« Fujifilm X-T10の初陣を、二子新地で | トップページ | 奈良線で、205系と221系も »

2019年12月 5日 (木)

奈良線で、おそらく最後の103系撮り

「関東最後の103系」を追って常磐線に通い詰めたのは、
遡る事14年前、2005年の事でした。
当初はニコンのコンデジ「Coolpix880」で撮ってましたが、
同年2月に初めてのデジイチとしてペンタックスの*ist Dsを購入し、
足繁く沿線に出かけたのも懐かしい思い出です。

※最後に常磐線103系を撮影した日のワンカット。

Imgp0575
PENTAX *ist Ds
Super-Multi-Coated Takumar 300mm F4.0
1/800秒 F4.0 (ISO400)
JR常磐線 北松戸-馬橋間
2005年6月18日

関東では早々に姿を消した103系、
関西では延命工事の上で引き続き活躍中、とは聞いてましたが、
それも少しずつ数を減らし、そろそろ終焉の時が近づいてきたようです。

先日、仕事で浜松→福井と出張に行く機会があり、
この機を逃すまい、と京都に立ち寄り、奈良線に足を伸ばしました。
久しぶりの、そして「本当に最後の」103系撮影になるだろう、という想いを胸に。

事前にどこで撮影するか、とリサーチをしましたが、
あまりリスクの高い場所に行くよりは鉄板なところが良かろう、
という事で宇治川の鉄橋に。

ところが、奈良線は複線化工事の真っ最中で、
鉄橋付近も大型重機が運び込まれておりました。
のどかな単線のガーター橋を走る姿を自在なアングルで撮れる、
と思ってましたが、むしろ、いかに工事しているところをクリアするか、
工夫を求められる撮影となりました。

まずは、東側の堤防上(京阪宇治駅の目の前)から撮影。
この日は曇り&雨だったので、午後ですが逆光に悩まずに済んだのが不幸中の幸い。

Dsf2124
FUJIFILM X-T10
SIGMA ZOOM 28-105mm F2.8-4.0 (50mm)
1/320秒 F5.6 (ISO1600)
JR奈良線 宇治-黄檗間
2019年12月2日
(フィルムシミュレーション「Velvia」)

「ぎやぁ~~~」というMT55の音(正確には主抵抗器の冷却ファンですけど)
と共に、本当に103系が走って来ました。
毎日ヤカン電車(笑)に乗ってる東京人には、
この光景を見るだけでも感涙物です。

Dsf2138
FUJIFILM X-T10
SIGMA ZOOM 28-105mm F2.8-4.0 (50mm)
1/250秒 F5.6 (ISO1600)
JR奈良線 宇治-黄檗間
2019年12月2日
(フィルムシミュレーション「Provia」)

ほぼ同じ構図で、城陽駅を折り返したところを改めて。
先ほどは曇りでしたが、強めの雨となり、
傘を差しながらの撮影となりました。
それもまた、しっとりしてよい雰囲気。
実は、ちょっとレリーズのタイミングが早くて、
トリミングしないといけなかったのは情けない話し。

「ポートレート」は押さえたので、
今度は対岸(西側)の河川敷に降り立ちました。
こちらからだと重機が大きく写ってしまいますが、
やはり、広角で宇治川の水面をしっかり写したいところ。

Dsf2222
FUJIFILM X-T10
SIGMA ZOOM 28-105mm F2.8-4.0 (28mm)
1/320秒 F4.0 (ISO1600)
JR奈良線 宇治-黄檗間
2019年12月2日
(フィルムシミュレーション「Provia」)

京都駅を折り返して戻って来たのは既に16時過ぎ、
陽も傾き始め、だいぶ暗くなってきております。

琵琶湖から流れ下る宇治川の流れは意外と速く、
とても水鏡を楽しめるような場所ではありませんが、
単線のガーター橋を渡る4両編成の103系、
それだけで充分画になります。

後30分もすれば、再び城陽駅を引き返して戻ってくるところを撮影できます。
これがラストショットになるかな、と身構えていると、
西の空の雲が途切れて西日が差し始めました。
しめた!夕陽を浴びる103系を奇跡的に捉えられるか…、
と思ったらそうは問屋が卸さず(苦笑)、
でも、夕方の寂しい光を背に受けた103系を撮る事ができました。

Dsf2261
FUJIFILM X-T10
RMC Tokina 17mm F3.5 (SL17)
1/320秒 F5.6 (ISO3200)
JR奈良線 宇治-黄檗間
2019年12月2日
(フィルムシミュレーション「Provia」)

撮影を終了し、京都駅方面に戻りましたが、
せっかくならホームで駅撮りも、と思って東福寺駅で途中下車。
ホーム端からの近影にて撮り収め。

Dsf2272
FUJIFILM X-T10
RMC Tokina 17mm F3.5 (SL17)
1/26秒 F5.6 (ISO3200)
JR奈良線 東福寺駅
2019年12月2日
(フィルムシミュレーション「PRO Neg.Hi」)

限られた時間の中ではありましたが、
思い残すこと無く(多分)最後の103系撮りを終えました。

|

« Fujifilm X-T10の初陣を、二子新地で | トップページ | 奈良線で、205系と221系も »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

スピードマスター様

関東では完全に過去の車両になってた103系の、
生きて走ってるところを撮影できたのは幸運でした。
実は、本当は201系を撮ろうかな、と思ってましたが、まだ103系がいた、と知って驚き、
予定を変えて撮りに行った次第です。
常磐線は、まだブログを始めてない頃のものなので、
アップしてなかったものです。最長の15連は圧巻でした。

投稿: ごっさん | 2019年12月17日 (火) 14時03分

京都まで行かれましたか!

自分も103系、夏に行きました。実家が京都なんで。

https://nikonf3.exblog.jp/28519260/

国鉄の顔というか、いつもそこにいて、撮る価値する感じていなかった103系がいなくなるというのはさみしいものですね。

大阪環状線にいけば、いつでも。というのも終わりましたし。

常磐線の103系。この長大編成はすごいですね。驚きです。

年末の帰省で、もう一回103系行こうかなぁ。と思いつつ。

投稿: スピードマスター | 2019年12月10日 (火) 09時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Fujifilm X-T10の初陣を、二子新地で | トップページ | 奈良線で、205系と221系も »