« しな鉄とトキ鉄撮り(6) ~二本木の俯瞰は大混雑 | トップページ | しな鉄とトキ鉄撮り(8) ~青海で日本海をバックに »

2022年5月29日 (日)

しな鉄とトキ鉄撮り(7) ~梶屋敷の俯瞰で455系/413系と日本海

妙高はねうまラインの二本木のお立ち台付近で455系/413系を撮った後は、
上信越道→北陸道をかっ飛ばして糸魚川方面に向かいました。
既に妙高山バックで見事な国鉄急行型を撮影した後ではありますが、
一応、今日の本命は日本海ひすいラインの急行運用です。

正確には糸魚川より少し東、梶屋敷駅の近く、
少し山というか丘を登った所にあるちょっとした高台です。
この近辺の撮影ポイントを探してネットサーフィン(死語)をしている時、
日本海バックの俯瞰が目に付きました。
お立ち台というほど知られた場所でもなさそうだった事
(じゃないと混むだろうからなるべく人知れぬ場所にしたかった)、
車を停めて差し障りのない場所にしたかった事、
そして、せっかくひすいラインで撮るならやはり日本海バックで撮りたい、
と思った事もあって、まずここに来てみた次第。

Dsf2786

遠く広がる日本海、手前には北陸新幹線の高架が伸びています。
写っている車は、今回借りた2日間の愛車、トヨタのヴィッツです。
(ヤリスの方が良かったなぁ~笑)

はねうまでは4~6両の電車(ET127系)が走っていましたが、
同じトキ鉄でもひすいラインの方は単コロのキハがこじんまりと。
かつての北陸本線、もっと電車や貨物列車を多く撮れるのかな、
という思い込みは的外れだった事がよく分かりました。

そして、お目当ての455系/413系が走ってきました。

Dsf2795
Fujifilm X-S10
New FD28-85mm F4 (85mm) ※大きくトリミング
1/1000秒 F5.6 (ISO200)
えちごトキめき鉄道日本海ひすいライン 梶屋敷-えちご押上ひすい海岸駅間
2022年5月4日
(フィルムシミュレーション「PROVIA」/グレインエフェクト「弱・荒」)

Dsf2804
Fujifilm X-S10
New FD28-85mm F4 (70mm) ※トリミング
1/800秒 F5.6 (ISO200)
えちごトキめき鉄道日本海ひすいライン 梶屋敷-えちご押上ひすい海岸駅間
2022年5月4日
(フィルムシミュレーション「PROVIA」/グレインエフェクト「弱・荒」)

X-S10を導入して高画素化したおかげで、
構図に迷ったら少し引き気味に撮っておき、
後から躊躇無くトリミングする事が出来るようになり、
精神的安心感を得られるようになりました。

有人にこの時に撮った写真を送ったら
「日本海がこんなに穏やかなんて珍しい!」
と驚かれたんですが、そうなんでしょうか?
でも、風はビュービュー吹きまくって飛ばされそうになりながら撮影してました。

西へ向かった455系/413系を、
今度は糸魚川より西の方で撮るべく、
更に車を西へ進めます。

|

« しな鉄とトキ鉄撮り(6) ~二本木の俯瞰は大混雑 | トップページ | しな鉄とトキ鉄撮り(8) ~青海で日本海をバックに »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« しな鉄とトキ鉄撮り(6) ~二本木の俯瞰は大混雑 | トップページ | しな鉄とトキ鉄撮り(8) ~青海で日本海をバックに »