« 旅行の合間の静鉄撮り | トップページ | 浅野川線の夕焼け »

2016年6月 5日 (日)

憧れのFinePix S3 Proを手に、井の頭線紫陽花撮り

よく行くハードオフで、フジの「FinePix S3 Pro」ジャンクを見かけたのは、
確かGW中の事。

以前は欲しくてたまらなかった「ハニカム素子」CCDの一眼レフ
(当時は、S3は高嶺の花だったので、欲しかったのはS2 Proでしたけど)。

FinePix S5 Pro生産中止、後継機は… (2010/2/11)

でも、D7000を手放してからニコンシステムは既に全廃。
今更「F」のシステムを復活させるわけには、という事でなくなく見送り。

しかし、翌週別件で再訪したら、まだ売れずに残っている。

えい、買ってしまえ!

電池室液漏れ、動作未チェック5,400円のS3 Proをお迎えいたしました。

Img0821

ちなみに、電極に腐食はありましたが、電池入れたら動きました。
一応、折れ取れた電極の代わりにアルミホイルを挟んでみましたけど、
それで充分動作は安定。修理とも言えぬ修理。

とはいえ、一眼レフはペンタとソニーで充分事足りているので、
S3 Proの存在価値は何だろう、と思案。
思い返せば、FinePixの「50i」「4800z」といったカメラで、
ハニカムCCDの魅力に目覚めた理由は、
どこか「フィルムらしい」描写に近い印象を持ったからだったからでした。

FinePix50iを購入 (2009/1/14)
FinePix 4800Zで上長瀞を撮る (2008/2/28)

フィルムらしいと感じる写りを生かすならどんな被写体だろう、
と考えると、例えば花をマクロで撮るなど、
被写体に寄って大きくクローズアップする撮り方になるかな、と思いました。

なので、いつもなら「とりあえず手堅い標準ズームを一本」という定石をスキップして、
「中望遠クラスで、綺麗なボケで撮れる、マクロも得意なレンズ」
でいろいろ探すことにしました。

シグマの28-70mm F2.8や70-210mm F2.8も良かったですが、
丁度、新宿で「90mm F2.8 Macro」のニコンAF用を安く見つけたので購入。

EFマウント用では既に持ってたレンズでしたが、
初期型モデルでデジタル不可だったので、
いつかは違うマウントで買い直したいと思っていたレンズでした。
タムロンにも決して負けない中望遠マクロ、
S3 Proとの組み合わせなら勝ったも同然です。(誰に??)

というわけで、梅雨入り直前の東京、
紫陽花を撮るには少し早いかな?、と思いましたが、
井の頭線の沿線に行ってみると、もう充分に咲いてましたので、
何カットか撮ってみました。

Dsf0273

Dsf0283

久しく、被写界深度を駆使した写真なんて撮ってなかったので、
気持ち良い反面、使ってない頭を使って構図をあれこれ考える作業が、
なんとも楽しい撮影でした。

Dsf0269

Dsf0276

Dsf0277

※以上すべて、
Fujifilm FinePix S3 Pro
SIGMA AF 90mm F2.8 Macro
(おおむね)1/750秒 F2.8 (ISO100)
井の頭線 高井戸-浜田山間
2016年6月4日

色のりの良さ、ギスギスしない程度の解像感、
レンズのシャープさと、充分な解像感と共存する柔らかさ。
このボディとレンズの組み合わせなら、
今まであまり撮った事のなかった写真を撮れるのでは、と期待してしまいます。

これから一番仕事が忙しい季節になるので、
存分に持ち出せなさそうなのが淋しいところですが…(汗)

しばらく、機材を整理するばかりで「実用性」ばかり追い求めていたので、
久しぶりの「右脳刺激型」カメラとレンズのコンビ、楽しんで撮りたいと思います。

Img0814

|

« 旅行の合間の静鉄撮り | トップページ | 浅野川線の夕焼け »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道(関東圏)」カテゴリの記事

コメント

「今時の」カメラを使い慣れた身には、
10数年前のカメラだけに「扱いづらい」という印象を拭えないが
(なので、一撃必中の鉄道撮りに使う勇気は、正直ない)、
じっくり構えて撮れば、ハッとするカットを撮れるような、
そんなカメラな気がする。
徳島に帰って自然の中で撮るには良さそうやけど。

投稿: ごっさん | 2016年6月21日 (火) 21時21分

>(誰に??)

一方そのころ我が家には再び「反則技」SAL70200G(Ⅰ)が導入されSLT-A77V改に搭載され←
http://p.twpl.jp/show/orig/l7awb
(画素数で勝負するわけではないが、この先の供給可能な規格を思うとなぁ…)


>S3pro
これもついにとうとう手にすることもなく、世代の波に呑まれて記憶から消えていった名機やな。
こんな写り方をするものだったのか、知らんかった。

投稿: gochi-zoh | 2016年6月 7日 (火) 01時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 旅行の合間の静鉄撮り | トップページ | 浅野川線の夕焼け »