沢駅(地上)
2014年10月3日

|

« LUMIX DMC-G5、試運転中 | トップページ | 猫と都電とお祭りと »

写真」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

鉄道(小田急)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« LUMIX DMC-G5、試運転中 | トップページ | 猫と都電とお祭りと »