« フィットRSに乗って「払沢の滝」へ | トップページ | JVCのヘッドホン「HA-S500」を入手 »

2016年1月30日 (土)

辻堂駅で東海道貨物を撮る、が…

先日、買い物のため辻堂駅で降りて、
その帰り、なにげにホーム端(東京方)に行ってみると、
「あれ、ここ、望遠だと貨物線撮れるんじゃないかな」と直感
(夜だったので、架線柱がどこにあるか見えず、あまり自信はなかったものの)。

数日後、改めて降りたって、毎度のごとく、
カバンに偲ばせているLUMIX DMC-TZ60で試写。
望遠端(720mm相当)だとちょっと寄りすぎの感あり、
って事は、換算600mmくらいで丁度いい?APSなら400mmってとこかな、
と考えを巡らせ、そして今日、満を持して(午後半休の仕事帰りに)立ち寄ってみました。

換算で600mmくらいかな、とは思いつつ、
長すぎると困るからズームの方が良かろう、という判段で、
持ち出してきたのは「デカくて、長くて、重い」レンズ、
サン(ゴトーサン)の超望遠ズーム「Telephoto 180-410mm F5.6」。

Dsc_1124

つい先日まで、うちにある数多レンズの中で一番ヘビー級だった玉です。
(て事はつまり、もっとヘビーなのが最近転がり込んできたわけですが…)。
「いざ」って時のために超望遠ズームを欲しかったんですが、
シグマやタムロンのは高いし…、と思っていろいろヤフオク探してたら、
誰の注目も浴びずヒッソリ出品されていたものを落札したもの。
もう3年程前の話しですが、やっと「いざ」って時が来た次第。
(ちなみに、落札額は700円でした。笑)

辻堂駅に降り立ち、東京方面のホーム端に陣取り、
露出あわせたり構図を考えたりしているうちに、
早速、一本の貨物がやってきました。

Img0684_raw
PENTAX K-50
Sun Telephoto 180-410mm F5.6 (350mm、トリミングあり)
1/500秒 F5.6 (ISO800)
JR東海道本線 辻堂駅
2016年1月30日

最初は350mm(換算で約500mmくらい)で撮ってみると、
やはり少し望遠が足りない。(なので、ちょっとトリミングしました)
やっぱ400mmくらいで撮っていいんだな、と判段し、
次はテレ端の410mmで、と決めたのは、だいたい15時過ぎ。

そして、その「次の貨物」が来たのは、もう陽もだいぶ傾いた16時40分過ぎ(涙)

Img0698_raw
PENTAX K-50
Sun Telephoto 180-410mm F5.6 (410mm)
1/200秒 F5.6 (ISO1600)
JR東海道本線 辻堂駅
2016年1月30日

ただでさえ曇っていたので、もうすっかり暗くなってて、
感度上げたりシャッター速落とすのも、もう限界、という状態だったので、
結局、この「2本目」で撮影を切り上げて帰宅したのでした。

東海道の貨物って、四六時中走り回っているイメージしかなかったので、
ダイヤを確認もせずにフラッと行ってしまったんですが、
その後、ネットで東海道貨物のスジを見つけたので確認すると、
やはり、この時間帯は1時間半ほどの間隔があいてました。
それが分かっていたら、場所を変えるなり買い物に行くなり、
寒さに震えて待ちぼうけする事もなかったのに!

そして、やはり走行写真撮るのがますます苦手になってるなぁ、
と実感してガッカリした一日でもありました。
公開したのはマシなものだけで、
後のカットは、バランス悪かったり、パンタが切れてたりと散々。

ホント、鉄道写真業をたたむか、と凹んだ一日でした。

次こそは、単焦点の400mmレンズでリベンジを!と全く懲りていません(笑)


※追伸:貨物を待ってる時、上空を「ブーン」と低空で飛行機が飛ぶ音あり。
とっさにレンズを上に向けて一枚。
一目見れば、海自のC-130型輸送機(通称「ハーキュリーズ」)と分かりますね。
この辺りは、自衛隊や米軍の飛行機がよく飛び交っています。
方角的にも、あきらかに厚木飛行場方面に飛行している模様でした。

Img0679_raw

|

« フィットRSに乗って「払沢の滝」へ | トップページ | JVCのヘッドホン「HA-S500」を入手 »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道(関東圏)」カテゴリの記事

コメント

南東風様

返事遅くなりました。今年もよろしくお願いします。
湘南は仕事場があるので、毎日東京西部から通っています。
辻堂駅西の線路沿いは、柵は低いんですが、
障害物(架線)が多くて、ちょっと撮りづらいな、と感じています。
だいぶ茅ヶ崎の方に行って、少しカーブする辺り、
踏切から狙えそうなんですが、側面が北向きで光回らないので、
わざわざ撮る場所でもないなぁ、という印象。
どこでも撮れそうで、案外難しい場所だと感じます。

兄上、

だいたい、ホーム端では三脚禁止、
なんて妙なルールは昔は無かったから、
こういう場所で撮るのも何も苦労しなかったんだが。
都会だと安心して三脚立てられる沿線がないのはなかなかしんどい。

投稿: ごっさん | 2016年2月11日 (木) 01時12分

>>ブログ
いやいや、仕事はともかく私生活に張り合いがなかったもので爆裂してただけなのですw


>弟者
たたむこたねえだよー。ゆるーくやればいいのさー。
わちしだって三脚なけりゃなーんもでけん。(私の撮影スタイルはお察しじゃろうてw)
と言いながら年末はこっちが廃業の危機を迎えてたのも事実だが。

投稿: gochi-zoh | 2016年2月 9日 (火) 08時40分

今年初、本年もよろしくお願いします。
そう言えば湘南方面にお住まいでしたね。
湘南方面に行くと辻堂と茅ヶ崎は
ほぼ毎回寄っています。
小生は辻堂なら茅ヶ崎よりの海側です。
柵が低く良い直線ですが被り率高めが難点。
二本目の16:40頃の列車は
数少ない四国・新居浜行き71レですね。
この辺り、自転車の脇にサーフボードを載せる
枠を取り付けたのが時々通り湘南やなぁと感じます。

最近、兄者様のブログも活発化し楽しみです。

投稿: 南東風 | 2016年1月31日 (日) 22時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« フィットRSに乗って「払沢の滝」へ | トップページ | JVCのヘッドホン「HA-S500」を入手 »